« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月

南東北の名城を押さえる!

さて、先週の日曜。
喜多方を出て、会津若松・鶴ヶ城に向かう。

一般には会津若松城というが、
この地に転封となった蒲生氏郷が、
この地を若松、城の名を
黒川城から鶴ヶ城、と改めているので、
むしろ正しい名称は、「鶴ヶ城」といえよう。

tsurugajo

tsurugajo2

比較的、古写真に近い気もするけど、
中に入ったら、天守台となる石垣のちょっと上に
天守閣が再建されていた。

そう、石垣の上に天守閣が載っていなくて、
石垣内部の柱によって、支えられている。

それは、にせもんやろー。
いくら築城ブーム期の頃だといっても…
石垣に負担をかけないように
するためらしいけど。

tsurugajo3

そのくせ、瓦は傷みっぱなしだしね…
もうちょっと大事に扱おうよ。

また、鶴ヶ城といえば、白虎隊。
あまり幕末史は詳しくないので、
なんとも…だけれども、
白虎隊(17.8歳の部隊)の写真があったけど、
なんか今の若者よりも、大人びているというか、
老けているというか。

いや、今の人間が幼すぎなんだな。顔つきが。

結局、鶴ヶ城はさらーっと観るに留まり、
一路西へ向かい、新潟県に入る。

上越の名城が春日山城、高田城であれば、
下越の名城は、新発田(しばた)城。
これを見に行こうと新発田へ。

ちょっと歩いて市街地からちょっと中へ入ると、
出ました出ました。櫓です!

sibatajo_teppouyagura

もともと二の丸にあった隅櫓を移築。
二の丸付近は、自衛隊が鎮座。

さらに奥へ進むと、辰巳櫓と大手門。
辰巳櫓は2004年に再建したばかり。ぴっかぴか。
逆に大手門は、当時のものがそのまま残る。対照的。

辰巳櫓。

shibatajo_tasumiyagura

大手門。

sibata_ootemon

辰巳櫓の内部はこんなにキレイ。
高田城掛川城のときもそうだったけど、
新築のおうちにお呼ばれしてるみたい。

tatsumi_naibu

でも、当時の雰囲気を出すためか、
階段はとても急だった。
まー、史実性を高める上なら仕方ないか。

tasumi_kaidan

当時の櫓そのままの隅櫓の内部は、
こんな感じ。昔の雰囲気がそのまま。

teppounaibu

で、肝心の天守閣はというと、
「天守閣」という名前ではないが、
代用されてきた三階櫓があって、
こちらが辰巳櫓と同様、2004年に復元されている。

こちらもできたて、ぴっかぴか。

shibatajo

特徴的なのは、鯱が3匹いることで、
これは多分、ここだけにしかないのでは。

shibatajo2

こう、いろんな城を観てくると、
ただでかいだけの城よりも、
こじんまりとしてても、味がある城、
ってあるもんだよなぁ、と思えてくる。

この城も気に入っちゃって(壁が黒なら言うことないけど)
しばらく見入っていたのだが、
ここでも天気が急に崩れ、雨が降ってきたので、
さっさと新発田駅まで退散。

帰りは、ムーンライトえちごと決めているので、
夕方から夜中までの空き時間は、
こちらの健康ランドで。。。

ていうか、行動パターンおんなじやね、あんた。

ムーンライトえちごで東京に帰ってきて、
そのまま、会社へ直行。
うーん、無駄に体力使ってるナ。

moonlight

| | コメント (4) | トラックバック (0)

忘れないうちに。裏磐梯五色沼。

なんか今日、眠れない。
もう一本、書いちゃお。

また、お出かけの話なんですけどね。
何でそんなに出かけてるかというと。

やっぱり、仕事になれないせいかな。
いや、慣れたかもしれないけど、
納得いかない、みたいな。

次から次へと溢れてくるストレスを
やり過ごすには、何かをしまくらないと…
という感じです。

意識して気分転換しないと、
なんかおかしくなっちゃいそう。

というわけで、先週の土曜日。
8/20ですな。

今、JRのキャンペーンで、
どこもかしこも「会津、会津」って、
ポスター貼りまくってるでしょ。

あれだけ、会津って言われたら、
気になるよねぇ。

特に、北海道のオンネトーの青さに
見せられてから、湖沼の青さが気になって、
どうやら裏磐梯にも、そのような沼があるらしい、
ということで、会津の鶴ヶ城とセットで
行こうということに。

もちろん、18きっぷで移動するので、
できるだけ東北本線の起点・上野に
近い場所にいたい、ということで、
金曜の夜に出発し、始発列車まで、
後楽園のラクーアで温泉&仮眠。

なんだかんだと温泉に浸かっているので、
無意味に肌がキレイだったりする。

ちょっとラクーアは深夜料金が高いかな。
お湯は東京の温泉によくある黒湯。
かなり塩気が強い、塩化物強塩温泉。

火山性じゃなくて、化石海水だとか。
湯上り直後はあまりサッパリとはせず、
むしろベタッとする感じ。

しっかり休憩しておかないと、
暑さでベトベトしそう。

とはいえ金曜の夜なので、仮眠スペースも一杯。
しかたなく、椅子に座って眠る。
ま、よくやることですから。

で、翌朝、早速出陣。

水道橋→上野→宇都宮→黒磯→郡山、
と東北本線を乗り継いだ後、
郡山で磐梯西線で、猪苗代へ。

猪苗代は、野口英世の故郷だそうで、
新千円札の発行を地元が祝う。

noguti

バックには、磐梯山がきれいに見える。
この景色も見事。

bandai

五色沼までは、バスで30分くらいだったか。
入り口近辺はけっこう、観光地化されてて、
秘境といった感じは薄い。

とはいえ、眼前に広がる毘沙門沼。
見た瞬間にあーっ。

オンネトーと同じ青さだー。
美しい見事な色だ。

bishamon1

bishamon2

写真に何とか撮ろうとはしたけど、
そして、それなりの写真は撮れたけど
この感動は、やっぱり現地に行かないと。

ここも天候や季節、時間などによって、
見える色が異なるときがあると言う。

ここから柳沼まで、約3kmほど。
ちょっと足場の悪いところもあるので、
片道1時間暗いだろうか。

特に興味を引かれるのが、
深泥沼(みどろぬま)と弁天沼。

midoro

深泥沼は、何色もひとつの沼で
色が変わるというらしいが、
このときは緑。そのほか、
赤とか青になったりも。

もうひとつは、弁天沼。
この美しさもまた格別。

毘沙門沼は木々をいろいろ映して、
複雑に湖面を描くのに対し、
弁天沼は何もない、
エメラルドグリーン一色。

benten1

benten2

しばし見とれて、ぼーっと
たたずんじゃいましたよ。

柳沼まで行って、また引き返してこよう
と思ったのだが、急に雲行きが怪しくなり、
見る見るうちに雨に。
山の天気は変わりやすい。

ということで、復路は諦めて、
素直に猪苗代駅まで戻り、
一旦、会津若松を通り過ぎ、
ラーメンの町、喜多方へ。

ここで、喜多方ラーメン発祥の店、源来軒へ。

なんか普通のラーメンだけど、
懐かしい味。普通においしい醤油ラーメン。
最近はラーメンブームで変わったラーメンとか、
脂っこいのが主流みたいに、
勝手に思ってたけど、こういうシンプルなのがいいな。

次の日は、会津若松・鶴ヶ城、そして。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甲府へ墓参り。

で、日曜。
甲府へ墓参りに行きました。

え?甲府に親戚いるの?
…いません。

じゃぁ、誰の?
ってな話になると思いますが、

「墓参り」というのは、
ちょっと客引き用のタイトルでして(やーねぇ)、
武田信玄の史跡を回ってきたのです。

日本の歴史上で、とても親近感が沸くというか
こういう上司の下で働きたいなぁ、
と思うのが武田信玄。

甲斐の人々に気を配る民政家として、
常勝騎馬軍団を率いる武田軍総帥として、
それだけではなく、部下との厚い信頼関係で
結ばれた強固な組織力を構成できた、
人間的な魅力。そこが、武田信玄のよさ。

そうは言っても、戦国の人間。
現代的感覚で言えば、残忍に思えることも
あるわけだけど、そこは時代背景が違うから、
割り引いて考えなくちゃいけないけど。

人は城、人は石垣、人は濠、
なんていう言葉があるが、
これは、チーム信玄の人間の結束力が
いかに強いか、ということだ。

しかし、天下を取った信長・秀吉と同じく
彼もまた、後継者を育成できず、
人間関係の強固さで支えていた、
武田軍団があっという間に瓦解したのは、
皮肉なことで。

ということで、2年ほど前を最後に、
最近行ってなかったので、
改めて、甲府に行ってみました。

史跡を回ると、信玄墓所が2箇所あるので、
墓参りには違いないんだけど。

●甲府市・武田神社

信玄の本拠地、躑躅が崎(つつじがさき)館跡に
大正時代に創建された神社。

takedajinja

これは、当時の石垣なんだろうか??

takedajinja_warinisi

奥に進むと、灯篭も武田マーク。

takeda_choudu

お手水場も武田マーク。さすが。

お参りしたあとは、水琴窟と宝物殿。

・水琴窟

江戸の文化文政期にできたという水琴窟。
現代も癒しのひとつとして、知られている。

・宝物殿(撮禁)

なにやら、以前とは展示物が変わってました。
国宝楯無鎧(たてなしのよろい)や、
諏訪法性の兜のレプリカがあったり。

諏訪法性の兜は有名ですな。
普通武田信玄、といってイメージする、
白い毛が付いてアタマの上に
鬼瓦みたいなのがいる兜です。

あと、風林火山旗。教科書で見るものとは
ちょっと字体が違って、草書風。

●甲府市・信玄墓所(岩窪町)

iwakubo

ここは、信玄が荼毘に付された場所。
家臣の土屋昌次の館があったところだという。

戦国武将らしく墓所は質素。

ま、派手な墓所を建てているのは、
東照宮の徳川家康とあとは、伊達政宗くらいか。

観光地ではないので、来る人もなく
ひっそりとたたずんでいる。

●甲府市・武田通り

甲府駅北口から武田神社までの
まっすぐ伸びる道を武田通り、という。

takedadoori1

takedadoori2

takedadoori3

道のあちらこちらには、
ひし形の武田マークが目に付くし、
お店にも~武田店というのがある。

それは、地名としても「武田」があるからで、
武田1丁目とか2丁目という地名がある。

takedadoori_chimei

何から何まで武田、だ。

●甲府駅前・おまけ

甲州名物といえば、桔梗信玄餅もあるけど、
昼飯に…ということになれば、
出てくるのは「ほうとう」。

甲州版きしめんみたいなものだ。
だけど、かぼちゃなど野菜を入れ、
ぐつぐつと煮物的な仕上げ。

ただ、夏にそれはちょっと…
という人のために「おざら」という
ざるうどん版もあって、それを食す。
うまいけど、やっぱり寒いときに
かぼちゃの入った本家ほうとうがいいかな。

で、食べて駅前に戻ってみると、
信玄像の前になにやら人だかり。

どうやら、森前総理の演説が始まるらしい。
演説の様子。

enzetsu

森前総理の演説を、信玄が神妙な顔で
聞いてるっぽく見えるのが、可笑しい。

わかりにくいけど、右手の選挙カーの上で
手を上げてるのが、森前総理。
左側の銅像が、武田信玄。

shingenzou

ちょっと、信玄さんご機嫌ナナメっぽいですが。
気のせい?森さんの演説はお気に召さなかったのか。。。

●塩山市・菅田天神社

場所を移して、山梨県塩山市。
合併が決まっているらしく、
塩山市・勝沼町・大和村が合併し、
甲州市となるそうだ。

甲府市に甲州市。
ややこしい。

yoroinokura

国宝楯無鎧があると聞き、
来たのだけれど、蔵に入って見れなかった。

ちなみに、楯無鎧とは、
楯がいらないほど、
強力な鎧ということらしい。

日本最古の日の丸(日章旗)とともに、
珍重された武田家の家宝であり、
戦に臨むときは、

「御旗楯無も御照覧あれ」

と掛け声をかけ、出陣したそうだ。

●塩山市・恵林寺

erinji_sannmon

さて、最後は恵林寺。
信玄墓所のもうひとつの場所。

山門にその言葉が書かれている

 心頭滅却すれば、火もまた涼し。

ということば。

shintou_mekkyaku

今じゃ、暑いと思うから暑いんで、
涼しいと思えば涼しいんだ、
という妙なたしなめに使われたりするが、
本当は、織田軍に恵林寺が焼き討ちされたときに
快川国師が言った言葉。

そう、火事の中でのことばなんだ。
今じゃ、信じられないね。

恵林寺内を拝観し、お参り。
拝観受付の前に、こんな遺訓が。

shingenn_imasime

戦いというものは、五分の勝利が一番よく、
七分の勝利は中、十分の勝利が下という考え方。

五分の勝ちなら今後のための研鑽を生むが、
七分なら怠りの気持ち、十分なら驕りの気持ちを
生んでしまい、次の敗戦につながる、
ということ。

口で言うのは簡単なんだけど、
なかなか意識できないんだよねぇ、こういうこと。

大成功をしたときこそ、
冷静になって勝因を分析する。
そういや、阪神の監督をしていたころの
星野さんもそんなことを言ってたっけ。

takeda_kawara

あともうひとつ、武田花菱のかわら。

歴史にifは禁物だけど、
もし天下を統べる地位に、信玄が上ったなら、
こんな紋の瓦の城郭建築をもっと
見ることができた…のかな。なーんて。

etinji_shingen

で、墓所がこちら。

恵林寺からは、徒歩で塩山駅まで。
日ごろの運動不足を解消。

とまぁ、こんな日曜で。

あーっと、先週の土日のネタ書いてない。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

GDP2005、行ってきましたよ。

もうちょっと、家でゆっくりしたほうが
イイのかもしれないけど、
最近のストレス解消が出かけること、
になってしまっているので、
家でまったり、なんてちょっとすぐには無理そう。

というわけで、土曜日(8/27)は、
東京ビックサイトへ
グッドデザイン・プレゼンテーション2005
(GDP2005)に行ってきた。

gdp2005

とりあえず、言った感想を一言で言うと、
GDPって、あんなに広かったっけ、である。

昨年は都合があって行けず、
数年ぶりだったわけだけど、
ずいぶんと規模が大きくなっている気がした。

そんなわけで主要なところは
全部見て回ってけど、
ひょっとしたら、まだ面白いものがあったのでは。。。
と疑心暗鬼になってみたり。

もう、欲張りなんだから。

というわけで、気になったモノを紹介していこう。

(1)monacca

monacca

木でできた机やいす。
これだけじゃ、驚かないのだが、
こちらの座椅子や机は、ホントに全体が木。
だから、硬いんだよな。

でも、一回これで座ってみたい。
おしり痛くなるかなぁ。

(2)Newケータイ

new_keitai_1

三洋電機が出していた次世代ケータイモックアップ。

GDPよりもむしろ、WPCとかCEATECとかで
出てきそうなものだけど。

画面部の左右が折りたたみになっていて、
左右にボタンがある。

new_keitai_2

new_keitai_3

場面に応じてテンキーになったり、
ゲームのときはゲームボーイみたいに、
コントローラみたいになったり。

あとは、ワイヤレスLAN搭載とか。

見てる人は多かったけど、
そんなにあーっとは思わなかったな。

(3)TENORI-ON

tenori-on

写真だけ見ると、なんだかわかんないけど、
画面に見える16ドット×16ドットの点を
押すと、音が鳴る。

で、場所によって鳴る音階が違っていて、
また押したあと、押した時間の長さによって、
隣のボタンへ音が同心円状に波及していく。

感覚的に音楽をつくれる、というコンセプト。

買うかどうかは別にして、
一度やってみると面白いよ。
っていうか、売ってるものじゃないか。

(4)WOODPECKER

buran

椅子の下部が弓なりになっていて、
ぶらーん、ぶらーんとできる椅子。

よく学校の椅子でぶらーん、ぶらーんと
やって、ツルッと滑ってずっこけてるヤツ、
いませんでした?

buran2

でも、弓なりになっていても、
こんなのが付いてるから
ツルッとなることはない。

学校の椅子もこれなら、
ぶらーんとできるのにね。

(5)カラーバリエーション

shinsei

loft

新生銀行のカードとロフトの紙袋の
カラーバリエーション。

ロフトの紙袋は、どこか(メモ忘れた)の
開店時のものらしい。

ロフト=黄色と思ってるから、
こんな紙袋持ってると、人目を引くかも。

(6)ローソン

lawson

ローソンの新しい店舗イメージ。
画一的なイメージのあるコンビニで、
ちょっとでも違うイメージを、
ということなのか。

でも、実際に商品がディスプレイされた状態だと、
やっぱりゴチャッとした感じになるかも。

このようなお店になったら、
商品のディスプレイも
考えてほしいねぇ。

(7)バーコード革命

barcode_revolution

みんな同じで役に立つだけ、のバーコード。
それをちょっと面白くしてみました、
というバーコードの革命。

おじさんのアタマだったり、
切ったピザから伸びてるチーズだったり。
しかも、実際に使えるから面白い。

実際に、燃焼系アミノ式で使われてる
ってところも、面白い。

もっと広がってほしいなー。

面白そうなので、すぐに本をAmazon.comで
注文しちゃいました。

バーコード革命を紹介しておられる
ブログを見つけたので、
トラックバック!

(8)ミネラルウォーターの進化

最近、サントリーのウーロン茶みたいに、
ペットボトルの形にも進化が見える。

で、ここで展示されてたのは、
2リットルの水のペットボトル。
知らない間にいろいろと進化してる。

motsutokoro

ペットボトルの腰の辺りが
持ちやすいように窪んでたり。

mizu

ペットボトルの上のほうに
「水」って書いてあったり。

tenji

ペットボトルの底に、
点字で水、と書かれてたり。

いろいろ進化してるんだなぁ。

(9)街の地図

街の名所を案内する地図。

よく旅をするせいか、街にある地図を
よく探すことがある。

そういうとき、初めて行くところだから、
土地勘がなくて、地図を見ても
ピンっと来ないわけで。

michisirube

そういうとき、ポイントとなるとことで、
実際の写真を交えて、ここで曲がって、
見たいなコトを書いてくれると、
ほんとにありがたい。

実際の街にも早く設置してほしい。

(10)消火器

shoukaki

デザインというか質感が変わるだけで
ずいぶんとイメージが変わる、という一例。

デザイナーズマンションとか、
デザインを求められるところとか、
こういうのがあったらいいんではないかな。

(11)タブレットPC

タブレットPC普及推進委員会があったら、
ぜひ委員になってみたい、と
常々考えているので(笑)、
こういうところでも、
タブレットPCチェックは欠かさない。

thinkpad_tablet

まずは、ThinkPad Tablet。
意外と軽いのが最初の印象。
データ上は、1.87kgもあるんだけど。

thinkpad_tablet2

その理由は、これ。
非常に持ちやすくつくられている。
デジタルモノなのに、
とてもアナログなところだけど、
大事なんだよなー、こういうの。

今は流行の指紋センサーなんかも付いてて。
なかなかよさげです。

次は、富士通のタブレットPC。
国内では、ピュアタブレットという、
キーボードがないタイプしか、発売してない。

だが海外では、キーボードが付いて、
画面が回転するタイプもある、
というのは、知っていたのだけど。

fujitsu_tablet

fujitsu_tablet2

おいてありましたよ。はじめて見た。

こちらもなかなかよい。
富士通の特徴であるドライブをはずせる、
という特徴を持っていて、
持ち運ぶときははずして軽くしておける。

ただ、実際動かせなかったのが残念。
というか、国内でもウレ。フジツウ。

(12)CUUB

ずいぶん前のインテリアスタイル展で見た、CUUB。

いいなーと思ってたんだけど、
発売されて、高いの何の。

cuub

でも、こんな専用ブースができるということは、
注目はされてんだろうな。

(13)node

allmighty_consent

これ見て、何だと思います?
わかんないでしょ。

コンセントなんですよっ。

そう、どこに差してもオッケー、
なんですよね。

でも…すぐに抜けそうな気も
するんだけどね。

(14)電子ろうそく

ワールドビジネスサテライトでもやってた、
電子ろうそく。

rousoku

息を吹きかけると消える。
マッチでこすると、また付く。

おもしろい!
吹きかけて消えるだけじゃなくて、
吹きかける息が弱いと、
ゆらゆらして、消えないんだよね。

ここのブースだけは、
すごい人だかりで、万博みたいだったよ。

14項目って…ちょっと書きすぎたかな。
でも、ちょっと絞ったんだけど。

relax room diaryのみやさんも
行ってられたようなので、
リンク張っておきましょ。

| | コメント (5) | トラックバック (2)

累計アクセス数80,000突破。

久しぶりに、ココログのアクセス解析で
(コメントでご指摘頂き、↑を書き直しました)
アクセスカウンターを見てみたら、
80,000Hitを超えていた。
ココログをはじめて、約1年半。
1日あたり平均、150Hitくらいかな。

むやみにアクセス数を稼ぐ
つもりはないんだけれど、
やはり伸びていれば、うれしいもの。

いつも見に来てくれている方々、
毎度ありがとうございます。

たまたま通りがかった方、
ご覧頂きありがとうございます。
これを機に、定期チェックいただくとうれしいです。
できれば、コメントなんかも。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

珍解答量産マシン登場。

もうすぐブログ本の発売が近い
眞鍋チェック

帯のコメントを古田選手が書いてたりして、
ブログでのつながり、がこんなところにも
でているんだなぁ、と。

さて、記事の中身は、アニメオンチな方の話題。
ていうか、アニメを知らないっちゅーよりも、
質問に対する返しがおもしろすぎ。

この人、仮にあのことを知っていたとしても、
別のことについて質問しても、
ミラクルな答えが返ってきそうで。。。

|オイラ「4文字なんだからもう出るじゃん!
|   できす…何とかだよ!」
|K「デキスケ」
|オイラ「誰だよ!! 答えはできすぎ君!」

までは、まぁ知らないとして、考えられるんだけど。

|K「えー?聞いてもわかんない!それってどんな形!?
(強調は、nikko81による)

どんなカタチって、おい!
着眼点がぶっ飛びすぎ(笑)

|次はテスト用紙にして、
|筆記で答えてもらおうと思っています。
|そのときは、答案を皆様に公開しますので
|どうぞお楽しみに。

ちょっと、楽しみ。
どんな答えが出てくるのかなっ。

こういうことって聞いたとき、
あははは~って笑って、
きれいさっぱり、と忘れてしまう
ことが多いんだよな。

ブログに買いとくと、あとで見返して
また笑えるから、イイかも。
爆笑したことだけを書いてくブログ、とか。
笑いたいときに見返したりして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神羅カンパニー社員の福利厚生?

神羅カンパニー、というのは、
ファイナルファンタジー7に登場する企業の名前。

いま、このファイナルファンタジー7の
続編があれこれ出るということで、
よくわからないけど、神羅カンパニー社員募集とか
やってたりしていたんだけど。
# 要は、会員制の公式ファンサイトね。

で、続編のひとつ、
「ファイナルファンタジー7アドベントチルドレン」の
特別上映会に参加できるみたい。

あいにく、期間中の土日は、都合が悪いので、
平日会社を速攻で終わらせて、
六本木ヒルズまで駆け込む予定。

そんなうまい具合に、仕事を終えられるのか。
ちょっと心配ではあるけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ある程度、予想はしていたが。。。

ユーリブログ -intermezzo-』の
ユーリさんのところから。

芸能人占いってコトで。
やってみましたが。
ユーリさんは、藤原紀香タイプなんだって。

nikko81さんは芸能人に例えると
えなりかずきタイプです。

あーあ、やっちゃったよ。
実年齢よりも相当、上で見られるところなんて、
そのままやんか。

概要はこんなとこ。
***************************************
nikko81さんの魅力を芸能人に例えると?

nikko81さんは芸能人に例えるとえなりかずきタイプです。
真面目で落ち着きがあり、周囲から信頼を得られるタイプです。
今どきのカッコよさはないけれど、
逆にそれが新鮮でもあり、あなたの持ち味になっていくでしょう。

(コメント)
だそうです。ま、カッコいいという世界の
住人じゃないことは、よくわかってますけどね。

nikko81さんの人気度は?

男性支持率65% 女性支持率50%

(コメント)
女性支持率、低っ。

nikko81さんを支持するのは年代を問わず個性派の人です。
あなたの独特な豊かな感性で、年代を問わず個性派の人達の人気を集めそうです。

(コメント)
永遠の少数派、ですから。
個性派同士、つるんじゃいましょ。

どんな芸能生活になる?

もしnikko81さんが芸能人になったら、
脇役の役者として成功しそうです。
主役として前面に出るよりも、
味のある脇役としてドラマを
盛り上げていくことが出来る存在になりそうです。

(コメント)
地味に存在感があったりとか。
実生活でも、そうだったり。

nikko81さんの芸能界適性度は60%です。

(コメント)
うーん、厳しい芸能界では、
ちょっとつらい数字かな。

***************************************
なーんか、喜んでいいのかどうなのか。
複雑なところでした。

| | コメント (7) | トラックバック (3)

nikko81's 調味バトン。

東京+SOHO+すたいる」のてぃーさんところで、
調味(間違ってた)バトンってのをやってられて、
おもしろそうなので、自分の調味料の
棚卸をやってみることに。

|ご出身が大阪なので、我が家ではみないような調味料が
|登場するのではないかと、期待しています。

おっと、軽くプレッシャー?(笑)

では、はじめますか。

Q1:次のメニューにどんな調味料をかけますか?
   薬味は含みません。

 ・目玉焼き:醤油。だし醤油ならなおよし。

 ・納豆  :二度と食べません(笑)

 ・冷奴  :醤油。

 ・餃子  :酢+ラー油+醤油。
        酢:ラー油:醤油=3:1:1くらいの割合。
        酢多め。

 ・カレーライス:カレーライスって何か
          かけるもんなんですか(汗)

 ・ナポリタン:粉チーズ。最近食べないなぁ。

 ・ピザ:たまにタバスコ。いつもじゃないです。

 ・生キャベツ:そのまま。

 ・トマト:そのまま。

 ・サラダ:そのまま。他に食べるものがあるはず
       なので、それといっしょに。

 ・カキフライ:マヨネーズ+醤油。体には
        よくないと思うんだけど。。。

 ・メンチカツ:中濃ソース。ときにマヨネーズ混合あり。

 ・コロッケ:そのまま。

 ・天ぷら:ポン酢。これは譲れない!
       でも、なかなか外では食べられない。
       マイタケてんぷら+ポン酢、ヤバイです。
       食卓のマイタケてんぷらが
       速攻なくなってしまいます(笑)

 ・とんかつ:レモンがけ or とんかつソース。

 ・ご飯(おかず無しの時):ご飯だけのシチュエーション
                 ってのが浮かばない。。。
                 生卵…とか?

Q2:周囲に意外だと驚かれる、好きな組み合わせはありますか?

A:酢多めのタレで食べる餃子。酢だけでもいいんだけども、
  醤油も好きだから、ちょっとかけてしまう。

Q3:それが一般的なのだとは知っているが、
   苦手な組み合わせはありますか?

A:たこ焼き+ソース。ウチの家では、たこ焼きをつくるときに、
  メリケン粉を溶く段階で織田氏…
  じゃなくて、お出汁を入れます。<信長入れてどうする(笑)

  なので、ソースをかけて食べると
  せっかくの出汁の風味がだめになってしまいます。
 
  外でたこ焼きを買っても、6個あったら、
  半分はソースかけるな、といいます。

Q4:バトンをまわしたい5名は誰ですか?

A:これを知らせてくれたてぃーさんに倣い、
  記事を見て書いてみよう、という方がいれば、
  ぜひお知らせください、ということにしましょう。

*******************************************

やってみたーい、という方は、
コメント欄までお願いしまーす。

※また1人、やってる人見つけたので、
 リンク張っとこー

●バトンを回すルール

次に調味バトンをやってみたいという人に
「追尾番号」をつけてまわします。
これをたどると、どういうルートで
回ってきたがわかるそうです。

わたしは、てぃーさんから

[DABACAAAEDCBDACBAA]

という追尾番号で廻していただいたので、
わたしは、お一人目の方から順に、
自分の追尾番号に、A、B、C…
とアルファベットをつけていきます。

あと、以下にやるときのテンプレートを。

-- テンプレ --

Q1:次のメニューにどんな調味料をかけますか?薬味は含みません。
 ・目玉焼き:
 ・納豆:
 ・冷奴:
 ・餃子:
 ・カレーライス:
 ・ナポリタン:
 ・ピザ:
 ・生キャベツ:
 ・トマト:
 ・サラダ:
 ・カキフライ:
 ・メンチカツ:
 ・コロッケ:
 ・天ぷら:
 ・とんかつ:
 ・ご飯(おかず無しの時):

Q2:周囲に意外だと驚かれる、好きな組み合わせはありますか?
A:

Q3:それが一般的なのだとは知っているが、苦手な組み合わせはありますか?
A:

Q4:バトンをまわしたい5名は誰ですか?
A:

| | コメント (5) | トラックバック (3)

メンチャーシュー。

とある中華料理屋での会話。


  店員「いらっしゃいませ、何になさいますか?」

  客「メンチャーシュー

  店員「…えーっと、チャーシューメンですね?」

  客「うん、メンチャーシュー

…隣で、こんな会話を聞いていたわけですが。

あるんですか、メンチャーシューってものが。
ラーメンには、どちらかというと疎いほうで。

どなたか、チャーシューメンとメンチャーシューの違い、
ご存知の方いませんか。。。

あのあと、出てきたチャーシューメンをみて、
あの客はなんていうんだろう??

俺の頼んだのは、チャーシューメンじゃねぇ!
とかいうのだろうか??

ていうか、久しぶりの更新なのに
なんてくだらないネタなんだ。。。(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう3ヶ月も前のことだけど。

ネット生活を愉しむきっかけになった
ひとがずいぶんと前から、
ネットに姿を現さなくなって。
すごく心配してたんですが。

どうやら、健在ではあるようだ、
ということが3ヶ月前の書き込みで
わかって、とりあえずほっとした。

当分の間、ネット活動は
休止なんだそうだ。

|いつか必ず,戻ってくるので。

ま、あせらずゆっくりしてください。
待ってますので。ねえさん。
3ヶ月前のWeb日記、勝手に引用して
ごめんなさい。

…にしても、マッカーサー元帥みたいだよ。
I shall return、みたいな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

日付が変わる前にひとこと。

今日は、敗戦の日。

特に今年は、60年という節目の年だ。
60年というと、この年に生まれた赤ん坊が
還暦を迎える、というそういう年月だ。
人の一生の、とても長い時間が流れているのだ。

その間、不戦を訴えてきたはずの
日本の声は、どこへやら。
世界各地では、戦争の火種が
消えたためしはない。

むしろ、憎悪が憎悪を呼び、
反戦や平和という声は、平和な国でこそ、
表立って出てくるけれど、
ほんとうに必要なところでは、
無残にもかき消されてしまう。

どうして、戦争の悲惨さが
わからないんだろう、そう思う前に。

ミームの考え方を思い出してはどうだろうか。

文化の広がりを遺伝子に喩える、
というユニークなミームの考え方によれば、
メッセージのなかに、正しいとか美しいとか、
人が普通考えるプラスの価値が
含まれているからといって、
それがメッセージが拡散し、
増幅することにはつながらない。

そのメッセージが人に受け入れられるかどうか、
その一点を以って、広がっていく。

残念ながら、テロを起こす人たちや
戦争が絶えない地域の人々の中では、
平和にしよう、戦争をやめよう
というメッセージが大きな力を
持ちえないのかもしれない。

今の現状が何より、そのことを
物語っている。念仏のように唱える平和。
無力。あまりにも無力。

どうしたら彼らに「不戦」を受け入れられる、
心の環境が整うのだろう。
何も考えてこなかったくせに、
そんな答えなんて、あるはずもなく。

そう考えると、非暴力・不服従の哲学を貫き、
インドを独立に導いた
マハトマ・ガンディーを思い出す。

暴力に依らず闘い、平和を勝ち取ること。
これを実践し、また人々の心に
非暴力の精神を広げることができた
ガンディーのすごさに、改めて感じ入る。

ミームの考え方を提唱した
リチャード・ドーキンス博士のことば。
ミームについてくわしい「ミーム学ブログ」から
転載してみます。

…盲信は一切を正当化できる。(中略)
ベイルートの路上で射殺する、
ベルファストの酒場に居るところを爆弾で吹きとばす。
何でもござれだ。愛国的、政治的盲信であろうが、
宗教的盲信であろうが上記の性質は
まったく同じである。

(R.Dawkins 「The Selfish Gene」より)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

余っても仕方ないから。

今月から来月にかけて、
外出ネタが目白押し。

9月の半ばくらいになったら、
ちょっと落ち着いて、
東京にいようと思いますが。

で。

青春18きっぷをこのところ
活用しているわけだが、
こいつってば、使えるのが
9/10までなんよ。

よくよくスケジュールを確認すると、
今持ってるチケットだと、
1回分あまりが出ちゃう計算。

うーん。格安がウリの18きっぷで
余らすなんてもったいない、
ということがあって、
今日、わざわざ小田原まで忘れ物を
とってきたわけだが。

今日の予定を何も入れてなかったので、
免許更新してから、何もすることがなくて。

どっか多いところ、さくっといけないかなー
と家帰って、地図
じーっと眺めてまして。

東→千葉方面。うーん。
いまいち行きたいところが
パッと思い浮かばない。

南西→熱海方面。
また小田原に戻る気ですか(笑)
ありえません。

西→甲府方面。
行きたいところはあるけど、
この時間からじゃねぇ。

というと、北しかないじゃないですか。
ということで、埼京線+宇都宮線で
宇都宮まで行って、餃子を食してきました。

わざわざ、餃子を食べに宇都宮へ…
なんて贅沢。でも、18きっぷ余ったら、
もったいないでしょ。

駅前の「宇都宮餃子館・中央店」。

ここでしか食べられないらしい「舞茸餃子」をはじめ、
スタミナがつきそうな「ニラ餃子」「ニンニク餃子」など
いろんな餃子が目白押し。

たっぷり食べてきました。

また食べ過ぎると、必要のない成長を
促進しちゃうんだけど…

その分は、出かけて歩きまくって
エネルギーを使います!

帰りがけ、宇都宮城址公園が
平成18年度中の整備を目指し、
工事中とのこと。

城郭好きとしては、こういうニュースは
楽しみですなー。
いろいろ議論はあるみたいだけれども。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

小田原→武蔵小金井。

さっき、なんで相模線なんぞに
乗ってかといいますとですね。

先週の静岡からの帰り、
小田原に寄って、まだ万葉の湯に
行ってたんですよね。

タブレットPCAIR-EDGE PROで、
リクライニングシートで
Webをみてたんですわ。

で。

浴衣の中にAIR-EDGEを忘れてきました!!

帰って即TELして、ありましたよ~の一言で安心。
送ってもらってもよかったんだけど、
忘れたほうが悪いんだし、
一人暮らしだとどうせ再配達とかで、
面倒になりそう。

というわけで、また取りに行くためだけに
小田原に行ってたわけなんですよ。

そして、さらに今週に運転免許の更新も
しておきたかったので、

 小田原→(東海道線)→茅ヶ崎→(相模線)→
 橋本→(横浜線)→八王子→(中央線)→
 武蔵小金井

というルートで、府中の運転免許試験場まで
行ってたわけです。
あー、説明長かった。

免許、ほとんど運転しないのにゴールドです…。
あ、ほとんど運転しない「から」、ゴールドなのか(笑)

しかし、免許更新のときに写真撮るでしょ。
あれ、取り直しもなし、サッと撮って、
はいおわり~ですよね。

もうちょっと何枚かとってほしいよねぇ。
失敗したのを免許証にされた日にゃ、
何かの拍子に、笑われるだけなんだが。。

今回は、まぁ、まともなほうでしょう。
口ひげとあごひげがあるくらいで。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

ただいま相模線乗車中。

なんで、こんなところにいるのかは、
後で説明するとして。

さっき、原当麻駅を通過。

半分寝てたので、「はらたいま」が
「はらたいら」と聞こえて。

なんじゃそれ!?
と思って目が覚めました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年を重ねる、という楽しみ。

古田選手のブログから。

長く現役選手を続けている古田選手だけど、
このあいだ、40歳を迎えられたそうで。

おめでとうございます。

できる人は違うなーと思ったのが、

|歳は重ねるものだし、
|40代はいろんなことが起きそうだし、
|実は凄く楽しみなんですよ。

ってとこ。

自分もついこの間、28になったばかりだけど、
やはり十の位が変わることについて、
どこか不安があるんですよね、正直。

もっと将来の見通しがはっきりしたら、
このもやもや感がなくなるのかなぁ。

奥様の中井美穂さんからは、
サーフィンのDVDとサーフィン入門の本がプレゼント。
いいですねー。

「お父さんのための」ってとこに
やけに反応してるけど…(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ステルス作戦とパーキング。

眞鍋チェックその1

スタイリングアシスタントさんを
秘密作戦で祝っちゃおうの巻。

なかなか幹事とかニガテな
わたしには、すごいなーに一言であります。

こゆのって、得意なヤツとそうでないヤツって
見事に分かれたりしない?

で、自分ができないくせに
いうのも何なんだけど、
またこのパターン?
見たいなコトがよくあったり。

いや、自分を棚に上げて、
ってのはよくわかるんだけどさ。

眞鍋チェックその2

・コインパーキングに閉じ込められ話

コインパーキングに限らず、お札が機械に入らない
という経験は結構している。

何か飲もうと思って自販機の前に立って、
英世を入れようとすると拒否され。

財布の中にはあと諭吉しかいなくて。
小銭入れの中も、茶色いコインが数枚。

でも、飲みたい!うわーん!てな感じ。

こういうとき、SuicaやEdyが使える
自販機があったらいいのになぁ。

でも、やっぱりSuicaにもチャージが
できてなかったりね。
こういうときに限って。

・パーキングはしっかりチェックしとけ!話。

あっしはねぇ、クルマ持ってないんですよ。
だってさ、都内移動すんのに、車の必要性
まったく感じないんだよね。

しかも、クルマ持って一人前的な
発想がないもんだから、
ますます買ってやろうっていう気が起こらない。

会社の先輩方には、いいとこ(ディーラー)
紹介してやるよ、とよく言われてたんだけど。

旅行行くって行っても、基本的に移動時は
自分で運転せずに済む手段が基本。
電車とか飛行機とかバスとか。

だって、移動時間はすべて睡眠時間だから。
その分行程は、ハード。

…っと、閑話休題。

お店よか、パーキング知ってるほうが
かっこいいんだってよ。

|女子は多少テンション下がると思うんだよね。
|だってなるべく歩きたくないもん。

これは聞くねぇ。確かに。
でも、クルマ持たない派はどうしろと?

まー、クルマをお持ちの皆さんはPのチェックを。
間違ってもピザーラの「P」を指差して
見つけた!!とかいわないように(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東海一の弓取りの足跡をたどる…その2

さて、浜松を出て次は掛川。

かつて、山内一豊が領していたことがあり、
掛川から移った高知城のある高知県と
一緒に平成18年度の大河ドラマネタで
盛り上がっている。

そう、次の大河ドラマの主人公の
舞台のひとつのなるのが、掛川なのだ。

■掛川城

掛川城には、平成になるまで天守がなかったが、
木造で天守閣が再建されている。
木造再建、という意味では、
越後高田城の三重櫓と同様である。

kakegawajo_enkei

kakegawajo_kinkei

外見はオーソドックスではあるが、
木造再建築だけに、中の構造はなかなか興味深い。

急勾配の階段などは、当時の天守を髣髴とさせる。

kaidan

またところどころにある間接照明が
なかなかいい感じで、まだ木の香りがする
お宅にお邪魔している感覚すらあった。

shomei

ここまでこだわって再建しているのは、
掛川の町全体を城下町として再整備したい、
という計画があるため。

掛川城周辺には、和風建築っぽい外観の
建物が多く点在する。

ちなみに、マンホールも掛川城天守。

kakegawa_manhall

お土産屋さんも同様で、その中の一つに入り、
カキ氷の抹茶を頂く。

そう、静岡はお茶の名産地。
ここ掛川も、お茶の生産が盛んなようだ。

koori

ん?なんか減ってんじゃない?
なんていうのは、気にしないように(笑)

■駿府城
最終地は、静岡。駿府城である。

駿府城址は、駿府公園となっているのだが、
手前に静岡県警察本部の建物があり、
最上階が展望階となっている。

そこから眺めると、駿府公園の中で
城郭が再建されているのは、
ほんのわずか。巽櫓と東御門のみ。

巽櫓。

sunnpu_tatumiyagura

東御門。

sunnpu_higasigomon

警察本部展望室からの眺め。

sunpujoukei

ただ、これらの建物も平成に入って、
木造で再建されており、
中が資料館になっていて、
他の城址でいう天守閣の役目を果たしている。

ボランティアの方が説明してくださる、
というので、せっかくだからお願いをした。

まず入って目に留まるのは、
大坂城、安土城、駿府城の各天守閣の模型。
特に大坂城がすごい!(静岡に来て言うことではないが)

sunpu_oosaka

何がすごいって、豊臣時代の大坂城を
このような大きな模型で再現してあるのを
はじめてみたからだ。

こんなの、今の大阪城の中でも展示してないよ。

大坂冬の陣・夏の陣の屏風で描かれている
漆黒の豊臣大坂城。独立した天守台ではなく、
本丸隅に建てられている点も、現在の大阪城とは異なる。

それから安土城。先に安土で見たのとは
デザインが少々違うが、何も資料がないわけだ。
そこは研究者によって、イメージが異なったりするだろう。

sunpu_azuchi

頂上の屋根が全部朱に塗られている。

で、実は駿府城も派手さでは負けていない。

なにせ、天下を治めた先の将軍、大御所の居城だ。
各大名への手伝普請でかなり豪華につくられたようだ。

sunpu_tenshu

頂上だけが銅葺き屋根という珍しいつくり。
イメージは、頂上だけ大坂城の屋根、
それ以外は名古屋城の屋根、といった感じか。
金箔の装飾もかなりなされていたようだ。

また、上方(関西)方面から駿府に入ると
ちょうど駿府城に向かって道が向かっており、
バックに富士山が見えるという絶妙の場所に、
天守閣があったらしい。

そのほか、徳川家康は薬草づくりが趣味だった
ということを裏付ける薬園があった
ということも確認されていた。

薬草をすりつぶしているシーンとか、
ドラマでたまに出てくるんだけど。

あと記憶に残っているのは、
駿府を描いた大名行列の絵は、
どれも庶民が頭を下げていないそうだ。

大名行列といえば、「下に~!下に!」
の掛け声でもわかるように、
庶民は頭(ず)が高い、ということで、
通り過ぎるまで平伏する、というのが一般的。

なぜかはまだわかってないそうだ。

…と城廻りはここまで。

帰りには、静岡名物「こっこ」を買って、
帰りものんびり、普通電車で東京まで帰ったとさ。
写真をとる前に、食べてしまったので
こちらのブログでどうぞ。

ふわっとしたやさしい味の
パンケーキみたいな感じかな。
かなりおいしいです。

東海方面に行って、うなぎパイばかり買って、
またこれー?とか言われている人がいたら、
ぜひこちらに鞍替えしましょう(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (2)

東海一の弓取りの足跡をたどる…その1

さて、先週は実は性懲りもなく
また、出かけてたんでやんすよ。

しかも、今は青春18きっぷの季節。
というわけで、東海地区の城めぐり、
と相成りました。

東海一の弓取りの足跡をたどる、
というのは、結果的にそうだった、
というだけなんですが。

東海一の弓取りとは、
ご存知、徳川家康。

岡崎に生まれ、幼少は熱田や駿府(静岡)で
人質として過ごす毎日。

独立後、岡崎→浜松→駿府→江戸、
と徳川家康は、勢力を拡大するにつれ、
東へ東へと拠点を移す。

今回の城廻りもそれを追うように、
岡崎城→吉田城→浜松城→掛川城→駿府城、
と2日で五城制覇。

旅慣れた人なら、ピンと来ると思うが、
東京方面から名古屋方面へ、
しかも18きっぷというと、
まず思い当たるのが、ムーンライトながら。

これは、深夜東京を出て、翌朝に岐阜県大垣市まで
向かう快速普通列車である。

大垣まで行ければ、関西に出るのもたやすいので、
特に普通列車なら、1日当たり2,300円で乗り放題になる
18きっぷが使える期間は、満員となる。
今だと、愛知万博へ行くのに使う人も多いだろう。

で、1ヶ月前から指定券(特急券ではない)の
予約ができるんだけど、もうすぐに完売。
こうなると、小田原まで先回りをし、
そこから、地べたにビニールシートでも敷いて
座って寝るしかない。

というのも、東京→小田原間は全席指定。
小田原から自由席が出てくるのだ。
小田原発は1:06。

それまでどうやって時間をつぶそうか…
というときにもってこいなのが、
小田原駅前にある万葉の湯

万葉の湯、というと以前、
博多の万葉の湯を紹介したことがあるが、
もちろん系列店だ。

博多では、湯布院/武雄の湯を
タンクローリーで運んできていたけど、
小田原では、湯河原の湯らしい。

施設としては博多とさほど変わりない。
ただ、2つあるサウナのうち、
低温のほうにはハーブがおいてあって、
ハーブサウナ(?)になっていた。

さて、こうして時間をつぶしてから
小田原駅に戻り、ムーンライトながらへ乗車。

もちろん、座席には座れやしないから
デッキ部で座り込むしかない。

こうして、寝たり起きたり寝たり起きたり
を繰り返して、ようやく岡崎に着いたのが、
朝の5時半ごろだったか。

JR岡崎駅というのも
これまた何にもないところで、
とりあえずサークルKがぽつんとあるくらい。
サークルKでは、メープルシロップの
フレンチトーストを買う。

ここで、愛知環状鉄道に乗り換え、
中岡崎駅へ。このまま乗っていると、
7月に行った愛知万博の会場に近い

「万博八草」駅まで行くことができる。

■岡崎城

中岡崎駅から歩いて5分くらいすると、
岡崎城が見えてくる。

岡崎城のそばには、龍城神社という神社が建っている。
バカみたいに早い時間に行ったので、
当然、中には入れない。

というわけで木陰のベンチで…Zzz。
気づくとちょうど9時ごろ。
こんなところで寝ていたから、
汗びっしょりだ。

okazakijo

天守閣の周りは神社のほかに木々に囲まれていて、
なかなか撮影が難しい、カメラマン泣かせの
ロケーション。

しかも、この天守閣は家康在城時にはなく、
後の城主によって築かれた。なーんだ。
ま、でもそうりゃそうか。
戦国時代真っ只中には、天守閣はなかったんだし。

でも、マンホールはしっかり、岡崎城。

okazaki_manhall

天守閣前には、家康の遺訓。
とにかく苦労を耐え続けた家康らしい
地味で説教くさい(といっちゃダメか)ことばだ。

ikun

城内はお決まりの資料館。
だが、徳川四天王の本多平八郎忠勝の名槍、
「蜻蛉切」のレプリカがおいてあった。

tombow_giri

レプリカとはいえ、実際の
「蜻蛉切」のカタチを見て、ちょっと興奮してくる。
梵字とか彫ってあったんだなー。

ここに置いてあるのは、忠勝が岡崎出身であること、
そして、幕末岡崎を治めていたのが、
忠勝の子孫に当たる本多氏であったことからだろうか。

そのあとは、城内にある徳川家康・本多忠勝像を見て、
三河武士のやかた家康館へ。

ieyasu_okazaki

okazaki

11月から耐震補強工事で休館になるみたいだから、
今、行っておいてよかった。

家康館前の三つ葉葵の紋。
水戸黄門を思い出すな(笑)

mito

徳川氏の前身、松平氏がどのようであったか、
歴史の表舞台に立った家康と比べると、
あまりにも知られていないのではないか。

江戸時代のという太平の世を築いた徳川氏だ。
その先祖は当然よく書かれるのが、
江戸時代のスジであり、結局どういう出自なのか、
結局よくわからない。

長々と書いても仕方がないので、
細かいことは割愛するが、
目立ったのが、家康の祖父に当たる松平清康。

一族の争いに勝利し、三河全域(愛知県東部)を支配下に。
本拠地を安城(新幹線が止まる三河安城です)から
岡崎へ移し、織田信秀(信長の父)をも攻略しようと
尾張(愛知県西部)に出撃し、家臣の反感を受け、
殺害される。享年25歳。

もう、織田信長の縮図といっていい
くらいの勢い。25歳で殺害されたわけだから、
まだまだ勢いは、「若気の至り」だったのかも。

ちなみに、家康はもとは、松平元信といった。
すぐ後、松平元康と改名している。
もちろん、徳川家康の「康」も、この康の字だ。

猛将である祖父にあやかりたい、
気持ちもあったのだろうか。

ということは、家康から「康」の字をもらった
榊原康政はすごいんだね。

■吉田城

あまり有名ではないが、愛知県の東端豊橋市にある城。
家康が今川家から独立後、まずこの城の奪取を図った。

唯一、城っぽく見えるのは
北西方向に建つ鉄櫓(くろがねやぐら)。

yoshidajo

先の家康館同様、こちらも耐震工事中。
こういうのを見ると、東海地震が
現実味を帯びて感じられる。

豊橋市のマンホールは、豊橋公会堂を
かたどったデザイン。

toyohashi_manhall

で、ちょっと気になったのが、
どこの街でも通りの名前を書いた標識、
ってあるんだけれど。

東京だったら、甲州街道とか青梅街道とか。

でも、「東海道」というのは、はじめて見た。
あってしかるべきなんだろうけど、
なんか珍しく見えたなぁ。

tokaido

駅前では、さけとろ丼が食べられる
「ザ・どん」の豊橋店がオープンしたばかり。
ここで食す。ここでないと食べられない、
わけじゃないけど、やっぱいいわ。

ちなみに、この「ザ:どん」はダスキン系列だったりする。

あと、懐かしいミルクセーキも。
小学生のころ、スイミングスクールの帰りに
よく飲んでたんだよなー。

milk_century

■浜松城

浜松に入ると、静岡県。
旧国名で言うと、遠江(とうとうみ)。

もちろんこの「うみ」とは、
浜名湖を指しており、
近江の琵琶湖と対をなしている。

さて、浜松城。

岡崎城が家康出生の城として
神聖視されていたのに対し、
浜松城は、家康に限らず歴代城主が
幕閣で要職に登った者が多いことから、
出世城として名高い。

結構浜松駅から歩く(1.2~3km?)のだが、
ようやく浜松城公園へ。

家康築城期の石垣がまだ残っている。

hamamatu_isigaki

天守閣はこちら。

hamamatsujo2

hamamatsujo1

こちらもまた家康が建てたものではないのだが、
再建された天守閣には、徳川葵が満載だ。

aoi

城内で見つけた面白い逸話。

浜松城に迫った武田信玄に決戦を挑んだ家康、
三方が原で散々に負けて、逃げ帰ってきたわけだが、
その途中、お茶屋を見つけて、
小豆餅を食べて休んでいたところ、
追っての武田軍の声がしたとたん、
一気に逃げ出す家康。

そこで、ただ食いは許さん、と
お茶屋のばあさんが家康を追っかけ、
お代を請求した、という話。

ばあさんの茶屋の周辺は「小豆餅」、
金を受け取った場所を「銭取」というのだそうだ。

…まだ地名残ってるところがすごい。

この日は浜松泊。
もちろん、浜松といえば、浜名湖。
浜名湖といえば、うなぎですよ。

浜松駅前の「八百徳」で、
お櫃うな茶漬けを食べましたがな。
いわゆる、ひつまぶしですな、名古屋でいう。

つづきの掛川、駿府は次回。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

もういっちょ!

もうひとつの食べるネタは、梅干。

ずっと前にテレビでやっていた
1個3,000円もする梅干を売っているお店。
紀州五代梅本舗

こないだ、関西に帰ったときに
買ったんだけれども。

もちろん、1個3,000円の梅干じゃなく、
普通のヤツね。

でも、すっぱさ控えめで
ちょっと甘い梅干。
スナック菓子をバリバリ食うよりはいいかと。

ちなみに、ここのお店、ブログをやってます
一度ご覧になっては。
トラックバックはできないようだけど…(苦笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

またまた食べるネタですが。

今日はちょっと早めに帰れたので、
渋谷の東急フードショーに寄り道。

以前紹介しただし茶漬けえんで一杯。
以前は、日本橋コレド店を紹介したが、
このほか、こちらの渋谷と新宿パルコのなかにもある。

さてそのあと、ウイスキーのあてに、
カマンベールチーズと、
ふと目に止まった、メープルシロップ
を買って帰る。

結構有名どころのものっぽい。

アイスに垂らして食べると格別だった。

あぁ…いつの間に甘いものが
好きになったのか、ねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普及のしるし?

電車のなかで。

見た目には、およそデジタルモノなんか、
使いそうにないおっちゃんが
iPodを使ってた。

こういう自分のイメージにない
ひとが使っているのを見ると、
普及したんだなぁ、と思うのは、
自分だけ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

生きててよかったと思う瞬間。

また、週末出かけてました。
しかも、会社の研修もあり、
しばらくネットから離れてまして。

で、その帰り。

ちょっと前までよく食べに
行っていたのに、
仕事が変わってから、
すっかり行かなくなってしまった
東京神田・洋食キッチン
美味卵屋(うまたまや)」。

オムライスとポークソテーが
あまりにも、うまいうまい。

行かなくなる直前、テレビで紹介されたそうで、
普通に食べに入れたのに、行列ができるまでに。

よく食べに行ってたころは
秘蔵の店にしていたのだが、
テレビで公開されちゃったんならいいや
ということで、遅ればせながら、ご紹介。

ちょっと行かない間に新メニュー登場。

「ポークソテーネギのっけ丼」
pork

「フォアグラソテーオレンジそーすのせ」(オムライス)

orange

フォアグラなんて食べたことないので、
かなり惹かれたのだが、
ポークソテーのうまさも知っているので、
今回は、ポークソテーに。

やっぱりうまい。うますぎる。
このうまさを表現できない
ボキャブラリーの乏しさがもどかしい。

基本的には、オムライスの店なので、
オムライスを頼む人が多い。
ふわっとした卵がヤミツキになること必至。

席はカウンター席が8席と小さい店だが、
うまさのレベルは高い。

営業時間はこちら。

・平日   11:00~15:30、18:00~22:00
・土/祝日 11:00~15:30
・日 休み

その他のメニューでは、
ジャガイモのクリーム煮グラタンのせが
スーパーおすすめですっ。

美味卵屋の記事を見つけたので、
トラックバックしとこ。

10/15、追記。
この記事を見て、行ってこられたfutaさんへ。

コメント欄に記入できないので、
トラックバック、送っておきますねー。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

第二次大戦の考え方。

いわずと知れた今日は、
広島原爆投下の日。
今年でちょうど60年だ。

でも、原爆を投下したアメリカ、
世界唯一の被爆国となった日本。

未だその歴史の認識には大きく
隔たりがあるようだ。

家電量販店のテレビコーナーでやっていた
アメリカ人への原爆についてのアンケート。

正確な数字は憶えていないけど、
半数以上のアメリカ人が、
より迅速に戦争を終結させて
アメリカの犠牲を減らしただけでなく、
結果的には(早く終結させたことで)
多くの日本人の命も救ったのだ、
と思っているらしい。

そう、原爆の正当化。いやはや。

日本は黙っているから、
問題にならないのかもしれないが、
あれだけ被害を受けてなお
恩着せがましいことを言われるのか。

でも、考えてみれば、
中国・台湾・朝鮮の人々との関係で言えば、
日本はアメリカの立場になるんだもんな。

いつまでも固執して、
現在の関係をこじらせるのはよくないが、
放置しすぎるのもどうなのか。

日本は加害国かつ被害国。
よくよく反省しつつも、
言うべきことは、言ったほうが
いいのかもしれない。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

ほんじょと遭遇率アップ。

といっても、実際に見かけるわけじゃなく、
TEPCOひかり(東京電力の光ファイバーサービス)の
広告なんだけど。

量販店はもとより、雑誌やテレビ、
今みたいに電車の広告にもあって
ほんじょをすごくよく見かけるようになった。

いいぞ、いいぞ。

でも、電車内で写真を撮る勇気と非常識さは持ち合わせてないので、
写真はナシ。

以上、モブログで。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

あらあら、お大事に。。

眠いけど、真鍋チェック

夏風邪ですか。
よく体調崩しますね。真鍋センセ。
気をつけておくんなさいまし。

あまり風邪をひかないからかも知れないけど、
風邪をひく→病院行く、とか
風邪をひく→注射打つ、
というのがどうも違和感がある。

風邪なんちゅーもんは、
家でぐぅぐぅ寝て、飯をしっかり食って
直すもんやろうが、という気がして。。

ま、それはいいか。

前にもどこかでやったことが
あるような気がするけど、恋愛頭脳

センセのお勧めもあって、やりました。
こういうネタ、いかにもニガテなんだけど。

そしたら。

恋愛感レベル「達人」だそうです、はい。

そんなアホな。
だったら、そんなに苦労するかい。

真鍋ちゃんとの相性は、
やや良しという微妙な結果。あは。

みなさんもどうぞ。
nikko81との相性診断つき<いらんっちゅーの(笑)

真鍋ちゃんとの相性はこちら

相当な壊れっぷりのようで、
眞鍋かをりと付き合うには、
ロボットになるのが吉なようです(笑)

変わり者の友人の話が続くが、
変わり者とか、個性的とか
言われるほうが、人生面白いって。

nikko81も「永遠の少数派」を自負しております(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

明日…てか今日のbreakfast。

朝は、昨日買ったメロンパン。
近くの駅前にあります。

ちょっと行列ができるときもある人気店。
気になってたんだけど、行かずじまい。

でも、今日は気が向いて買ってみた。

ちゃんと朝、食べる時間は必要なんだけどね。
なかなかねぇ。というわけで、前日に確保。

merone

ていうか、今写真撮ってないで、
早く寝ろってコトですよね。
はい、寝ます。

でも、眞鍋センセのblogに2つも
トラバってないし…
悪いけど、今日会社に
帰ってきてから記事書こっと。

メローネの感想は、こちらに詳しいです。
自分の感想は、食べたあとに、
こちらに追記します…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グッドデザイン賞公式ブログで紹介されました!!

こないだ、グッドデザインプレゼンテーション(GDP)
のことを書いたら、公式ブログから
ご紹介&トラックバックを頂きました。

ありがとうございますっ。

もひとつ、GDPブログでおもしろい
サイトが紹介されていて。

Googleチックなロゴが作れるサイト、
Google Logo Maker

例えば、こんな風に。

fsi_large

みなさまもどうぞー♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

馬から落馬。

いや、ホントに落馬したわけじゃなく。
電車乗って、週刊現代の中吊り広告を見てると。

この夏、巨大地震が東京を襲う、
という恐怖感をあおる記事。

…高層エレベーターが死の棺桶。

いやいやいや。棺桶は死んだら入るもんでしょ。
水を節水、危険が危ないといっしょやん。

日本語もっと勉強しましょう(笑)

って、ツッコんでる場合かって?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スクウェア・エニックスパーティ2005

昨日は、コイツに行ってました。
幕張メッセまで。遠い。

いつももっと遠いとこ行ってるだろ、
というツッコミはなしで(笑)

いやー、ゲーム会社も1社でイベント興行ですか。
すごい時代になったもんです。

結局、ドラクエ8もファイナルファンタジー10-2も
できずじまい。

チョット時間を作って、ゲーム強化週間でも
つくってみようかねぇ。

というわけで、開発中の3作+
北米のみの1作を体験してきました。

FF7アドベントチルドレンという、
映像作品の一部先行上映もあったんだけど、
万博みたいに90分待ち、とか
書いてあったからパス。

どうせ9月になったら、見るわけだし。

ファイナルファンタジー12

11とは違って、以前どおりのオフラインゲーム。
とはいえ、11の要素がかなりあって、
戦闘シーンと移動シーンがシームレス。

これは結構、戸惑った。

遠くのほうでモンスターが見えてたら、
もうこっちからコマンド出して、
攻撃を仕掛けられるわけ。

逆に、見えてない方向から
敵の奇襲を受けることもあって。

文字じゃなくてほんとに先制攻撃
っていうのはこういうことなんだろう。
リアルはリアルだけどね。
やってくうちに慣れるのかな。

ミッションは難なくクリアー。

ちなみに、発売は2006.3.16だそうです。

ダージュ・オブ・ケルベロス
 ~ファイナルファンタジー7

FF7の後の世界を舞台にした、
ガンアクション。

あまりこういうのしないから、
めっちゃてこずる。

ていうかさ、銃を構えるボタンが
変すぎませんか!?
なんで、R1とかR2のボタンなのよ。

ボタンコンフィグ(ボタンの各機能の入れ替え)
がないと、ついていけなーい。

ドラクエ2 FOMA版

DQ2がケータイで。そういう時代ですかぁ。
ちなみにオリジナル作品は、
難しすぎて、ギブアップしました。
あの当時の小学生には、ちょっとキツイダンジョンだ。
くそー、ロンダルキア。
(わかる人にしかわからない記事ですみません)

DQ1をtalbyでやっていたので、
操作自体はさほど違和感はなく、
やりたいから、さっさとezweb版出しなさい、
という感じだ。

あ、でもtalbyだとauからパケ代、
すごいのが請求されそう。。

■北米版FF7 SNOWBORDING

あれー、どっかで見たような。。。
そうか!!

FF7のゲームの中にあるゲームセンター
ゴールドソーサーにあるスノボゲームを
ケータイ用に移植したんだな!

コントローラでやっても
なかなかなれないとうまくいかないのに
ケータイでなんて。。。
と思ったら、案外そこそこ行けた。

でもすっごい懐かしくて、うれしかった。

いまんのとこ、アメリカだけで
日本では未定らしいけど、
ぜひ出してほしいなぁ。

というわけで、ゲームまたやりたいなぁ、
と改めて思った1日でありました。

●おわび
基本的に撮禁なので、写真はありません。
あしからず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏はカレーだ!

…というわけで、気になるカレー屋2件、
行って参りましたぞよ。

カレーデポ 新宿コマ店

万博で食べたカレーは、実はチェーン店でも
やっていたというわけで、
早速、新宿コマにあるカレーデポへ。

感想。

普通にどこにでもある
松屋とかのカレーよりはうまいです。

ただ、万博のときの感動は、というと
これはちょっと。。。

同じような味な気もするんだけど、
やっぱり、どうせ…と思いながら食べるのと、
期待して食べるのとでは、
味覚が違うのかもしれません。

しかも、万博のカレーには、
とろける肉が一切れドンッ!と
入っているんだけれども、
こちらにはない。残念。

ちょっと気になったのが、
トッピングにマーマレードがあること。
…ちょっとそれはどうなのか。。。

そこそこおいしく頂いてるところで
冒険はしたくなかったので、
追加でトッピングはしませんでした。
興味のある方はどうぞ。。。

なんか、味覚に自信が持てなくなってきたので、
もう一回食べに行きますわ。

カリーシェフ伝説

あのガッツ石松プロデュースの店。

SHINOblogのしのぶさんから

> nikko81さん、ぜひ!鯖カリーのレポート希望します!!(爆)

とか言われたら、行くっきゃないでしょ(笑)

ええ、頼みましたとも。「ガッツ!サバカリー」。

うん。予想通り。
激しく微妙な味でした(笑)

カレーに青魚の味って、こうも合わないものなんですね。
サバなんて好きな魚のひとつだし、
飛行機で出かけるときには、
羽田空港の空弁「焼鯖寿司」を必ず食べるんだけど。

なんだろうな。味が絡み合ってないというか、
不協和音を出してるというか(笑)

で、カレールー自体もスパイスを
いっぱい使ってるみたいだけど、
辛いだけでコクや旨みが少ない。

まだまだ発展途上ですな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »