« 中身が濃い万博レポ第1弾・3日目。 | トップページ | 岸和田、さらに和歌山へ。 »

近江に名城あり。

先の土日は、帰阪してました。
とはいっても、在阪は土曜の夕方から
日曜の朝まで。

また、例のごとく、城見であります。

意外と関西方面でも見ていない城があったり、
幼いころに見ていて、すっかり忘れてたり。

てなわけで、大阪からちょいと足を伸ばして
見ることのできる五城をチョイス。

長浜城

ということで、まずは琵琶湖北の長浜。
羽柴(豊臣)秀吉が、初めて城持ち大名に
なったときに気づいた城だ。

江戸期には、豊臣家ゆかりの城は
徹底的に破壊されたわけで、
長浜城も例外ではなく、
彦根城築城の際に、かなり資材として
持っていかれたようだ。

で、これがその長浜城。
もちろん、後世になって再建されたわけだが。
うーん、どこかでみたような。。。

nagahama

そう、今治城。今治城も相違や
天守があるのかないのか、
よくわからないんだけど、再建されていた。
ある意味、スタンダードと言うか、
普通お城といったときに、
イメージするカタチなんだろうな。

あんまり劇的な感動はなく。

むしろ、黒壁ガラス館
なんていうほうがいいかな。

ヴェネツィアングラスやボヘミアングラスの
輸入物から、当地のガラス製品まで
昔の銀行を改装しているそうな。

ガラス製品は好きだから、
しばし眺める。眺めるだけ。

あと、このあたりには近江牛の店も多い。
旨そうな肉の匂いがするけど、
ここは我慢。5月に米沢で食べたでしょっ!

彦根城

すこし南下すると、彦根。
徳川四天王の一人、井伊直政が
近江に封じられ、息子直勝・直孝が築城。

松本城、姫路城などとともに、
築城当時の天守閣が現存する。ゆえに、国宝。

hikone

平成8年に修理が完了し、優美な姿が復活。
道理で昔見たよりも、キレイなわけだ。

天守へのチケット売り場の脇の石垣に
なんとも緊張感のないネコの寝姿。
ぐだーっとして、あぢぃーっとでもいいたげ。

guttari

そんな寝かたしたら、肩凝るで~。

katakori

■安土城

ほんとはもっとゆっくり彦根城を見たかったけど、
もっと見たい城があるので。。

それは、幻の安土城。

もちろん、安土城は今は建ってないけど、
1992年のセビリア万博の日本館で、
安土城の5F/6F部分が再建され、
それが、今は安土にあるらしい。
ということで、安土へ。

安土駅のすぐそばに、
安土町城郭博物館がある。
ここには、1/20の安土城の模型がある。

aduchi_20

おおー。大坂城も豪華だけど、
もうそれをはるかに上回る豪華さ。
それに、1F/2Fの部分などは、
岡山城に似ている。

ちなみに岡山城はコレ。

hikaku_okayama

というか、岡山城が安土城を模して
つくられたのだから、当然か。

さらに、駅前で自転車を借りて、
少し離れた「安土城天主信長の館」へ。
ここに復元天主があるのだ。

もうコレは圧巻。城好きにはたまらない。

夢中で写真を撮ったうちのいくつかを。

aduchi1

金と朱の豪華な色の取り合わせ。
そう考えると、織田信長と伊達政宗は、
その生涯で顔を合わすことはなかったが、
感性が似ているんではないか、と思ってしまうな。

伊達政宗のハデハデ廟はこちら

最上階。

aduchi4

内部も豪華絢爛。

aduchi5

もう5F/6F部分はあるわけだから、
将来は、コレが安土山に輝く姿を見てみたいなぁ。

ちなみに、7月になってから
訪れた方の記事を見つけたので、
トラックバックしとこ。

次は、翌日の南大阪・和歌山へ。

追記:
そうそう、実際の安土城址にも行きましたよ。
# 記事に書くの忘れてた… だって昨日眠かったし…

信長の館から徒歩5分くらいで大手門前。
天主跡まで往復で40~50分。かなり疲れます。

aduchijoshi

ほとんどが緑に覆われて、うっそうとしているけど、
石垣や石段が連なって、
かつて城址であったことが窺える。

でも、あまりの石段の多さに
日本の城というよりは、イタリアのポンペイ
思い出してしまった。

やっぱり、信長はそういう欧州諸国の
手法を築城にも取り入れたんだろうかね。


|

« 中身が濃い万博レポ第1弾・3日目。 | トップページ | 岸和田、さらに和歌山へ。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

お城キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!
いいですねぇ。やっぱり日本は城ですよ。
琵琶湖の周囲にはイイお城がいっぱいあるんですね。
関西にいるうちに、巡ってみたいです。

安土城・・・
上の部分と下の部分のギャップが激しいですね ^^

投稿: micio | 2005.07.26 16:24

こんちわ。
おっ、こちらの方に来られていたのですね(^^)

近くなのに、あまり良く知らない(^^ゞ
でも、安土城は復元して欲しいと強く願っている一人ではありまする。知らぬ間に、ちゃんとした石段になってるのね・・・十数年前は、ほんとに草ボウボウな状態でしたよ。

投稿: Suggy | 2005.07.27 13:19

nikko81です。

●micioさま

お城はいいですよねー。
寂れた城址を楽しむのもいいですが、
豪華絢爛な城郭建築もいいです。

安土城は他にはない個性的な城ですが、
巨大天守建造のさきがけでもあります。

対称ではなく、角度によって見え方が変わったり、
低層と構想でまったくイメージが異なったり、
信長のデザインセンスが現れてますね。

●Suggyさま

安土城を建造するには、莫大な資金が必要だと
思っていたのですが、それは高層部分の
総金箔張り&朱塗りの部分。

それがもうできているんなら、
建造はできそうですよね。

ただ、安土城の姿に関する資料が少なく、
なかなか建造に踏み切れないのでは
ないでしょうか。

それはそうと、草ぼうぼうの安土城址。
兵どもが夢の後、をまさに地で行く
光景だったんでしょうね。


投稿: nikko81 | 2005.07.28 01:47

おはよです。

確かに、復元するのにいい加減な事は、したくないでしょうからねぇ~。

そう言われれば、なんか、かっくいい!んですがぁ~・・・(^^ゞ
石垣とかも、草に埋まっていたような感じで(遠い記憶)、マムシに注意の看板もあったかなぁ~。夜は、ほんと、出そうでした(^^;;

投稿: Suggy | 2005.07.28 10:54

nikko81です。

草に埋まっている安土城。
さみしいですね。。。

石垣だけではなく、
ぜひその豪華絢爛なすがたを
平成の世にあらわしてほしいものです。

投稿: nikko81 | 2005.07.29 00:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近江に名城あり。:

« 中身が濃い万博レポ第1弾・3日目。 | トップページ | 岸和田、さらに和歌山へ。 »