« 名城春日山。 | トップページ | うんうんうなづき、富山から帰京。 »

上品な三重櫓…高田城。

さて、春日山の続き。

さらに春日山から1駅、
長野方面に進むと、越後高田。

江戸時代、春日山が廃城となり、
ここ高田に城が置かれる。

春日山も見たかったのだが、
この高田城も見たかった。
というのも、好みの黒い櫓があるからだ。

高田駅で降りて、徒歩で向かい、
上越市本上町…じゃなくて本城町へ。

で、それの高田城三重櫓がこれ。

takatajo

どうですか。いいでしょ。

明治初年に火災のために焼失した三重櫓を
1993年に再建したそうだ。

しかも、木を多用した本物志向の再建。
管理事務所の方に聞くと、
骨組みは、600度の熱に耐える鉄骨で、
周りを木で覆うように作られているそうだ。
こうしておくと、完全に焼失してしまうことがない。

文化庁の援助をもらうためには、
こういう防火対策もしておかないといけないらしい。

また、宮大工による合掌造りとなっており、
耐震性にも気を遣っているそうで、
先の新潟地震の際にも、
むしろ、地震によってがっちりと締まったそうだ。

外観が木造であるいいところは、
入城したときに、木のいい香りがするところ。

また、天守閣ではなく櫓であり、
しかも石垣ではなく土塁の上に立っているから、
ちょっとした名家の邸宅のようにも見える。

総工費はいくらなんだろう。。
大金持ちだったら作れそうな。。
2F/3F部分は、特に何も展示がなかったら、
新築の家に…見えなくもない。

ちなみに、ここの紫陽花は
とても青い…ような気がしたので、
紫陽花もと撮りまくりました。

そのひとつを。

ajisai

で、三重櫓と紫陽花。

ajisai_and_yagura

もともと、岡山城万歳というような、
黒っぽい城郭建築が
好きなので、この櫓もかなりのヒット。

小さいながらも、白・黒・金が
バランスよく配置され、
カタチも他の櫓にはない、
個性的で上品なデザインになっている。

その意味で、この再建された三重櫓は、
活きた城郭建築を伝えている。
もちろん、歴史も好きだから、
歴史的遺構としての城郭もいいとは思う。
でも、歴史的価値に乏しい
=無価値ではないだろう。

また新しく、もう一度見てみたいと思わせる
とてもよくできた城郭建築だ。

|

« 名城春日山。 | トップページ | うんうんうなづき、富山から帰京。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

紫陽花きれいですね。これだけ満開だとお城も映える。
えっと。明日(8日)のいいともにほんじょ出ますよ。
お知らせしたかったので。

投稿: sora | 2005.07.07 20:32

nikko81です。

家のそばの紫陽花は、もうしおれてしまっています。
もうそろそろ、梅雨明けでしょうかね。

あ、ほんじょ情報、わざわざありがとうございます♪
ばっちり録画しておきます!
たぶん、soraさんに教えてもらっていなかったら、
確実に見逃していたでしょう。

前回(去年の12月ごろ?)のいいとも出演は、
ちょこっとゲストだけでしたがけど、
今回は、テレホンショッキングで
じっくりはお話が聞けそうですね。楽しみだー。

投稿: nikko81 | 2005.07.08 01:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上品な三重櫓…高田城。:

« 名城春日山。 | トップページ | うんうんうなづき、富山から帰京。 »