« もう腹いっぱいだって。年は。 | トップページ | 近江に名城あり。 »

中身が濃い万博レポ第1弾・3日目。

遅くなりましたが。7/18(月・祝)。
万博3日目である。

2日目がめちゃ込みだったわけであるが、
3連休の中日で行っといて、
あとの1日はゆっくりしよう、なんてな
思考が働いてるに違いない。

となれば、企業パビリオンを目指すは今しかない!
いざ、出陣じゃぁ~!ぷぉぉ~(ほら貝の音)

というわけで、数は少なくとも、
企業パビリオンをしっかり見てくる
という作戦で、この日は行動。

とはいえ、瀬戸ゲートから入るのは、
もうお決まりのセオリー。

まず。。。

(1)トヨタ・日立・東芝のうち、どれか見る。
(2)マンモスも見る。
(3)あと行けるとこどこかひとつ。

こんな基準で選ぶと、
日立は、この日の時点では、
整理券の配布をしていないので、
とりあえず7時間以上も待つしかなかった。

7/21から整理券配布をしるはずなので、
この記事を書いてる時点では、
話が違うかもしれないけどね。

hitachi_seiri

というわけで、日立はパス。

東芝は並べば入れそうだけど、
前評判からすると、トヨタのほうを先みたい。
朝の整理券配布は、無理だったので、
14時からの配布にあわせて、並ぶことにする。

と決まれば、コレにあわせて、
マンモスを見れるよう、
マンモス(グローバルハウス)の整理券をゲット。

ハイビジョンよりさらに細かい
スーパーハイビジョンを見たかったので、
オレンジホール→マンモスラボの14:50~
の配布まで待って、入手。

この時点で11時前だったと思う。
これで、この日の流れが決まった。

(1)空いてそうなどこかのパビリオンへ行く。

(2)トヨタの整理券の入手する。(14:00~)

(3)マンモスを見に行く(14:50~)

(4)トヨタ館を見に行く。

で、空いてそうなパビリオンだけど、
三菱はもう行ったし、東芝は並んでると、
トヨタの整理券入手に間にあわなそう。
ガス館はう~ん。。。
ということで、リニアモーターカーのJR東海へ。

JR東海超伝導リニア館

jr

超伝導ラボという仕組みの説明と、
3Dシアターで体感する2箇所。

正直、体感するほうを楽しみにしていたのだが、
あくまで映画館式に映像を見るだけなので、
最高速度581km/hを「体感」
とは行かなかった。残念。

しかし、電流を流すことで生じる電磁石を
応用した仕組みであり、そのコントロールは、
車両ではなく、地上側で行うとのことで、
出発・走行・停止、といった操縦は、
地上からすることになるらしい。
そう、なんと車両には運転手がいないのだ。

で、超伝導という絶対零度(温度の下限)まで、
冷やすと電気抵抗が少なくなったり、
モノが浮いたりする仕組みを使って、
地上から何十トンもある車両を浮かせて、
側面の壁にある磁石と組み合わせ、車両が動いていく。

で。
速度が581km/h、約600km/hとすると、
東京-大阪間が距離500kmと言われているから、
単純には行かないだろうけど、
片道1時間かからない計算になる。

これはすごい。
飛行機で、羽田→大阪(伊丹)が45分、
関空→羽田が55分くらいだから、
手続きの時間を考慮すると、
飛行機を使うよりも、便利で速い。

早く完成して使ってみたいなー。
ここまで速くなると、新幹線で東京→福岡というのも、
現実味があるし、将来鹿児島中央まで
つながることを考えれば、なおさら。

今、よほどのことがない限り、
福岡の人は、東京へ行くのに、
飛行機を使うだろう。
6時間も座席に座ってられないっちゅーの(笑)

グローバル・ハウス(+マンモスラボ)

何かと話題になっている冷凍マンモス
それが見れるのがこちら。

でもなんか、話題の割にはパッとしない感じ。
というのも、マンモスとスーパーハイビジョン以外、
あんまり印象に残らないんだもん。

スーパーハイビジョンは確かに細かい。
画が細かいと、やはりモノの質感の表現が
圧倒的に違う。本物の素材感がある。

でも、導入されても、映画館とか、
そんな感じになるんだろう。

で、スーパーハイビジョンを見た後は、
人類と環境の歴史を探る最先端の研究成果、
を見ることになるんだけど。

電源が要らない「Aimulet GH」
というカード状の音声受信機が貸し出され、
天井から赤い光が照射されている下で、
受信部分をかざしつつ、耳に当てる。

しかし、これが。。。

(1)ちょっとでもかざす方向がずれると、
   すぐに音が小さくなる。

(2)送信機が隣り合ってるところでは、
   二つの音声が同時に聞こえ、
   非常にうっとうしい。

(3)ずっと耳に入れていると、
   耳が痛くなって、耳に入れてまで、
   解説を聞く気分にならない。

という致命的な弱点を抱えており、
うーん、どうしたものか。

(1)とか、赤外線じゃなくて、
Bluetoothとか使えよ、
というのはだめなのかなぁ。

あんなところで使うのに、
指向性があるのは、
使い勝手が悪くて仕方がない。

で、最後、マンモスだが。
撮禁なので、映像はないのだが、
超ノロノロのMoving Walk(歩く歩道)に乗って、
冷凍マンモスを見る。

顔の部分はしわくちゃで何かよくわからないが、
牙の部分は、木のようにがっしりしている。
でも、思ったほどの感動はなかったなぁ。

トヨタグループ館

toyo

これが、整理券。

toyo_ticket

手にするのにどんなに苦労したか。。。
というのは、ウソで、さほど苦労はしなかった。

先に書いたように、東ゲートと通じる
屋根のある通路で14:00配布を控え、
ひたすらボーッと待つだけ。

しかも、パビリオンの行列と違い、
チョットずつ前に進む、と言うことがないから、
みんなビニールシートを広げて、
弁当食ったり、本読んだり。

われわれは、ビニールシートで寝てました。

いやいや、いっぱいいるんですよ、寝る人。
みんな、疲れてるのか、老いも若きも、
路上で寝る寝る(笑)

というわけで、待ち時間は2時間以上あったけど、
ひっじょうに余裕で並べたわけなんですな、はい。

で、マンモスを見た後、ちょうど
トヨタの集合時間の20分前。
というわけで、トヨタ館へ向かう。

途中で2列に別れ、各4つ、計8つの入り口から入場。
そこまではスタッフが引率する。

そういや、引率してくれた
トヨタ館のおねーさん、かわいかったなぁ。
みとれてしまいました。あは。

ま、それはいいとして、
トヨタ館はよかったです。

はじめにロボットによる楽器の演奏があり、
そのあと、トヨタが以前にも
モーターショウなどで出展していたi-unit、
今回初登場となる二足歩行するi-footを中心とした
パフォーマンスショー。

ロボットによるトランペットなどの演奏は、
ロボットに人工の肺があり、
人間が演奏するのと同じやり方で演奏している。

あと、i-unitがでてくるところは、
何を表現したいんだ?というところはあるけど、、
正直、あのi-unitがぐるぐる
動いているのを見るだけで、おぉーっという感じ。

最新のDIMEの記事によれば、
魚の大群は、泳いでてもぶつからない、
そういうクルマ、ということらしく、
車両同士の情報通信機能で、
たとえば、一切信号なしでも
ぶつからないような走行が可能になるんだって。

ショーが終わって、館外に出ると
i-unitが飾られてます。
みんな、ここで記念写真とりまくり。

寝そべったり…

reclyning

起き上がったり…

stand

と、ここで18:00すぎ。
この日は、名古屋滞在最終日なので、
早めに切り上げて、帰京。

そのまえに、忘れていけないこと。

トヨタ館/日立館の前にカレーショップがあって。
カレーショップ・チタカ

これが、カレー(ビーフ/チキン/ポーク)が
1,000円なんだよね。

あー、やっぱりこんなところで
食べるカレーだから、高いねー。
…なーんて、思ってはイケナイ!!

かなり旨いのですよ。びっくりした。
ビーフもすごく煮込まれてて
やわらかくいい肉だ。

しかも。ペットボトルの水(500ml)つき。
スプーンはステンレス製。
要は、ちゃんと使えるスプーンやから、
持って帰って、家でも使ってっちゅーことですな。

これで、1,000円ですよ。
万博便乗ぼったくり的なところも
あるかもしれないが、
ここはお勧めだと思います。

ちなみに、こちらのブログで知ったのだが、
なんと、あのてぃーさんに教えてもらった
なめらかプリンののところがやっているそうだ。
だから、おいしいのか~。納得。

というわけで、第1弾は終了。
全部回りきれてないので、
また行ってみよう。
今度は高速バスとか使って、
安く上げないと、財政的に苦しいが。。。

|

« もう腹いっぱいだって。年は。 | トップページ | 近江に名城あり。 »

「イベントレポート」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

レポを読んで、おうちで万博気分を満喫しています。

カレー屋さん、発想がいいですよね。
環境に配慮+思い出のお土産になるスプーン。

家族で行ったりすると、家族全員で家でまた
使ったときに思い出話が出てきそうな品ですね。

パステルと同じ会社な事にびっくりしました。

7月には恵比寿店がリニューアルしたと思うので
私は、まず近場のそちらに出向いてみようかな。
店内で食事(パスタ?)が出来るようですね。

本当は、カレーがあったら一番試してみたいです(笑)

ぁぁ、食べ物の話だと饒舌 あは。

投稿: てぃー | 2005.07.25 12:12

nikko81です。

エコっていうと、どっちかというと
堅苦しくて、やらなあかんからやる、
見たいなところがありますが、
楽しいこととか、思い出作りと
リンクしてるといいですよね。

あのカレー、万博会場以外でも
食べられたらいいのに。。。

投稿: nikko81 | 2005.07.26 01:27

こんばんは。

リンク先に「通常店カレーデポ」とありましたが
万博のものとは別なのでしょうか?気になりますね。

ちなみにカレーデポはこちら
http://www.chitaka.co.jp/30ff/33depo/f_depo.html

品川シーサイド店が、カレーデポとパステルを
コラボレーションとあるのでちょっと気になります。

距離も新宿コマと比べても近いので、機会があったら
行ってみようと思います。

夏はカレーがおいしいですね。

投稿: てぃー | 2005.07.27 02:21

nikko81です。

おー、品川シーサイドですか。
東京ビックサイトに行くことはよくあるので、
その帰りにでも寄ってみますか。

新宿も近いですから、そちらにするかもしれませんが。

とになく、万博の味と比べてみたいですね!

投稿: nikko81 | 2005.07.28 01:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/5139043

この記事へのトラックバック一覧です: 中身が濃い万博レポ第1弾・3日目。:

» 万博リポート「日立」「長久手日本館」 [soramove]
「長久手日本館」4回目 夏休みバージョンが始まっている 日本館。 球体のスクリーンに包まれるように アフリカの大地を賭け巡り、 いつの間にか卵の殻に包まれ そして生まれ、 画像と一緒に疾走する感じが心地良い。 ラストは宇宙の中の青い地球を見上げて そ...... [続きを読む]

受信: 2005.08.14 22:33

« もう腹いっぱいだって。年は。 | トップページ | 近江に名城あり。 »