« 手軽に食べれるのは、いいけれど。 | トップページ | まだまだ、城。 »

潮の香る城々。

また行ってきました。週末の飛行機の旅。

今回は、瀬戸内の城を見て回る。
2日間で5城。かなり疲れた。

岡山に入り、高松から帰京。
岡山城→福山城→今治城→丸亀城→高松城、
と見尽くしてきやした。

わけあって、まず高松城・今治城から。

■海水を掘にひいた水城~その1・高松城

この二つの城の共通点は、「水城」であること。
日本三大水城、というと
「高松城」「今治城」「中津城」を言うらしい。

中津城は大分だが、今回訪れた高松・今治両城は、
それぞれ香川県・愛媛県であり、どちらも四国。
その他、海沿いにあるという意味では、
仙台伊達家の宇和島城も、
水城といっていいのかもしれない。

とにかく九州・四国は水際の城が多いのだ。

というわけで、高松城から。
別名を玉藻城という高松城は、
かの謀略に長けた黒田如水の設計。

この写真だけ見ると、石垣の周りの堀にしか見えないが、
今、陸地になっている部分は、
すべて江戸時代にはなく、埋め立ててできたもの。
往時には、海に囲まれていたわけだ。

takamatu_yagura

この月見櫓の脇の門は、舟から直接
出入りできるようになっていたらしく、
もし現代に残っていたなら、
日本のヴェネツィアのような、
風景をみることができたであろうに。

kaisui

当時は、どのような仕組みで
あったのかはわからないらしいが、
今ではこのような海水導入門から、
海水を引き入れている。

このような珍しい仕組みを持った
高松城だが、残念ながら天守閣は
明治時代に取り壊されている。

老朽化のためというが、
どうも明治時代というのは、
古きを捨てて新しさへ、という流れの中で
古城がずいぶんと手荒に扱われた。
ホント、もったいない。

ushitora

とはいえ、この艮櫓(うしとらやぐら)からある程度、
往時の天守閣の姿が想像できる。

kotoden_ushitora

そばを通る琴電(ことでん)と。
現代的な電車と城郭、というのも
なかなか悪くない組み合わせだ。

ちなみに、高松市のマンホールは、
源平合戦の屋島の戦いで、
那須与一が扇を射るところ。
屋島は、高松市街からすぐだ。

takamatu_color_nasu

天守はないものの、
なかなか見ごたえのある城郭だ。

■海水を掘にひいた水城~その2・今治城

高松城が、謀略の士・黒田如水の作なら、
今治城は、築城の名手・藤堂高虎の作。

天守閣はあったらしいが、
のちに丹波亀山城に移築され、
長く天守閣がなかった。

その天守閣は、層塔型という後の
大坂城や名古屋城のような大城郭につながる、
近代城郭の走りとなったそうだ。

takatora_imabarijo

藤堂高虎像と今治城天守閣。
とは言うものの、全体はとても
こじんまりとした感じ。
ただ、シンプルでスリムなデザインは、なかなかいい。

高松城のように、海から直接行き来できる
仕組みはなかったようだが、
堀からの距離が近いためか、堀の海水から
潮の香りが漂ってきて、水城であることを
感じさせてくれた。

ちなみに港町ならでは、ということで、
今治市のマンホールは、船。
なんか、宝船にみえるな。

imabari_manhall

ということで、次は丸亀城と福山城。

|

« 手軽に食べれるのは、いいけれど。 | トップページ | まだまだ、城。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

おっはよ(^^)

5城っすか!お疲れ様です。
後で、じっくりと読ませて頂きますぅ~。

#結構、何処もマンホール凝ってるのね。

投稿: Suggy | 2005.06.14 08:17

nikko81です。

ぜひ、岡山城の項をご覧ください。
わたしとしては、岡山城がNo.1と思っとります。

投稿: nikko81 | 2005.06.15 02:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 潮の香る城々。:

» 今週のマンホール [Diario]
三重県木曽岬町・旧長島町・青森県弘前市・山口県防府市・東京都多摩市・神奈川県相模原市・兵庫県西宮市・愛知県西尾市・奈良県奈良市・香川県高松市・愛媛県今治市・長野県東御市・神奈川県大和市・岡山県岡山市か...... [続きを読む]

受信: 2005.06.20 14:04

« 手軽に食べれるのは、いいけれど。 | トップページ | まだまだ、城。 »