« おっ?うちはカラーじゃない? | トップページ | ゆっくりやすんで。 »

春爛漫・京都

木曜の大阪出張の後、
1日休みを入れ、3連休。
絶好の花見日和、ということで、
京都に足を伸ばした。

まず行った先は、京都御所
ちょうど、春の特別公開が実施され、
禁裏の中を見ることができるのだ。

さすが御所。
瓦の至る所に、菊の御紋が!

gosho1

さらに少し行くと、新御車寄(しん・みくるまよせ)。
玄関に当たるところだが、
大正時代に新しく作られただけあって、
金がちりばめられ、とても豪華な状態で
保存されている。

shinmikurumayose

さらに、天皇家の正式な儀式が執り行われてきた
正殿・紫宸殿(ししんでん)。

sisinden

奥のほうには、天皇が座る玉座も見えた。
派手なことはないが、
とても、荘厳な感じがする。
かしこまっちゃう感じ。

その他、清涼殿(平安時代の天皇の住まい)や
常御殿(室町時代以降の住まい)も拝見。

その後、出口の清所門前の桜が見事。
桜の森という感じだったよ。

goshozakura1

goshozakura3

さて、この後昼食のために、
鴨川を渡り、京都大学へ。

は?と思われるであろうが、
京都・哲学の道案内」さんで紹介されていた、
カンフォーラ」で食べようと思ったからだ。

途中、百万遍の交差点で、石垣cafeなるものを発見。
どうやら、京大の石垣を撤去する話が
持ち上がり、これに反対する京大生が、
石垣の上に、資材を持ち寄って、
cafeを作って抗議しているんだそうだ。
24時間体制で、コーヒー1杯50円。

ishigakicafe

そばには、「石垣宣言」なるものを立て、
京大生の主張をしている。

isigakisengen

とりあえず、撤去は免れそうだが、
これからどうなることか。

石垣がなくなるのは、確かに京大の風景が
一変してしまうからなぁ。
このままであってほしいとは思うが、
あえて突っ込ませてもらうと。

新世代メディアというのもまぁ、
そういえなくはないだろうけど、
「キャンパスアメニティ計画」をボロカスに
いうのはどうなんだろうね?

石垣撤去がそれの一環だってことだけでしょう?
計画全体を批判する論拠が見当たらないぞー。
スクラップ・アンド・ビルドとまで言うなら、
ちゃんと知らない人にも納得させる説明がないとね。

こんな人もいるしさ。
sansei

まー、いいや。
これを通り過ぎ、京大正門に入って左脇。
さっきの京大生が「スクラップ・アンド・ビルド」
と言い放っている中に入るであろう、
レストラン「カンフォーラ」へ。

びっくりするが、大学の構内に
あるレストランだけど、
そんな「学生感」がしないところ。

なかなか雰囲気はいいし、とにかく安い。
いまどきこんな値段じゃ、ランチ食べられないよ。

menu

でも、食後につけたコーヒーのオーダーが
通っていなくて、閉店まで出てこなかった。
京大にあるのに、そんないい加減な対応は
ぜひ改善してほしい。

さて、そのあとは「京都大学百周年時計台記念館」へ。

取り壊されるようなウワサも聞いた
時計台だけども、法学部・経済学部の教室から
記念館へと生まれ変わった。

残念ながら、京大ショップは閉店していたが、
兄弟の歴史の展示コーナーは、興味深く見れた。
昔は、入学する際に壇上に上がって
学部長の前で、宣誓書にサインしていたんだってさ。

ほかにも、となりの総合人間学部のキャンパスには、
ローソンが入っていたりと、
ちょっとまえの「国立大学=校舎が古くてしょぼい」が
成り立たないみたいだ。
うわーん、俺が知ってる京大はこんなんじゃなーい(笑)
# 一応、言っとくと卒業生ではないですけどね。

でも、これは往時の京大をしのばせるものだね…
ってこれかーい(笑)
# リンク先は同じものが気になった「Diario」のmicioさんとこです。

orita

さて、京大を後にして向かったのは、哲学の道。
銀閣寺前から若王子神社まで伸びている。
京都・哲学の道案内」さんで、ずーっと
定点観測をされていて、ちょうど行くころに
満開になっているということで、行ってみた。

時間的にも、人が少なくなる
6時ちょっと前に到着。
それでも、ちょっと人が多かったけど。

やっぱり人が集まるわけだ。
ここも最高でした。きれい過ぎる…

tetugaku1

tetugaku2

ちなみに、桜の木の幹に直接くっついている
なかなかレアな桜の花を見つけたり!

tetugaku3

桜じゃないけど、京の夕暮れ。
これもきれい。

tetugaku6

このあと、哲学の道を歩きとおし、
南禅寺を通り過ぎて、地下鉄の蹴上駅から帰宅。
南禅寺を出てすぐの夜桜を撮ってみました。

nanzen2

keage

このあと、京都駅でほんとにほんとに
飲みたかった「京かおり」をゲット!
# てぃー隊長、ついにゲットしたであります!

ミネラルウォーターと粉末抹茶に
分かれていて、キャップを開けると、
中の粉末が落ちて、振って混ぜて、
出来立てのお抹茶!というもの。珍しいっしょ。

kyoukaori

お味は純粋な抹茶ですな。甘くはありません。
ただ、ペットボトルでは緑茶全盛なんで、
抹茶が飲みたいときにいいですな。
見た目も目を引いて、注目されること間違いなし。

というわけで、長い記事…お読みいただいた方、
ありがとうございます。
京都より、春爛漫をお届けしました!

|

« おっ?うちはカラーじゃない? | トップページ | ゆっくりやすんで。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

本当にいい季節の京都訪問ですね。

春の桜、夏の新緑、秋の紅葉、冬の雪景色と
何度行っても飽きない美しさがある場所ですし。

そして、ついに京かおりに出会えてよかった!

コンビニで入手できた頃は、色々な人に差し上げて
その仕組みの面白さと抹茶の味を堪能しました。

投稿: てぃー | 2005.04.10 18:10

こんにちは!
記事中で紹介して下さって有難うございます!嬉しいです\(^o^)/
カンフォーラにも行かれたみたいですね♪
哲学の道はピーク時は6時過ぎでも人がいらっしゃいますが、夜11時頃でもかなりの人だったりして大人気なのだなあとびっくりしてます。哲学の道の桜&夕日が美しいです♪
それではまた~

投稿: ilikewalking | 2005.04.11 13:21

あっ。折田先生と石垣カフェ...^^;
週末の京都の桜はホントにキレイでしたね〜。
御所公開されてたんですね。
哲学の道も行きたかった...orz
nikko81さんの写真で堪能させて頂きます!

京大、ホントにキレイになりましたよね。
一昔前は○○室にかべちょろ君がいたりしたのにな〜。
折田先生(?)も居心地悪そうでした。あまりにキレイで。

投稿: micio | 2005.04.11 14:34

nikko81です。
皆さま、コメントありがとうございます。

●てぃーさま

京都は、何度行ってもいいものです。
大阪にいたころはもっとよく行きましたが、
東京に移ってからも、結構行っている気がします。

京かおり、はじめて体験したときは、
おぉーっと思いましたよ。
ドコモのおサイフケータイのCMくらいに(笑)
# 女の子が「ケータイで払ってるとこ、
# みたいっ?」っていうやつですね。

●ilikewalkingさま

またまたサイトを参考にさせていただきました。
ありがとうございました。
哲学の道の「桜&夕日」は、
ご案内いただいたとおり、
午後6時ちょっと前に、
着くようにしたことが幸いして、
撮れた写真です。

11時でも人がいたんですか。
まぁ、夜桜もいいものですが(笑)

●micioさま
キレイでしたねー、京都。
わたしは、洛西は行けなかったので、
micioさまの写真で、行った気になります(笑)

わたしの母校は、京大ではないのですが、
あこがれて何度も受験した経験があるため、
なんだか感慨深いものがあります。
受験したときの教室の汚さといったら…(苦笑)

投稿: nikko81 | 2005.04.12 01:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春爛漫・京都:

« おっ?うちはカラーじゃない? | トップページ | ゆっくりやすんで。 »