« 江戸城登城の巻その1 | トップページ | 最近、野球見なくなったが。。 »

江戸城登城の巻その2

●本丸探索コース(4/24)

大手門→富士見櫓→本丸跡→天守台→
汐見坂→平川門→大手門

さて、今度は城内の探索というわけで、
大手門から入城。

otemon2

振り返ると、丸の内のオフィスビルと江戸城の城門。
江戸の新旧の建造物が入り混じる
ちょっと不思議な光景。

building_edojo

この先には、同心たちの詰め所が三箇所
残されているが、いずれも徳川葵が刻み込まれている。

tokugawaaoi

ここから本丸までは、ちょっと坂道。
そこから天守台とは逆の隅のほうに、
天守閣の代わりとして使われたという
富士見櫓がちょっとだけ見える。

fujimiyagura

ただ、真後ろから見る格好になるので、
あまり見栄えはよくないけど。
きちんと見ようとすると、特別拝観を申し込んだり、
ちょっと手続きが面倒みたいだ。

ただ、天守の代わりに使われた
という割にはあまり大したことがないかなぁ、
というのが率直な印象。
むしろ、桜田二重櫓のほうが美しいような気がする。

さて、そこから踵を返して、
天守台のほうへ目をやると、
開けた広場が見える。これが、本丸跡。

oooku

ここに大奥もあったわけだ。
大奥という欲望が渦巻いたであろう場所が
こういうのどかな場所に変貌しているのも、
なんだか滑稽な気がするねぇ。

あたりは桜も咲いて。
ほのぼの空間であります。

yaezakura

広場の奥には、天守台。
なんでも江戸城天守閣は、家光が拡張したときの
天守閣だと、日本城郭史上最大だったそうな。

tenshudai

でも、天守台の規模からすると、
なんかそんな感じはしないんだけどなぁ。
大坂城でも名古屋城でも、こんな感じだったよ?
といいたくなる感じ。

でも、当時の天守閣が描かれている絵を見ると、
おそらく高くそびえるような、
そっち方向に巨大だったのかも。
しかも、なんか黒いじゃないですか。

tenshuzu

いーなー。なかなかかっこいいかもよ?
再建しないのかなぁ。
けっこう奮発して寄付するよ?だめかなぁ。
あ、作るなら絶対黒ね。

でも、この白か黒かというのは、傾向がきちんとあって、
こちらのページによれば、
織豊期(信長や秀吉のころ)の城郭は黒い天守閣、
江戸期に入ってからは、白い天守閣が主流になったらしく。

特に大坂城は、秀吉の建造した大坂城が黒く、
家康の建造した大坂城は白い、という傾向があるようだ。
こちらのページから)

家康は、秀吉のかけらをすべて破壊し、
秀吉の天守台の上に土を盛って、
別の場所に、天守閣を建造したというから、
秀吉のイメージのする城は絶対作らない、
ということなのかもしれない。

だったら、何で今の大坂城は白いんだ!
だれだ、白い大坂城を作ったのは!

まぁ、でもこちらのページで紹介されているような
城主の好みや金銭的な理由もあるみたいだ。

…ということはさておき、
という傾向に反して、江戸城は黒いのだ。

江戸城天守閣は、3期に分けて作られ、
当初は白かったようだが、
2期、3期目で作られた天守は黒いのだとか。

余談が長くなったが、とにかく再建しましょうよ、と。
いいと思うんだけどなぁ。

で、その天守は建造されてわずか19年後、
明暦の大火(振袖火事)で焼失。

天守台にも、おそらくそのときの
焼け跡だろう痕跡がある。

furusodekaji_ishigaki

かなりハデについていて、
火事のすごさが伝わってくる。

さて、平川門から出るために、
汐見坂から二の丸へ。

汐見坂近くの石垣が、
またアーティスティックな感じが興味深い。
改修工事のせいかも。

artistic_ishigaki

出口の(別に出口って決まったわけじゃないが)
平川門は、なかなか景色がいい。
いろいろ写真をとりたくなる場所が多い。

ということで、いくつかスナップを。

hirakawamon_1

hirakawamon_3

hirakawamon_5

ざっと、こんな感じです。
いやー、運動になりましたわ。
大坂城も広いと思ってたけど、
江戸城もなかなか広いっす。

でも、再建された天守閣があるだけ、
大坂城のほうがいいかな。
江戸城も再建されたら、わからないけど(笑)

|

« 江戸城登城の巻その1 | トップページ | 最近、野球見なくなったが。。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江戸城登城の巻その2:

« 江戸城登城の巻その1 | トップページ | 最近、野球見なくなったが。。 »