« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月

パソコンが起動できな〜い(T_T)

ただ今、パソコンが起動できませんので、
更新がケータイでしか、できません。

とりあえずは、データは助かっているようなので、
安心してます。

さっき、モバイル利用中に
急にブルーバック。

これ自体は、よくあることで
電源をブチッと切ったのだった。
(この時点でよくないんだけど)
しかしこんど、起動しなくなってしまった。

OSがみつかりまへ〜ん、と
言うとりますので、

 ・システムファイルの破損
 ・ハードディスクの物理エラー
 ・BIOSがダメ

のどれかかな、と。

外付けでは、きちんと認識し、
データも見えるので、
ハードディスク自体はOKっぽい。
なんかわかる方がいらっしゃれば、アドバイスください…

| | コメント (5) | トラックバック (0)

著作権ってなんなのさ…まったく。

スターバックスと新しいもの大好き」さんの記事から、
大学入試の赤本が、著作権侵害で訴えられているそうで。

なんだかなぁ。法律上はそうなんだろうけど、
なんか違和感を感じるなぁ。
この赤本で勉強する受験生には、
負担をかけないようにしてほしい。

734万円の損害賠償なんて起こすくらいなら、
それを受験生のためになるような還元をしろよ。
損害賠償だけ起こすなんて、
自分の金がほしいだけ、にしか見えない。
受験生に迷惑をかけていることが、わかっていない。

ここでも、ユーザ無視(ここでは受験生ね)の構図である。
コンテンツの著作権者と、コンテンツの提供者が
人のふんどしでもうけやがって、みたいな
そこのところだけにしか目が行っていない。どうしてよ?
で、なんでそんな争いのために、
受験生が割を食わないといけないんだ?

 |今春の受験生用の05年度版「赤本」では
 |掲載に承諾が得られなかった作家らの文章について
 |削除するなどの対応をとった。
 |このため、過去問題集としての価値が
 |損なわれてしまったものもあるという。

バカじゃねぇの、この作家は。
そのために、過去問題がなくて困るのは受験生だぞ?

なんで、実際に物を使う人のことがわからないんだよ。
あまりブログには、否定的なことを書きたくないんだけど、
受験には、人一倍思い入れがあるし、
そんな勝手なオトナの事情で、
受験勉強が邪魔されたら、と考えると
あまりにも腹が立ってきたので、思わず書いちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがとう~♪

近くの焼肉主体の定食屋でのこと。

普通、店員さんがオーダーを取って、
厨房に伝えるでしょ。

そのとき、このお店って、
「ありがとう~」って言うんだよね。

もちろん、これは客に対してではなく、
店員さん同士だからいいんだけど、
あちらこちらで、ありがとー、ありがとー、
って聞いちゃうんだよな。

でも、ありがとうって聞くのは、
悪い気がしない。
それだけで居心地がよかったりするもんだ。

けっして、店員さんが女の子
ばっかりだから、ではないよ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丼じゃなくてマグカップ

大分前の話になるが、
丼つきチキンラーメンてのが
あったんだが、
結局、手に入れられなかった…

だが!
ついさっき、会社近くのコンビニで、
ひよこちゃんマグカップつきの
チキンラーメンmini、
なるものがあった。

思わず買っちゃいましたがな。

P1060555


P.S.
ケータイで取った写真が
なんか変な場所で切れていたので、
アップロードしなおしました。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

沖縄帰りのドラ息子。

眞鍋チェック
沖縄から帰りの飛行機の中でのはなし。

っていうか、

|やはり片道二時間半は暇すぎるので、
|この記事を帰りの飛行機の中で書いています。

よく書いたね、これだけの量を。
たぶんケータイなんでしょ?

あ、でもケータイは飛行機の中で
電源入れちゃだめだしなぁ。

やっぱり、かをり嬢は、モバイルPC持参なのかな。

|では、オイラはここらでいったんマイPCを閉じ、

あ、下のほうに書いてあった。。
どんなPCをお使いなのかね。ちょと気になるよ。

まさかブログを書くために、PC持参!?
というのも、すごいね。
あんまりPC持ち歩く女性って、
周りにいないものですから。。

ま、それはいいとして、
うるさいガキんちょでイライラ、のご様子。

わたしも飛行機に乗る機会は多いけど、
あまりうるさい、ってことはなかったかなぁ。

|そもそも、こんな年齢からスーパーシートの味を
|覚えさせるというのもいかがなものかと思うが

逆に、「スーパーシート」だからこそ、
かもしれない。
金持ちの甘やかしの親が子供を乗せそうやん。

っていうか、「スーパーシートってことは
ANAですな。たまにはスーパーシートにしてみたひ。。

|そのうるさかった子供の父親ですが…

|胸に…

|議員バッジついてました…(TωT)

|なんだか立派なドラ息子に成長する予感…。

どこのどいつだよ。
息子の教育もろくにできないダメ議員は。
そんなやつに、えらそうに政治の話されたくないねっ。
まったく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

尼崎の脱線事故

会社で働いていると、
なかなかニュースをリアルで
知ることが少なくなるが、
今日の事故も、昼過ぎに知った。

実は、尼崎はなにかと自分にゆかりのあるところ。
親戚とか知り合いは大丈夫かなぁ、と心配だった。

でも、母親が明日に尼崎に行く予定だった、
ということで、あっぶないとこやん。

あの映像を見た後は、
ちょっと電車の先頭車両には
乗りたくない感じ。
あれは…腰抜かすよなぁ。

事故に遭われた方、本当にお気の毒。
お亡くなりになられた方の
ご冥福をお祈りするとともに、
まだ、続いている救出作業で、
閉じ込められている方が、
無事生還することを、切に願います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

最近、野球見なくなったが。。

眞鍋チェック。

タイトルにもあるとおり、
最近、野球を見なくなった。

古田会長の2000本安打も、
眞鍋ブログではじめて知る始末。

でも、古田会長のすばらしい人間性には
いつも感服するねぇ。
眞鍋嬢のコメントにもあるとおり、

 |ご自身やチームのことだけでなく、
 |野球界全体のことを考え、活動されてきた古田さんに
 |日本中が尊敬と感謝の念をこめて、声援を送ったのでしょうね。

というまさに、その謙虚さ。
感謝を忘れない気持ち、大切です。
# 自分もな(笑)

ブログの文章を読んでいても、
それがよく伝わるよ。関西人の誇りやね。

眞鍋嬢も

|さて、そろそろ次の記事書く気になってきたんで
|明日か明後日あたりアップしま~す

いつものテンションになってきそうだ。
また、濃いのを一発頼みますわ!

| | コメント (2) | トラックバック (3)

江戸城登城の巻その2

●本丸探索コース(4/24)

大手門→富士見櫓→本丸跡→天守台→
汐見坂→平川門→大手門

さて、今度は城内の探索というわけで、
大手門から入城。

otemon2

振り返ると、丸の内のオフィスビルと江戸城の城門。
江戸の新旧の建造物が入り混じる
ちょっと不思議な光景。

building_edojo

この先には、同心たちの詰め所が三箇所
残されているが、いずれも徳川葵が刻み込まれている。

tokugawaaoi

ここから本丸までは、ちょっと坂道。
そこから天守台とは逆の隅のほうに、
天守閣の代わりとして使われたという
富士見櫓がちょっとだけ見える。

fujimiyagura

ただ、真後ろから見る格好になるので、
あまり見栄えはよくないけど。
きちんと見ようとすると、特別拝観を申し込んだり、
ちょっと手続きが面倒みたいだ。

ただ、天守の代わりに使われた
という割にはあまり大したことがないかなぁ、
というのが率直な印象。
むしろ、桜田二重櫓のほうが美しいような気がする。

さて、そこから踵を返して、
天守台のほうへ目をやると、
開けた広場が見える。これが、本丸跡。

oooku

ここに大奥もあったわけだ。
大奥という欲望が渦巻いたであろう場所が
こういうのどかな場所に変貌しているのも、
なんだか滑稽な気がするねぇ。

あたりは桜も咲いて。
ほのぼの空間であります。

yaezakura

広場の奥には、天守台。
なんでも江戸城天守閣は、家光が拡張したときの
天守閣だと、日本城郭史上最大だったそうな。

tenshudai

でも、天守台の規模からすると、
なんかそんな感じはしないんだけどなぁ。
大坂城でも名古屋城でも、こんな感じだったよ?
といいたくなる感じ。

でも、当時の天守閣が描かれている絵を見ると、
おそらく高くそびえるような、
そっち方向に巨大だったのかも。
しかも、なんか黒いじゃないですか。

tenshuzu

いーなー。なかなかかっこいいかもよ?
再建しないのかなぁ。
けっこう奮発して寄付するよ?だめかなぁ。
あ、作るなら絶対黒ね。

でも、この白か黒かというのは、傾向がきちんとあって、
こちらのページによれば、
織豊期(信長や秀吉のころ)の城郭は黒い天守閣、
江戸期に入ってからは、白い天守閣が主流になったらしく。

特に大坂城は、秀吉の建造した大坂城が黒く、
家康の建造した大坂城は白い、という傾向があるようだ。
こちらのページから)

家康は、秀吉のかけらをすべて破壊し、
秀吉の天守台の上に土を盛って、
別の場所に、天守閣を建造したというから、
秀吉のイメージのする城は絶対作らない、
ということなのかもしれない。

だったら、何で今の大坂城は白いんだ!
だれだ、白い大坂城を作ったのは!

まぁ、でもこちらのページで紹介されているような
城主の好みや金銭的な理由もあるみたいだ。

…ということはさておき、
という傾向に反して、江戸城は黒いのだ。

江戸城天守閣は、3期に分けて作られ、
当初は白かったようだが、
2期、3期目で作られた天守は黒いのだとか。

余談が長くなったが、とにかく再建しましょうよ、と。
いいと思うんだけどなぁ。

で、その天守は建造されてわずか19年後、
明暦の大火(振袖火事)で焼失。

天守台にも、おそらくそのときの
焼け跡だろう痕跡がある。

furusodekaji_ishigaki

かなりハデについていて、
火事のすごさが伝わってくる。

さて、平川門から出るために、
汐見坂から二の丸へ。

汐見坂近くの石垣が、
またアーティスティックな感じが興味深い。
改修工事のせいかも。

artistic_ishigaki

出口の(別に出口って決まったわけじゃないが)
平川門は、なかなか景色がいい。
いろいろ写真をとりたくなる場所が多い。

ということで、いくつかスナップを。

hirakawamon_1

hirakawamon_3

hirakawamon_5

ざっと、こんな感じです。
いやー、運動になりましたわ。
大坂城も広いと思ってたけど、
江戸城もなかなか広いっす。

でも、再建された天守閣があるだけ、
大坂城のほうがいいかな。
江戸城も再建されたら、わからないけど(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸城登城の巻その1

最近、城をよく見に行ってるなぁ
ということで、意識して城を見に行くことに。

そう、近くにあるのに、
見に行っていなかった巨大城郭。江戸城だ。

皇居、じゃなくって、江戸城ね。
だから、二重橋とか出てきません。あしからず(笑)

現在、皇居になっているのは、西の丸。
本丸・二の丸は、皇居東御苑となっていて、
一般公開されている。

さらに、皇居前広場からは、
桜田門、桔梗門、桜田二重櫓が見れる。

さすが、徳川将軍の居城。広いわ。
ということで、2日に分けて行ってまいりました。
# いや、これだけじゃなくて、ほかにも用事あるからさ。

●江戸城内堀一周コース(4/23)

大手門→桜田二重櫓→桔梗門→坂下門→桜田門→
半蔵門→乾門→北桔橋門→平川門→大手門

まずは、正面玄関・大手門。
これは次の日に、大手門から登城するので、
この日はスルー。

皇居前広場のほうへ向かうと、
桜田二重櫓が見える。

yagura

なかなか見栄えはよいが、
かなり名古屋城との共通点が目に付く。
下がその名古屋城なんだけど。

nagoya

というのが、なんと言っていいのかわかんないけど、
こう三角の部分があるでしょ。これが、緑なんだよね。
名古屋城もまさにそう。
こういうデザインが、徳川流なのかね。

桜田二重櫓の奥に見えるのが、桔梗門。
普段は入れません。

kikyomon

ここを左に曲がって、坂下門。
残念ながら写真はなし。
いい写真がないんだよなぁ。。

さてその後は、普段なら二重橋。
でも、目的は江戸城散策なので、二重橋はパス。
その代わり、奥に見える伏見櫓を。
一度、関東大震災で倒壊しているらしい。

fusimiyagura

この伏見櫓は、特別なときしか
間近で見られないようで…。

さて、このあとは、桜田門。
なかなか立派な門だ。

sakuradamon1

特に石垣が、なかなかいい味を出してるぞ。

sakuradamon2

でも、瓦には菊の御門が…作り直したんかね。

sakuradamon3

さて、ここからが長い道のり。
まず坂を上って出てくるのが、半蔵門。
そう、由来は忍者の服部半蔵。

hanzoumon

閉ざされて入れないし、ちょっと寂しげ。
でも、そんなところが忍びの半蔵らしいのかも。

彼自身は忍びではなく、
忍びのものを取りまとめた人だった、
という話もあるんだが。

ここを過ぎると、桜の名所、
千鳥が淵の手前にやってくる。
もう終盤だが、八重桜がきれい。

chidorigafuchi1

また、天気が穏やかだったためか
お堀に石垣が映って、これまたきれいだぞ、と。

chidorigafuchi3

ここを代官町通りの方へ切り返し、乾門へ。
やはり、この建物も緑っぽいのだが、
黒と緑、という感じの屋根である。

inuimon

そのすぐ先には、北桔橋門(きたはねばしもん)。
本来ならここから、天守台へ行けるのだが、
この日はタイムアップ。
中に入れるのは、16時までなのだ。

kitahanebashimon2

というわけで、平川門を眺めつつ
また大手門前に戻ってきた。

江戸城一周だけでも、かなり歩く。
走りに自信がないnikko81は、
とてもジョギングする自身はありません(爆)

というわけで、日曜日の本丸探索コースへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初めてみた〜、talby人。

今、電車の中なんだけど、
となりの女の子がtalby使いだ!
カラーはオレンジ。
ストラップもオレンジだな。

発売されてからけっこう経つけど、
使ってる女性みたのは、
初めてですたい。

使うひとが使うと、
スタイリッシュ度120%だねー。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ミームプロジェクト。

ケータイでブログを読んでいて、
偶然見つけた、こちらのブログから。

どうやら、「愛・地球博」で
ミームのイベント、世界ミーム博覧会があるみたい。

ミーム関係で最後に読んだ本の作者、
スーザンブラックモアも来日するようで。
# って、一般ウケしないネタだよなぁ…(苦笑)

ミームっていうのは、こちらでも書いたけど、
つまりは、人々に受け入れられやすい
考え方やアイデア(これを遺伝子(ジーン)に対し、ミームという)は、
正しいかまちがってるかは関係なく、
いかに人に受け入れられやすいか?
が基準となって広まっていく、というものだ。

はじめは、進化論や遺伝子が面白かったから、
いろいろ読んでいたんだけど、
この「ミーム」の考え方は、すごく身近なところで
活用できそうな気がして。

普段生活しているときも、ビジネスの上でも、
誰かにこう思ってほしい、とか
こうなってほしいとか、そう思うことあるでしょう?

だったら、多くの人に受け入れやすい特徴を
知っておけば、なにか生活にプラスになる気がするわけさ。

大きなレベルでは、

|これまで培われてきた文化や流儀はいったい
|どのような仕掛けで生き残ってきたのか

であったり、

|未来設計としての文化マネジメントの可能性

という話までなっちゃうんだろうけどねぇ。

というわけで、イベントの詳細はこちら

金曜日かぁ。
どうだろう、休み入れられるかなぁ。うーん。

| | コメント (6) | トラックバック (2)

スタパブログ始動。

週刊アスキーとか読んでると
よく見かけるスタパ斎藤氏。

物欲番長との異名通り、
いろんなデジタルものを買ってきては、
レポートをしているが、
ここにきて、スタパブログをスタート
させるようだ、という記事。

大阪てきとー日記さんから。

早速、こないだ発表された東芝リブレットに
ついて、早くもコメントを出しているようだが…

以前、TC1100も使っていたからなぁ。
スタパ氏なら、東芝のコンシューマ向けタブレットPC
をどのように批評するのか、読んでみたいねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「道」

michi

久しぶりのお習字。

ここのところ、どうにも落ち着かない。
もうすぐ仕事環境が激変しそうだからだ。

その決定プロセスには、納得できないことも多いし、
自分の持っているキャリアプランに合うかどうか
それも、まだわからない。

本当なら、自分が如何したいか、
どうなりたいかをイメージして、
生きてきたはずなのだが…

今までの状態が、心地よかったことをいいことに、
ちょっと現を抜かしていたのもしれない。

そう考えると、いい機会だ。

わが道は、いかにあるべきか。
しばらくは、悩むことになるだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カバラ数秘術

ひさしぶりだけど、性格占いなんてやってみた。
ソースは、てぃーさんとこの
東京+SOHO+すたいる」経由「カバラ数秘術」で。

  ◆長所
包容力、奉仕、同情、自己犠牲的、情緒的、正義感、博識、敏感、芸術的

まぁ、どちらかというと尽くすほうだからねぇ。
当たっているほうかな。

  ◆短所
複雑、分裂的、利己主義、虚栄心、強情、感傷的、不安定

利己主義かなぁ。虚栄心もどうかね。

  ◆備考
神秘的で個性豊かである。

神秘的!?(笑)

  ◆あなたの印象
男性的でたくましい。リーダーの才能がある。哲学、物理学などに向く。

うそーん。リーダーなんて務まるのかなぁ。。
物理は高校のときにもっとも
不得意な科目でしたが、何か?(笑)

  あなたの2つの願望
  ◆外面的願望(子音数 7)
  価値のあるものを創造したい、精神的愛を広めたい
◆内面的願望(母音数 3)
好きなことをしたい、自由でありたい、陽気になりたい

チョット抽象的だけど、ある意味当たってるかな。
今その能力があるかどうかは別にして、
クリエイティブな能力にあこがれるもんなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

目になみだ??

今週の週刊アスキーの表紙は、
本上まなみさん。やった♪

でも、一目みると、
なみだを浮かべてるようにも…

ちょっと瞳が輝きすぎ?

ともかく、TEPCOひかりにも出てくるし、
いろんなところでほんじょさんを
見れて、うれしい限りだ(笑)

P1060369

| | コメント (4) | トラックバック (0)

サイヤ人かをり。

眞鍋チェック

楽屋で大ジャンプで元気をつけるかをり嬢。

|死の淵を乗り越えるとさらに強くなる習性をもつ
|オラ、サイヤ人。

そんな習性を身につけたい。。
サイヤ人になりたい。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まさにfunny 一時 serious のち interesting。

眞鍋チェック

かをり城…じゃなかった、
(こらっ、いくら前の記事が城ネタだったからって)
かをり嬢もなかなか情緒不安定でありやんすな。

まっとうに仕事をしていれば、
まぁ、つらいこともあるもんで、
投稿どころじゃない、ということもあるもの。

自分はこういうこと「だけ」を
ブログで書くつもりはないけど、
ブログなんて、人に害を与えなければ、
原則的には、書く内容は何だっていいわけだから
とりあえずつらいです、というようなことを
ブログに書いたって、別にかまわない。

ただ

|こういうことをタレントとして公に
|書いていいものかと少し悩むところだが、

というのは、確かにあるんだろうな。
われわれより気を使うんだろうねー。

でも、

|ここはブログの世界なのであって、
|「本音書かんでどうすんねん!」とも思うわけですよ。

というところが、このブログへ
みんなが見に行く理由なんだろうな。
昔の芸能人は、それこそ「イメージ通り」の
立ち振る舞いを要求されたのかも知れないが、
今は、そうじゃない。

そのひと、そのままがみたい。

で、記事の途中まで読んでると、
「だいじょぶかな」てなテンションだったみたいだけど、
ひとにやさしいことばをかけられるくらいなら、
もう精神の景気はよくなってきたようだね。

さてさて、かく言うこちらも余裕ナシ。
おそらくごくごく近い将来に、

|同じ局面はずっとは続かないですし、
|初めてのことなんて数年は
|できないことの方が多くて当たり前です。
|毎日が地獄のようでも、意味のない日々に思えても
|とにかくやるべきことをこなして、
|もがいたり耐えたりしているうちに
|無意識のうちに思わぬ引き出しが増えていくものです。
|そのときの自分はゼッタイに
|今の自分とは別人のはずです。

ということばで、癒されるであろう局面に
来そうでソワソワ…であります。
うぅ…やだなぁ。

でも、どんなことでも楽しいことがあったり、
つらいことで苦しんだり、そんなことを通り越してこそ、
単に楽しいだけではなく、つらいだけでもない
充実感というごほうびがあるはず。

実は、このブログのタイトルも
そんなことを狙ったものなんだよね、実は。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

城郭コレクション

よく考えると、お城をよく見に行っているので、
まとめて写真集にしてみました。

こちらからどうぞ。

2001年以前は、デジカメがないので、
デジタルデータで残ってないんだよな。。。

彦根城、姫路城、和歌山城、
二条城、伏見桃山城など
関西の名城の写真がないんだよねぇ。
残念なり。

でも、関西でも行ったことのない城って多いもんだねぇ。
長浜城、赤穂城、岸和田城とか。

関東地方では…そうそう。
江戸城見てないね。
城郭ってことを忘れてた(笑)

個人的には、漆黒の熊本城と
白銀の金沢城がお気に入り。
ここの写真にはないけど、
熊本城と同じ漆黒の岡山城も美麗ですな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

TabletPCでデッサンのお勉強。

最近、忙しくて。。。
生活環境がごろっと変わりそう、
ということで、この土日は大掃除、
というかいらないものをどっさり捨てた。

意外と業者呼んで捨てると、高くつくんだな。
この「捨てられない」性格を何とかしないと…

という生活のグチはいいとして、
お題の内容へ。

TabletPCを使ってデッサンの勉強をするようだ、
というITMediaの記事。うーん、気になるなぁ。
でも、デッサンを勉強したいわけではないからな。

でも、こうやっていろんなところで
採用が進んでくることが、
TabletPC普及の近道なんだろうな。

どうしようかな。無料体験でも申し込もうか…
でも15人…少なっ(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

光ファイバーにしたけど。。。

なんだか調子が悪い。

niftyとInfoseekにどうしてもつながらないし、
スピードもなんだかADSLより落ちたような気がする。。

こまったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆっくりやすんで。

眞鍋チェック

疲れてるんやね。
やすみな、やすみな。

短い文章でも、更新があると
うれしいけどさ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春爛漫・京都

木曜の大阪出張の後、
1日休みを入れ、3連休。
絶好の花見日和、ということで、
京都に足を伸ばした。

まず行った先は、京都御所
ちょうど、春の特別公開が実施され、
禁裏の中を見ることができるのだ。

さすが御所。
瓦の至る所に、菊の御紋が!

gosho1

さらに少し行くと、新御車寄(しん・みくるまよせ)。
玄関に当たるところだが、
大正時代に新しく作られただけあって、
金がちりばめられ、とても豪華な状態で
保存されている。

shinmikurumayose

さらに、天皇家の正式な儀式が執り行われてきた
正殿・紫宸殿(ししんでん)。

sisinden

奥のほうには、天皇が座る玉座も見えた。
派手なことはないが、
とても、荘厳な感じがする。
かしこまっちゃう感じ。

その他、清涼殿(平安時代の天皇の住まい)や
常御殿(室町時代以降の住まい)も拝見。

その後、出口の清所門前の桜が見事。
桜の森という感じだったよ。

goshozakura1

goshozakura3

さて、この後昼食のために、
鴨川を渡り、京都大学へ。

は?と思われるであろうが、
京都・哲学の道案内」さんで紹介されていた、
カンフォーラ」で食べようと思ったからだ。

途中、百万遍の交差点で、石垣cafeなるものを発見。
どうやら、京大の石垣を撤去する話が
持ち上がり、これに反対する京大生が、
石垣の上に、資材を持ち寄って、
cafeを作って抗議しているんだそうだ。
24時間体制で、コーヒー1杯50円。

ishigakicafe

そばには、「石垣宣言」なるものを立て、
京大生の主張をしている。

isigakisengen

とりあえず、撤去は免れそうだが、
これからどうなることか。

石垣がなくなるのは、確かに京大の風景が
一変してしまうからなぁ。
このままであってほしいとは思うが、
あえて突っ込ませてもらうと。

新世代メディアというのもまぁ、
そういえなくはないだろうけど、
「キャンパスアメニティ計画」をボロカスに
いうのはどうなんだろうね?

石垣撤去がそれの一環だってことだけでしょう?
計画全体を批判する論拠が見当たらないぞー。
スクラップ・アンド・ビルドとまで言うなら、
ちゃんと知らない人にも納得させる説明がないとね。

こんな人もいるしさ。
sansei

まー、いいや。
これを通り過ぎ、京大正門に入って左脇。
さっきの京大生が「スクラップ・アンド・ビルド」
と言い放っている中に入るであろう、
レストラン「カンフォーラ」へ。

びっくりするが、大学の構内に
あるレストランだけど、
そんな「学生感」がしないところ。

なかなか雰囲気はいいし、とにかく安い。
いまどきこんな値段じゃ、ランチ食べられないよ。

menu

でも、食後につけたコーヒーのオーダーが
通っていなくて、閉店まで出てこなかった。
京大にあるのに、そんないい加減な対応は
ぜひ改善してほしい。

さて、そのあとは「京都大学百周年時計台記念館」へ。

取り壊されるようなウワサも聞いた
時計台だけども、法学部・経済学部の教室から
記念館へと生まれ変わった。

残念ながら、京大ショップは閉店していたが、
兄弟の歴史の展示コーナーは、興味深く見れた。
昔は、入学する際に壇上に上がって
学部長の前で、宣誓書にサインしていたんだってさ。

ほかにも、となりの総合人間学部のキャンパスには、
ローソンが入っていたりと、
ちょっとまえの「国立大学=校舎が古くてしょぼい」が
成り立たないみたいだ。
うわーん、俺が知ってる京大はこんなんじゃなーい(笑)
# 一応、言っとくと卒業生ではないですけどね。

でも、これは往時の京大をしのばせるものだね…
ってこれかーい(笑)
# リンク先は同じものが気になった「Diario」のmicioさんとこです。

orita

さて、京大を後にして向かったのは、哲学の道。
銀閣寺前から若王子神社まで伸びている。
京都・哲学の道案内」さんで、ずーっと
定点観測をされていて、ちょうど行くころに
満開になっているということで、行ってみた。

時間的にも、人が少なくなる
6時ちょっと前に到着。
それでも、ちょっと人が多かったけど。

やっぱり人が集まるわけだ。
ここも最高でした。きれい過ぎる…

tetugaku1

tetugaku2

ちなみに、桜の木の幹に直接くっついている
なかなかレアな桜の花を見つけたり!

tetugaku3

桜じゃないけど、京の夕暮れ。
これもきれい。

tetugaku6

このあと、哲学の道を歩きとおし、
南禅寺を通り過ぎて、地下鉄の蹴上駅から帰宅。
南禅寺を出てすぐの夜桜を撮ってみました。

nanzen2

keage

このあと、京都駅でほんとにほんとに
飲みたかった「京かおり」をゲット!
# てぃー隊長、ついにゲットしたであります!

ミネラルウォーターと粉末抹茶に
分かれていて、キャップを開けると、
中の粉末が落ちて、振って混ぜて、
出来立てのお抹茶!というもの。珍しいっしょ。

kyoukaori

お味は純粋な抹茶ですな。甘くはありません。
ただ、ペットボトルでは緑茶全盛なんで、
抹茶が飲みたいときにいいですな。
見た目も目を引いて、注目されること間違いなし。

というわけで、長い記事…お読みいただいた方、
ありがとうございます。
京都より、春爛漫をお届けしました!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

おっ?うちはカラーじゃない?

いつもお世話になっている
micioさんところの「Diario」経由で
見つけた大阪市のマンホール集。
440gamonさん、「マンホールの面々」より。

いつも、micioさんところで、
いろんなマンホールを見させて
いただいているので、
たまには、撮ってみようかな…と。

今、大阪の実家にいるので、
大阪城のマンホールでも…ってあれ?
カラーじゃないぞ!

…くっそう、なんでやねん。

osakajo_manhall

| | コメント (2) | トラックバック (0)

平和への祈りと科学技術の幸福な関係。

タイトルがちょっとパクリなんだけど…
もとネタわかるかな(笑)

ちょっと忙しかったので、
ぜんぜん更新できなかったが、
その間に、ローマ法王(教皇)、
ヨハネ・パウロ2世が逝去した。

ニュースなどを見ていると、
特に他宗教との対話を重視した人だったそうだ。

これからの世界平和には、
他宗教との対話は絶対に欠かせない。
他宗教との共存に心血を注いだ
ヨハネ・パウロ2世は、キリスト教だけではなく、
世界平和のリーダーであったのかもしれない。

次の法王はまだ未定のようだが、
この偉大な宗教者の思想を受け継いで
いただきたいものだ。

で、その法王だが、ITMediaに興味深い記事が。

法王自身、インターネットや
その他のメディアの重要性を指摘し、
これらを用いてメッセージを伝えることを
躊躇してはならない、と語っていたそうだ。

そして、法王の死去の知らせも、
ネットを通じてジャーナリストに知らされ、
世界中のテレビ視聴者が、
法王庁のあるサンピエトロ広場に集まった
信徒より早く、法王の訃報を知ることとなった、らしい。

先進性をも持ち合わせた
ヨハネ・パウロ2世は、いわゆる伝統に固執せず、
カトリックの信仰と世界平和の実現を常に願い、
そのためであるなら、
新しいテクノロジーも活用すべき、
という考えだったのだろう。

まっとうな宗教者であることと、
新しい技術や科学の知見に
柔軟であることは、完全に両立可能であることを
示した偉大な宗教者なのだと、
法王の逝去を機に知ることとなった。

Diarioのmicioさんの記事にあった
法王の言葉。

「過去を振り返ることは、将来に対する責任を担うこと」

…座右の銘に加えよう。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

杜の都・仙台その2

うー、だいぶん時間が経ってしまったが
仙台の二日目(4/3)の話題を。

まず向かったのが、仙台城。
あまり有名ではないが、
奥州王・伊達政宗の築城した城だ。

家康に遠慮したともいわれるが、
もともと天守閣がないこともあって、
あまり有名ではないのかもしれない。

その仙台城の堀の近くに
日本フィギュアスケート発祥の地、
という碑があった。

figure_skating

明治後期にこのあたりでアメリカ人
ディブソンが子供たちに教えたのが、
始まりだとか。

今注目されているフィギュアスケートが
ここ仙台発祥とは、初めて知ったよ。

そこを通り過ぎると、大手門跡。
そばに隅櫓が復元されている。
仙台城に存在する城郭建築だ。

sendaijo_sumiyagura

ちなみに、ここからすぐの
二の丸跡は、東北大学のキャンパスになっていた。
ちょっと通うのにはしんどそう(笑)

しかし、本丸へ向かうのはさらにしんどい。
青葉山の上にあるため、
かなり坂道を登らなくてはいけない。
最近特に、運動不足ぎみな人間には厳しい。

途中で見た、仙台城城壁は圧巻。
ヨーロッパや中国の城壁を思わせるような
迫力があった。

jouheki

ちなみに雪もちょっと残ってた。
さすがは東北地方。

やっと仙台城本丸に着いたと思うと、
そこは、宮城県護国神社。
軍艦マーチがなっていたり、
かなり戦前的な感じがしたんだけど…

どうやら、明治期以降、
仙台は軍都として栄えたようで、
仙台城址も軍部が接収していたようだ。
だから、軍艦マーチが流れていたのか。

あまり伊達色が強くなかったが、
まず目に付くのが、伊達政宗銅像。

masamune

有名な話だが、政宗は幼いころに
疱瘡の毒で右目を失明した。
これを生涯苦にしていたようで、
木像や画像は、両眼備わった様子で
描かれている。

この銅像も同様で、きちんと
両眼備わっている。

no_dokugan

さて、そのあとは「青葉城資料展示館」。
青葉城とは、仙台城の俗称である。

ここでは、仙台城の在りし日の全貌を
コンピュータグラフィックスで見ることができる。

気になったのが、本丸御殿。
模型もあったので、その写真でもわかるのだが、
やたらと天皇家の菊の御紋が目立つのだ。

honmaeugoten

どうやら、この本丸御殿には、
天皇や将軍を迎える間があったそうで、
なんか政宗の意図があったのか…
今、この地に宮城県護国神社が建っているのも、
偶然ではない気がしてくる。

あと、気になった展示は
凹みのある鎧(具足)だ。

gusoku

これは、実弾を至近距離から発射して、
実際の戦場で銃弾を受けても、
貫通しない強度があるか、
テストをしたらしいのだ。

資料館では、家臣の生命を尊ぶ
政宗の一面として紹介していた。

あと政宗の作った和歌や銘文に書かれている
仙台の永遠の繁栄を祈りを紹介し、
伊達政宗は、一般的なイメージと違い、
単なる猛将ではなく、大いなる平和主義者であった
という紹介をしている。

…まぁ、そういう面もあるかな。
でもむしろ、伊達政宗と言えば、猛将とか平和主義者
といった戦争か平和か、みたいな側面よりも、
進取の気性にあふれた人物、というイメージがある。

慶長遣欧使節の派遣してみたり、、
独特のファッションセンスをもっていたり、
派手好きで、人を驚かせることが好きそうなイメージ。

今で言えば、日ハムの新庄選手のような
人間だったのではないかと思うんだよな。

まぁ、それはいいとして、牛タンを食べてから、
次は、青葉山を降り、仙台市博物館へ。

一番面白かったのは、彼の書いた手紙だ。

正直な話、博物館で歴史的な資料を
見るのは好きなのだが、
手紙の類はあまりしっかりは見てこなかった。

それは、歴史的には貴重な資料かもしれないが、
政治的な話が書かれてある手紙とか、
見てもそんなに面白いものではない。

…し・か・し。
ここにある政宗の手紙はとてもプライベートなもので、
初めて知る政宗の側面を知ることができる。

 ・酒を飲み過ぎて乱暴して配下に詫びる手紙。

 ・二日酔いで頭が痛く、配下に来客との
  面会を断ってくれ、と頼む手紙。

 ・酔いすぎたので失礼があったのでは…と案じる手紙。

 ・面白い場所があるから、と配下を遊びに誘う手紙

 ・家臣の未亡人を案じる手紙、などなど。

酒好きなのに強くはなく、みんなで酒を飲んでるのが楽しい。
部下には気さくで、面倒見がよさそう、など、
一私人としての政宗の性格がわかって面白い。

この手紙を見て、伊達政宗のイメージが相当変わった。
楽しそうなひとだなぁ。

という新しい一面を見た後は、政宗の霊屋「瑞鳳殿」へ。

zuihouden2

zuihouden3

これが…またド派手。
なんか日本人離れした感じで、
むしろ、中国の三国時代の武将・関羽を祭る
関帝廟(日本には横浜や神戸にある)
に似ている気がする。
あと、沖縄の首里城とか。

同じ敷地内に、2代目・伊達忠宗の「感仙殿」、
3代目・伊達綱宗の「善応殿」もあるが、
最初に、政宗のを見ると、ちょっと地味?
くらいに思ってしまうのが不思議だ。

■感仙殿
kansenden

■善応殿
zenouden

で、戻って瑞鳳殿の話だが、
また不思議なのが菊の御紋。
ここにもあった。なぜだろう??

kiku

近くに、資料館があったので
たずねてみる。

この「瑞鳳殿」は、惜しくも戦時中に焼失。
しばらくは、跡地に墓標が一本だけ
あるのみだったそうだ。

しかし、瑞鳳殿の発掘調査が行われたあと、
見事再建となったようだ。

その発掘調査の折、眠っていた政宗の遺骨も
出てきたようで、遺伝子解析をしたらしい。
歴史上の人物を遺伝子解析する、
とはあまりほかでは例がないと思うが。

それによれば、非常に現代的な顔立ちで
面長であったそうだ。
身長は、159.4cmで江戸初期成人男子の
平均的な身長らしい。血液型は、B型。

江戸時代の平均身長とはいえ、
現代的な感覚だと、小柄な印象を受けるが、
骨格からかなりの屈強な筋肉が想定され、
戦国末期を生き抜いた武人らしい体格のようだ。

さて、この後はどうしようか…
ということで本来なら、政宗の重臣・片倉景綱の居城
白石城の周辺で、片倉家と仙台真田家の関係を
じっくり探りたいと思ったのだが、
そんな時間もなく、白石城だけ見に行くことにした。
# 実は、真田幸村の長男大助は戦死したが、
# 次男は片倉家にかくまわれ、子孫が仙台真田家として、
# 生き残っていたらしいのだ。

ということで、JR東北本線で白石へ。
もう、午後5時だったので、閉館していたけど、
見るだけなら大丈夫。

siroisijo0

本丸跡には、景綱の大きな碑と小柄な天守閣。
ちょうど、天守閣前に着いたとき、
ライトが照らされ、ライトアップされたよ。

siroisijo2

というわけで、出張のついでの仙台探索は
これにて終了。このあと、出張を終わらせ、
東京に戻ったとさ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

杜の都・仙台その1

月曜に朝から仙台で仕事なので、
土曜日から、仙台に入った。

先週、大忙しだったので、
朝まで寝てしまい、
昼からのスタートになってしまったが。
ついたらもう、16時。

本格的な仙台めぐりは、
明日だけになりそうだ。

やはり、最近の仙台といえば、
楽天イーグルス。
駅中で、イベントをやってました。

eagles

あと、地下でこんなシュールな絵を発見。
なんだこりゃぁ。。。
大正チックな雰囲気いっぱいだ。

gomidaisakusen

晩飯には、スープカレー。
駅前からちょっと歩いたところの
ミラクルスパイス。

前に札幌で食べたスープカレーとは
かなり違って、ほんとにカレーではない
別の食べ物みたいだったな。

でも、チーズやまいたけ(これ重要)とか、
好きな食材がトッピングとして選べたので、
純粋な具沢山スープとして、おいしかった。

…牛タンは明日にとっておこう。

こちらのブログによれば、
なんでも仙台初上陸の店なんだそうだ。

さて、明日向けて早く寝よ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

はやくもDVD-BOXに眼が行く。

気になっていた「不機嫌なジーン」だが、
もうDVD-BOXの予定があるそうだ。

録画は毎週してあるのだが、
忙しくてかなり見れていない。
ということで、どういう展開になったか
まったく追えていないのだ。

んー、久しぶりに興味を持った
ドラマなんだけど…早く見なきゃ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ほんじょのひかり

本上まなみさんが、TEPCOひかりのCMにでるそうな。

ほんじょさん、「美しく快適なスタイルの生活者」という設定で出演。
ひとすじの光であやとりをするほんじょ、かわいい。

ほんじょさんは、インターネットを「わりとよく利用してい」るそうだ。
ちょっと、苦手そうなイメージがあったけど、
ちゃんと使いこなしてらっしゃるみたいだ。

今日から、放映。はやくみたい。

ちなみに
これ
見ると、ほんじょさん背が高く見えるねー。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »