« 眞鍋妹、首都来襲。 | トップページ | 「誠」 »

頑なさとしなかやさ。

何のことかというと、例の
ライブドア VS フジテレビの話だ。

経済学部を出たくせに、金融論なんて
からっきし…ではあるんだけれども、
株の話ではなくて、ニッポン放送を絡めた
メディア論、だ。いや、論というほど
大それたものではないが。
# 株はこれでも読んでちょっと勉強するか(笑)

ここのところのニュース
Yahoo!ニュースInfoseekニュース)では、
買収云々の場面では、ライブドアが勝利しそうなものの、
パーソナリティのメインを張っていたタレントが
相次いで、ライブドアが買収するなら、
出演しない、という意思を出して、
さぁ、こまったぞといった事態になっている。

他のタレントがどうコメントしているかは、
わからないのだが、気になったのが
紹介されている中島みゆきのコメント。

 |買収されたニッポン放送は
 |今までのニッポン放送ではなくなるということ。
 |他のラジオ局と同じになってしまうので
 |出演する理由はない

という理由で、出演中止を検討しているとのこと。

しかし、

 |現在の経営陣が、オールナイトを共に
 |作り上げてきた現場スタッフ

であり、そうでなくなるなら出演しない、
というのは、どんなもんなんだろう。
あまりブログで批判的な意見はしたくないのだが、
これには、正直違和感を感じた。

ともに作り上げてきたものが、
自分たちの手から離れることを拒んでいる、
と言っているのだろうな。
でも、それでいいんだろうか。

実は、個人的に堀江社長が
好きになれるかというと、そうでもない。
頭がよいと思われるしゃべり方だそうだが、
ちょっとあの口調でしゃべられると、
なんか反抗したくなる。感情論だけど。

しかし、こちらの記事にもあるように、
コンテンツビジネスに対する
ひとつの挑戦のあり方を示している、という点は
非常に賞賛したいと思っている。

上記の記事で
 
 |根本的に放送法で解決すべきものは、
 |コンテンツと放送の分離

というのは、正に卓見であるといえるのではないか。

よい番組(=コンテンツ)を作るということと
それをどのような流通経路に乗せるか、
つまり放送として流すのか、インターネットなのか、
DVDなどの媒体で流すのか、ということは本来関係がない。

でも、放送事業者がコンテンツをも製作し、
そして広告収入で事業を運営する
というコンテンツの流通スタイルを、
なによりも守ろうとしている。

中身は違うが、音楽をCDという媒体に焼き付けて販売する
という、音楽の流通スタイルを守りたいがために
ユーザの利便性を損ねてでも、一般的なCDの規格から外れた
CDを無理やり作るレコード会社と、どこか似ている。

そう考えると、より広義に
コンテンツビジネスの懸案事項はといえば、
コンテンツの製造形態と
コンテンツの流通形態との関係を分離すること、
であるといえるだろう。

先ほどの中島みゆきのコメントも
実はここと関係していて、今までのやり方に対する
愛着とでもいうべき感覚が、
あのコメントにつながっているのではないか。

正直、どのようにコンテンツが流通しようと
見る側にとっては、見る仕組みが簡単であれば、
どうでもよいことだ。

たとえ、看板タレントが降板したとしても、
それで企業価値が下がる、というのは、
いままでの広告ビジネスを基盤にした
番組の流通形態にこだわっているから、ではないか。

放送という時間と地域などに縛られた
流通形態が本当によいのか。
見たいものだけを見たいときに見れる、
そのようなシンプルな流通になってほしい。

つまり、コンテンツ作りは頑なにこだわり、
流通の形態は、柔軟性を持ってほしいのだ。

この変わろうとする流れの中、
真に視聴者・リスナーのために、
進歩してほしいものだ。

|

« 眞鍋妹、首都来襲。 | トップページ | 「誠」 »

「ビジネス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/3428005

この記事へのトラックバック一覧です: 頑なさとしなかやさ。:

» 堀江氏のメディア論どうみる [のら猫アフィリエイト]
「ネット優位」堀江氏のメディア論どうみる 3月25日産經新聞朝刊4面の記事である。 「インタビューに応じた有識者からは、さまざまな表現で堀江氏... [続きを読む]

受信: 2005.03.26 21:30

« 眞鍋妹、首都来襲。 | トップページ | 「誠」 »