« Photo Imaging Expo 2005 | トップページ | 「震」 »

なぜか…高尾山。

ちょっと、ゆっくりしようと思って、
でも、特にすることがないけど、
家にずっといてるのも…と思って、
とりあえず外に出てみた。

で、とりあえず駅に行ってみた。
とりあえず中央線に乗ってみた…って、
眠ってしまった。気づいたら、高尾。

行くつもりはなかったが、
自然に足が向いてしまったので、
高尾山に登ることにした。
ゆっくり、振り返りの時間を
とでも思っていたのだが(笑)

そんなあたまのボーっとした状態だから、
何も考えずに、ケーブルには乗らずに
登っていくことにしたが、
最近、運動不足ぎみなので、
非常に勾配の高い坂が堪えるぅ。

ったく、何しにきたんだか。。
さらっと書いてるけど、ほんとに疲れた。
途中で引き返そかな、と思ったし。

途中に、高尾山薬王院が。
かの有名な行基が開いた由緒正しい寺院。
天狗の伝説で有名だ。

手前には、蛸杉(たこすぎ)という、
変な形をした根っこをした杉が印象的。

takosugi

でも…これはなんだろう??
ソニンやカントリー娘。が何をしたのかね?

satubun

奥に入って、さらに上にあがったところの
本社の建物は、お稲荷さんみたいな、
というか首里城というか、赤々していたよ。

yakuouin_honsha

さて、薬王院を過ぎるともう目前。
もともとそんなに高い山ではないからな。
はじめのほうの急勾配がおかしいんだよ。

これが頂上。
きちっと晴れた日なら、
房総半島とかまで見えるそうな。

choujou

ま、考え事をするには、
きっちりと体も疲れさせないと、ね。
頭ばっかりでも、体ばっかりでもだめよね。
# ん?どこかで聞いたフレーズ??(わかるかな)

|

« Photo Imaging Expo 2005 | トップページ | 「震」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぜか…高尾山。:

» 高尾山の蛸杉 [高尾天狗の山歩記(やまあるき)]
高尾山が開山されたころは、薬王院への山道もまだ険しく、特に足腰の弱いものや年寄りには難儀な山でした。そこである夜のこと高尾のお山の天狗達が集まり、相談の結果、道... [続きを読む]

受信: 2005.03.24 21:41

« Photo Imaging Expo 2005 | トップページ | 「震」 »