« 今度の絵心クイズはいつかなー | トップページ | なぜか…高尾山。 »

Photo Imaging Expo 2005

昨日(3/20)は、東京ビックサイトに
Photo Imaging Expo 2005(PIE2005)に行ってみた。

こないだネタにした、LUMIX LZ2
ASCIIに出ていたワイヤレスLAN対応デジカメを見るため。

おねーさんを見に行ったわけではありません。
そこんところ、間違えないように(笑)

Panasonic LUMIX LZ2
話によると、もう販売しているとのこと。
価格.comではなんと、3万ちょっと。
# うー、その気になれば買っちゃえる値段だ…

lumix1

触ってみた感覚は、やはりエントリー機扱いなのか
塗装や材質の感覚がちょっと安っぽい感じがした。
でも、値段が安いことを考えると、価格相応、ということか。

あと、LZ2の特徴は、

(1)手ブレ補正つき
(2)乾電池仕様
(3)光学6倍ズーム

なんだけれども、
やはり乾電池が内蔵できるため、
それ相応の大きさがある。

コニカミノルタのDimage Xから
手ブレ補正に惹かれて、
PanasonicのLUMIXに乗り換えたわけだが、
この大きさは、微妙。
ぜんぜん、ありえない~というほどでもないけど、
もう少し小さかったらなぁ、と思わせる大きさ。

ただ、もうLUMIXの操作系に慣れているので、
ほとんどの操作は迷いなくできる。

ただ、夜景とかシーン選択のほとんどが、
シーン1とか2というところに
自分で割り当てなくてはいけなくて、
普段頻繁に、シーンをころころ変えるので、
いざというときに、困っちゃうかもしれない。

あと、流行の大画面液晶も搭載。
だけど、液晶の質はイマイチかも。
なんかザラザラしたような感じ。

自分のもっているLUMIXを見て、
そちらのほうがキレイですよねー、
とコンパニオンのおねーさんも言ってたし。

ちょっと、マイナス方面の話からしてしまったが、
基本的には、魅力的なカメラ。
手ブレ補正も自分が持っているものより
性能を上げつつ、省電力に優れた
ヴィーナスエンジンプラスを搭載。

オキシライド電池とか、最近デジカメに向けた
新しい電池の技術進歩のニュースを
よく聞くので、乾電池対応は将来にも期待が持てる。

また、ズームも今のLUMIXを使っていて、
不満というわけはないけれど、
もうすこしズームしたらいいなぁ、
と思うことがあるので、とりあえず6倍もあれば、
そんなことも、少なくなるだろう。

いいカメラなのに、CMをしてないから
知名度が低いのだそうだ。
今、FX7がデジカメ売れ筋トップらしいしね。
まずは、コンパクトなこちらが中心としたいのかな。

今のLUMIX FX1も満足しているから、
すぐに買い換えるわけではないけど、
かなり気になるカメラであることは間違いない。

■富士写真フイルム FINEPIX Z1
次は、富士写のPINEPIX。
新型が出たようだ。

finepix

あまり、PINEPIXは薄型でかっこいいデジカメ、
というイメージがなく、基本に忠実というか、
まー、オーソドックスという感じだった。

だが、これはかなりカッコいい!
持ちたくなるデジカメ、ということばがふさわしい。
正面のアルミっぽい質感がとてもいい。

でも…カバーをスライドさせると、電源が入るんだけど、
これは、慣れていないといざというときに
シャッターチャンス逃しちゃいそうだな(笑)

あとレンズカバーの表面がさらさらしていて、
するっと手からすり抜けて、落としてしまいそうだ。

■NICON COOLPIX S1

こちらもスリムタイプ。
これも、なかなかデザインがよい。

技術的には、ひとの顔を認識して
自動的にフォーカスを当てる機能がついてるみたい。

デザインもそうだけど、
女性をターゲットにしてるっぽい。
デザインだけでじゃなくて、
搭載する機能もきちんと
ターゲットを絞っているみたいだ。

あまり目立ってなかったけど、
IDEEがデザインしたカメラケースも
なかなか洒落たものだ。

idee_coolpix

また、ホワイトつながりで、
iPod shuffleとも相性がよさそうだ。

ipodshuffle_coolpix

■Kodak EasyShareone(日本未発表)
これがニュースになっていた
ワイヤレスLAN搭載のデジカメ。

easyshareone

パソコンにワイヤレスLANで転送したり、
画像を添付してメールを送信したりできるようだ。
# このモデルはワイヤレスLANカードが
# 刺さっているので、ホットスポットでないと
# 送信できないけど(笑)

残念ながら、実際に体験できる機械はなく残念。
たぶん、そのメーカーも考えたことはあるのだろうけど、
あとは、いつできるかそれだけなのかも。

未来を見る、という意味では、
カメラで取った画像を、メールで送信、
みたいなことを考えがちだけど、
それは、もうケータイでできていること。
できればうれしいけど、キラーとなる機能ではない
ような気がしてきた。

むしろ、パソコンへの画像転送
という機能が、かなり現実味を帯びて
うれしいような感じがする。

一般的にどうなのかは知らないが、
旅行先や展示会など、多くの写真を撮る機会では、
256MBのSDカードでは、満杯になることがある。

そのとき、退避させる場所として、
パソコンにSDカードの内容を移動させるのだが、
それがワイヤレスで簡単にできる、
というのは、結構うれしい。すごく手軽だもの。

また、モバイルPCならワイヤレスLANが
搭載されていることが多いから、
使う人も多いんではないだろうか。

…と、こんな感じでした。
パソコンに続いて、飽和状態とも言われるデジカメ。
そんなニュースをもろともしないような
アグレッシブなデジカメが、
出てきてほしいもんである。

|

« 今度の絵心クイズはいつかなー | トップページ | なぜか…高尾山。 »

「イベントレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/3375164

この記事へのトラックバック一覧です: Photo Imaging Expo 2005:

« 今度の絵心クイズはいつかなー | トップページ | なぜか…高尾山。 »