« 家庭で使うTabletPC・dynabook R10をみてきたぞ | トップページ | 中性的男性脳 »

原宿・KDDI DESIGNING STUDIOへ行く!

さて、その次は原宿・KDDI DESIGNING STUDIO

ちょっと原宿というのは、
行きにくい感じもあるんであるんだけど…
まぁ、そんなこと誰も気にしちゃいねぇからな。

JR原宿駅を降りて、表参道を歩いて明治通りを左折。
竹下通りの信号の目の前だ。

kddi

1Fは、イベント会場ですな。
イベントのない昨日は、取り立てて何もなかった。

2Fは、auのサービス体験コーナー。
ただ単に体験するだけじゃなくて、
専用端末をタッチパネルで操作していくと、
手元にあるケータイが連動して動き、
そのケータイで、BREWアプリなどが
体験できる、というもの。

また、コンテンツカードメーカーというのもあって、
体験したコンテンツと自分の写真、
あるいは、原宿の風景写真が印刷された
カードにして持ち帰ることも可能。

kddi2

nikko81は、自分の写真だけをとっても仕方がないんで、
原宿の風景写真にしました。
# ココログのURLを入れようとしたんだけど
# 字数オーバーで入らんかったよ!

あと、自分のtalbyと展示されてあるtalbyを比べ、
自分のは結構傷がついたなぁ、
と見比べていると、スタッフの女性が話しかけてくれて、
しばらくべらべらと話をしてた。

talbyのネックストラップ、つけようとすると、
実際にメールをするときに
画面が逆になっちゃうので、ストラップをつける位置を
端末の下にして欲しかったなぁ
というとすごく賛成してくれた。
ちゃんと、上に意見上げといてね!

あと、最近出たばかりのW31SA
ちょっと見てきました。

知り合いの女性がコレにした、
という話を聞いて、ちょっと興味があって。
ただ、自分の興味は、「OCR機能」。

メールアドレスや電話番号に限るようだけど、
QRコードとかじゃなくて、文字そのものを読み取る
機能というのがあるんだよね。

まったく使えないわけじゃないけど、
撮影の仕方が結構難しい。
なかなかうまく取れなかった。

将来的には、普通の文字も読み取れたりすると
たとえば駅すぱあとを使うときにも、
路線図に書いてる文字を撮影して、
文字入力しなくても、検索できたりとか
おもしろいなー、なんて思ったりもする。

3Fは、ちょっと未来が体験できるフロア。
愛・地球博で使われるスタッフ用、来館者用の
端末も先行展示してあった。

ただ、使い方が今ひとつ分からんかった。
電話にしてもちょっと大きく、PDAぽかったな。

あとは、KDDIの光ファイバーによる
コンテンツ配信の体験やKDDI研究所の
顔の認識システムで、原宿のカタカナ職業のなかから
自分の顔に近い職業を探してくれたり、なんてのもある。

ずっと、人が入れ待ちきれなかったので、
体験はしてないけど。

2時間も3時間も、長居はできないけど、
ちょっと時間を潰すのにはもってこいかも。

|

« 家庭で使うTabletPC・dynabook R10をみてきたぞ | トップページ | 中性的男性脳 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原宿・KDDI DESIGNING STUDIOへ行く!:

» 『KDDI DESIGNING STUDIOに行ってみました』 [軽快?携帯の世界]
 3/4にオープンしたKDDI DESIGNING STUDIO。足を運ぶことができたので詳細をレポートします。  土曜日の原宿ということもあり、10代の若者が... [続きを読む]

受信: 2005.03.16 00:09

» 愛・地球博関連のトラックバックセンター [ブログニュース速報@トラックバックセンター]
愛知万博、愛・地球博に関連するトラックバック 愛・地球博(あい ちきゅうはく) 愛知万博 - 愛・地球博 大阪万博以来35年ぶりに開催される総合万... [続きを読む]

受信: 2005.03.18 15:40

« 家庭で使うTabletPC・dynabook R10をみてきたぞ | トップページ | 中性的男性脳 »