« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月

きになるあのひとはセグウェイ使い

うー、眠い。
ここんところ、ずっと午前様だからなぁ。。

でも、眞鍋チェック

堀江社長に会ってきたんだって。

で、セグウェイに乗ったホリエモンも想像する眞鍋。
うー、みたい。みたいぞ。無性に見たいぞ。

その想像した姿を、眞鍋嬢自身の絵で
書いてもらいたいものだ。

こんな絵を描くくらいだから、
さぞかしシュールなホリエモン on セグウェイ
が見られそうで…あはあは。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

こうこうやきう。

眞鍋チェック

うちの高校は、高校野球には出れないだろうからなぁ。
高校野球を応援したことないなぁ。

でも、体操とバレーボールが強い。
バレーボールは、応援に行ったこともあるし。
# 高校ばれちゃう?(笑)

どうだ。今度こそ、1番のりかなって
やっぱ無理みたいね(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (2)

やはり廃線か、ふるさと銀河線。

昨年訪れた夏の北海道

北見から帯広近くの池田まで伸びる
「ふるさと銀河線」に乗ったのだが、
廃線になってしまうそうだ。

訪れたときにもう、廃線かもしれないと
聞いていたから、やっぱりな
という感じではあるが、
乗っておいてよかった。

実際使われているのは、
地元の学生の足としてくらいで、
学校を過ぎると、ホント人が少なかったもんなぁ。

でも、電車で旅するのが好きな人間として、
なんだか残念な話ではある。
電車の旅って、移動時間にボーっと
できるのがいいだけどなぁ。

ちなみに、赤字額って
地元のバスの運転手のオッチャンが
言ってた額と違うなぁ。
まぁ、いいか。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

MILQ

最近、甘い飲み物がほしいときはこれ。

イチゴにかける練乳が飲み物になった感じ。
でも、練乳よりは甘すぎない。
一般的な飲み物よりは甘いだろうけど。

この甘さ、好きだなぁ。
甘さの程度じゃなくて、
この手の乳製品的な甘さがいい。

でも、あんまり飲みすぎはよくないかも。
230kcal/500ml。

milq

| | コメント (6) | トラックバック (1)

「誠」

makoto

ひとつ前のエントリーで書いた、
ニッポン放送の話。

オールナイトニッポンを現在やっている
ナインティナインは、継続の意思だとか。

俺たちがラジオ文化を作ってきたんだ、
という雰囲気を共有する世代と
そうでない世代の差なのか。

 |“リスナーを大事にしている”のであれば、
 |リスナーを無視して、経営が変わったら
 |パーソナリティーを降りるということを
 |発表するのはよくないと思う。

というのは、確かにそうだ。
ユーザに対する「誠」は、こうであるべきだ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

頑なさとしなかやさ。

何のことかというと、例の
ライブドア VS フジテレビの話だ。

経済学部を出たくせに、金融論なんて
からっきし…ではあるんだけれども、
株の話ではなくて、ニッポン放送を絡めた
メディア論、だ。いや、論というほど
大それたものではないが。
# 株はこれでも読んでちょっと勉強するか(笑)

ここのところのニュース
Yahoo!ニュースInfoseekニュース)では、
買収云々の場面では、ライブドアが勝利しそうなものの、
パーソナリティのメインを張っていたタレントが
相次いで、ライブドアが買収するなら、
出演しない、という意思を出して、
さぁ、こまったぞといった事態になっている。

他のタレントがどうコメントしているかは、
わからないのだが、気になったのが
紹介されている中島みゆきのコメント。

 |買収されたニッポン放送は
 |今までのニッポン放送ではなくなるということ。
 |他のラジオ局と同じになってしまうので
 |出演する理由はない

という理由で、出演中止を検討しているとのこと。

しかし、

 |現在の経営陣が、オールナイトを共に
 |作り上げてきた現場スタッフ

であり、そうでなくなるなら出演しない、
というのは、どんなもんなんだろう。
あまりブログで批判的な意見はしたくないのだが、
これには、正直違和感を感じた。

ともに作り上げてきたものが、
自分たちの手から離れることを拒んでいる、
と言っているのだろうな。
でも、それでいいんだろうか。

実は、個人的に堀江社長が
好きになれるかというと、そうでもない。
頭がよいと思われるしゃべり方だそうだが、
ちょっとあの口調でしゃべられると、
なんか反抗したくなる。感情論だけど。

しかし、こちらの記事にもあるように、
コンテンツビジネスに対する
ひとつの挑戦のあり方を示している、という点は
非常に賞賛したいと思っている。

上記の記事で
 
 |根本的に放送法で解決すべきものは、
 |コンテンツと放送の分離

というのは、正に卓見であるといえるのではないか。

よい番組(=コンテンツ)を作るということと
それをどのような流通経路に乗せるか、
つまり放送として流すのか、インターネットなのか、
DVDなどの媒体で流すのか、ということは本来関係がない。

でも、放送事業者がコンテンツをも製作し、
そして広告収入で事業を運営する
というコンテンツの流通スタイルを、
なによりも守ろうとしている。

中身は違うが、音楽をCDという媒体に焼き付けて販売する
という、音楽の流通スタイルを守りたいがために
ユーザの利便性を損ねてでも、一般的なCDの規格から外れた
CDを無理やり作るレコード会社と、どこか似ている。

そう考えると、より広義に
コンテンツビジネスの懸案事項はといえば、
コンテンツの製造形態と
コンテンツの流通形態との関係を分離すること、
であるといえるだろう。

先ほどの中島みゆきのコメントも
実はここと関係していて、今までのやり方に対する
愛着とでもいうべき感覚が、
あのコメントにつながっているのではないか。

正直、どのようにコンテンツが流通しようと
見る側にとっては、見る仕組みが簡単であれば、
どうでもよいことだ。

たとえ、看板タレントが降板したとしても、
それで企業価値が下がる、というのは、
いままでの広告ビジネスを基盤にした
番組の流通形態にこだわっているから、ではないか。

放送という時間と地域などに縛られた
流通形態が本当によいのか。
見たいものだけを見たいときに見れる、
そのようなシンプルな流通になってほしい。

つまり、コンテンツ作りは頑なにこだわり、
流通の形態は、柔軟性を持ってほしいのだ。

この変わろうとする流れの中、
真に視聴者・リスナーのために、
進歩してほしいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

眞鍋妹、首都来襲。

眞鍋チェック

妹ちゃんが、上京だそうです。
姉妹で同居、ですか…。厳しいねぇ。

ウチも弟がいるんだけども、
同居なんてありえないし。
いや、仲はいいつもりだけど。

|一人暮らしにどっぷり浸かっている
|自分が今更ひとと一緒に住める
|自信がなかったし、

というのがすごくよくわかる。

まー、それから上の子、下の子の
関係っちゅーのも、あるわな。
うちはあまりそういうのを感じたことはなかったけど。

でも、妹がおいしいところがかっさらうって、
食べもんの話しばっかりやないですかー。
食いもんの恨みは怖いってか(笑)

第三者的には、妹ちゃんが上京して、
またネタがいっぱい増えるのかなー、
と期待してしまうが、

|「貴様、部屋の片付けちゃんとしとけよ」

なんちゅーメールを姉によこしている時点で、
「眞鍋戦争実録」てな具合になりそうな気が…(笑)

ていうか、妹ちゃんもブログ書いちゃえー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やはり上海は熱茶じゃなくて、冷茶。

いろんな意味で、ひねくれているので
上海冷茶」とか言われると、
じゃぁ、暖めるどうなん?とか
思ってしまうアホなんですが(笑)

朝専用缶コーヒー、ってCMでやってたときも、
わざと夜中に飲んでみたりとか。
…うー、自分のことながら、アホだ。アホすぎる(笑)

ということで、上海冷茶を暖めてみました。
んー、あまりおいしくなかったっす。

やはり、冷茶は冷茶がいいようですわ。
でも、ジャスミン茶風でなかなかよろし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

gooRSSリーダー不調…

昨日、PCがうんともすんとも言わなくなり、
さらには、なんとブルーバック!
という世にも恐ろしい出来事があった。

で、gooRSSリーダの中身のファイルが壊れ、
記事の一覧がまったく表示されない事態に。

結局、復活できずにサイト一覧ファイル(OPML)を
読み直すことで復旧。

でも、チェックをつけた古い記事とか
消えちゃった。くそっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「震」

hurue

福岡で地震があったが、
今まで、福岡はあまりなかったそうで。
備えをしていた人が少なかったみたい。

でも、食事の準備とか火を使うには、
早い時間だったようで、
二次災害が少なかったことが、不幸中の幸い。

こちらでもちゃんと備えをしないといけないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜか…高尾山。

ちょっと、ゆっくりしようと思って、
でも、特にすることがないけど、
家にずっといてるのも…と思って、
とりあえず外に出てみた。

で、とりあえず駅に行ってみた。
とりあえず中央線に乗ってみた…って、
眠ってしまった。気づいたら、高尾。

行くつもりはなかったが、
自然に足が向いてしまったので、
高尾山に登ることにした。
ゆっくり、振り返りの時間を
とでも思っていたのだが(笑)

そんなあたまのボーっとした状態だから、
何も考えずに、ケーブルには乗らずに
登っていくことにしたが、
最近、運動不足ぎみなので、
非常に勾配の高い坂が堪えるぅ。

ったく、何しにきたんだか。。
さらっと書いてるけど、ほんとに疲れた。
途中で引き返そかな、と思ったし。

途中に、高尾山薬王院が。
かの有名な行基が開いた由緒正しい寺院。
天狗の伝説で有名だ。

手前には、蛸杉(たこすぎ)という、
変な形をした根っこをした杉が印象的。

takosugi

でも…これはなんだろう??
ソニンやカントリー娘。が何をしたのかね?

satubun

奥に入って、さらに上にあがったところの
本社の建物は、お稲荷さんみたいな、
というか首里城というか、赤々していたよ。

yakuouin_honsha

さて、薬王院を過ぎるともう目前。
もともとそんなに高い山ではないからな。
はじめのほうの急勾配がおかしいんだよ。

これが頂上。
きちっと晴れた日なら、
房総半島とかまで見えるそうな。

choujou

ま、考え事をするには、
きっちりと体も疲れさせないと、ね。
頭ばっかりでも、体ばっかりでもだめよね。
# ん?どこかで聞いたフレーズ??(わかるかな)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Photo Imaging Expo 2005

昨日(3/20)は、東京ビックサイトに
Photo Imaging Expo 2005(PIE2005)に行ってみた。

こないだネタにした、LUMIX LZ2
ASCIIに出ていたワイヤレスLAN対応デジカメを見るため。

おねーさんを見に行ったわけではありません。
そこんところ、間違えないように(笑)

Panasonic LUMIX LZ2
話によると、もう販売しているとのこと。
価格.comではなんと、3万ちょっと。
# うー、その気になれば買っちゃえる値段だ…

lumix1

触ってみた感覚は、やはりエントリー機扱いなのか
塗装や材質の感覚がちょっと安っぽい感じがした。
でも、値段が安いことを考えると、価格相応、ということか。

あと、LZ2の特徴は、

(1)手ブレ補正つき
(2)乾電池仕様
(3)光学6倍ズーム

なんだけれども、
やはり乾電池が内蔵できるため、
それ相応の大きさがある。

コニカミノルタのDimage Xから
手ブレ補正に惹かれて、
PanasonicのLUMIXに乗り換えたわけだが、
この大きさは、微妙。
ぜんぜん、ありえない~というほどでもないけど、
もう少し小さかったらなぁ、と思わせる大きさ。

ただ、もうLUMIXの操作系に慣れているので、
ほとんどの操作は迷いなくできる。

ただ、夜景とかシーン選択のほとんどが、
シーン1とか2というところに
自分で割り当てなくてはいけなくて、
普段頻繁に、シーンをころころ変えるので、
いざというときに、困っちゃうかもしれない。

あと、流行の大画面液晶も搭載。
だけど、液晶の質はイマイチかも。
なんかザラザラしたような感じ。

自分のもっているLUMIXを見て、
そちらのほうがキレイですよねー、
とコンパニオンのおねーさんも言ってたし。

ちょっと、マイナス方面の話からしてしまったが、
基本的には、魅力的なカメラ。
手ブレ補正も自分が持っているものより
性能を上げつつ、省電力に優れた
ヴィーナスエンジンプラスを搭載。

オキシライド電池とか、最近デジカメに向けた
新しい電池の技術進歩のニュースを
よく聞くので、乾電池対応は将来にも期待が持てる。

また、ズームも今のLUMIXを使っていて、
不満というわけはないけれど、
もうすこしズームしたらいいなぁ、
と思うことがあるので、とりあえず6倍もあれば、
そんなことも、少なくなるだろう。

いいカメラなのに、CMをしてないから
知名度が低いのだそうだ。
今、FX7がデジカメ売れ筋トップらしいしね。
まずは、コンパクトなこちらが中心としたいのかな。

今のLUMIX FX1も満足しているから、
すぐに買い換えるわけではないけど、
かなり気になるカメラであることは間違いない。

■富士写真フイルム FINEPIX Z1
次は、富士写のPINEPIX。
新型が出たようだ。

finepix

あまり、PINEPIXは薄型でかっこいいデジカメ、
というイメージがなく、基本に忠実というか、
まー、オーソドックスという感じだった。

だが、これはかなりカッコいい!
持ちたくなるデジカメ、ということばがふさわしい。
正面のアルミっぽい質感がとてもいい。

でも…カバーをスライドさせると、電源が入るんだけど、
これは、慣れていないといざというときに
シャッターチャンス逃しちゃいそうだな(笑)

あとレンズカバーの表面がさらさらしていて、
するっと手からすり抜けて、落としてしまいそうだ。

■NICON COOLPIX S1

こちらもスリムタイプ。
これも、なかなかデザインがよい。

技術的には、ひとの顔を認識して
自動的にフォーカスを当てる機能がついてるみたい。

デザインもそうだけど、
女性をターゲットにしてるっぽい。
デザインだけでじゃなくて、
搭載する機能もきちんと
ターゲットを絞っているみたいだ。

あまり目立ってなかったけど、
IDEEがデザインしたカメラケースも
なかなか洒落たものだ。

idee_coolpix

また、ホワイトつながりで、
iPod shuffleとも相性がよさそうだ。

ipodshuffle_coolpix

■Kodak EasyShareone(日本未発表)
これがニュースになっていた
ワイヤレスLAN搭載のデジカメ。

easyshareone

パソコンにワイヤレスLANで転送したり、
画像を添付してメールを送信したりできるようだ。
# このモデルはワイヤレスLANカードが
# 刺さっているので、ホットスポットでないと
# 送信できないけど(笑)

残念ながら、実際に体験できる機械はなく残念。
たぶん、そのメーカーも考えたことはあるのだろうけど、
あとは、いつできるかそれだけなのかも。

未来を見る、という意味では、
カメラで取った画像を、メールで送信、
みたいなことを考えがちだけど、
それは、もうケータイでできていること。
できればうれしいけど、キラーとなる機能ではない
ような気がしてきた。

むしろ、パソコンへの画像転送
という機能が、かなり現実味を帯びて
うれしいような感じがする。

一般的にどうなのかは知らないが、
旅行先や展示会など、多くの写真を撮る機会では、
256MBのSDカードでは、満杯になることがある。

そのとき、退避させる場所として、
パソコンにSDカードの内容を移動させるのだが、
それがワイヤレスで簡単にできる、
というのは、結構うれしい。すごく手軽だもの。

また、モバイルPCならワイヤレスLANが
搭載されていることが多いから、
使う人も多いんではないだろうか。

…と、こんな感じでした。
パソコンに続いて、飽和状態とも言われるデジカメ。
そんなニュースをもろともしないような
アグレッシブなデジカメが、
出てきてほしいもんである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今度の絵心クイズはいつかなー

うー、間が空いてしまった。
眞鍋チェック

まった、コレは中途半端なバカボンパパ。
アタマがおかっぱっぽいのも笑える。

ていうか、画伯ゲームってなんだろう。。。

あと、バカボソって…
「ン」→「ソ」って、一般的になっちゃったのね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

「律」

ritsu

最近、どうもイライラしがち。
何だか、忘れっぽい気がするし、
同じことを何度も確認していたり。

何か走りすぎていて、
立ち止まって考えているヒマがなく、
いつも何かを忘れているんじゃないか、
という懸念が頭の片隅にのさばっている。

こういうときこそ、自分を律さねば、と
思いを新たにしてみる。

折角の3連休、1日くらいは、
立ち止まって自省する時間をつくってみよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「優」

yu

人を憂えることで、優しくなれる。
人間関係での悩みや苛立ち、
それこそが人を強くし、そこで磨かれた強さが
優しさとなっていく、そんな話を聞いたことがある。

そんな小話を思い出す、
この「優」という字がとても好きだ。
好きな字は他にもあるのだが、
ま、それはおいおい紹介していこう。

何度もTabletPCで習字をしているなかで、
そこそこ上手に書けた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

白日。

義理にはきちんと応えておきました。

でも、自分が食べたいものを
ホワイトデーを口実に買った、という側面もあり…
デメルピエールマルコリーニはいいとして…

いくら気になってたとはいえ、
ちょっとまずかったかなぁ。天使のババロア
そのため、ちょっと返した人によっては
不公平感があったか。。反省。
でも、コレもおいしいからなー。
お金じゃないし。まぁ、いいよね。

気を取り直して、北海道で手に入れた極上ウイスキーと
銀座に店を構える高級チョコで、
今日は暖かくして寝よう。

あ、そうそう。
韓国にはブラックデーなんてあるんだな。
なんて、後ろ向きな。。

自分もそうだけど、前向かないと
前に向って歩けないぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眞鍋かをりにトラックバックしてもらう近道。

眞鍋チェック

|仲間内言葉のTB,ようやく読み終えました。

ということで、全部読破した模様。
すごいなぁ。

|このTBくれた方、
|こちらからもTBしたかったのですが
|多すぎてどこにあるかわかんなくなっちゃいました!!
|改めて名乗り出ていただけると助かります。
|あなたには自分と同じようなにおいを感じます。

なんと!
またも祭りになりそうな予感。

「名乗り出ていただけると助かります」
って言われなくても、名乗り出るでしょ!

眞鍋かをりにトラックバックしてほしいなら、
仲間内でのことばをトラックバック!いそげ!

…って、自分は思いつかなひ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中性的男性脳

ひさしぶりに、占い好きのブログさんのエントリーから。
男脳女脳診断」。

結果はこちら。

あなたは、標準的な男性脳の持ち主ですが、
同時に女性的な面も、いくらか持ち合わせています。
どちらかというと何かに挑戦するのが好きで、
空間能力や論理的な考え方を使う分野で力を発揮できます。
比較的に人との対話を重視し、
仕事面ではチームの取りまとめをすることに適しています、
努力次第で、女性的な考え方や感情なども得られます。

なるほど。ちょうどよいバランスってところか?
ある程度、女の子的な考えも理解できて。
ん?自画自賛?(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

原宿・KDDI DESIGNING STUDIOへ行く!

さて、その次は原宿・KDDI DESIGNING STUDIO

ちょっと原宿というのは、
行きにくい感じもあるんであるんだけど…
まぁ、そんなこと誰も気にしちゃいねぇからな。

JR原宿駅を降りて、表参道を歩いて明治通りを左折。
竹下通りの信号の目の前だ。

kddi

1Fは、イベント会場ですな。
イベントのない昨日は、取り立てて何もなかった。

2Fは、auのサービス体験コーナー。
ただ単に体験するだけじゃなくて、
専用端末をタッチパネルで操作していくと、
手元にあるケータイが連動して動き、
そのケータイで、BREWアプリなどが
体験できる、というもの。

また、コンテンツカードメーカーというのもあって、
体験したコンテンツと自分の写真、
あるいは、原宿の風景写真が印刷された
カードにして持ち帰ることも可能。

kddi2

nikko81は、自分の写真だけをとっても仕方がないんで、
原宿の風景写真にしました。
# ココログのURLを入れようとしたんだけど
# 字数オーバーで入らんかったよ!

あと、自分のtalbyと展示されてあるtalbyを比べ、
自分のは結構傷がついたなぁ、
と見比べていると、スタッフの女性が話しかけてくれて、
しばらくべらべらと話をしてた。

talbyのネックストラップ、つけようとすると、
実際にメールをするときに
画面が逆になっちゃうので、ストラップをつける位置を
端末の下にして欲しかったなぁ
というとすごく賛成してくれた。
ちゃんと、上に意見上げといてね!

あと、最近出たばかりのW31SA
ちょっと見てきました。

知り合いの女性がコレにした、
という話を聞いて、ちょっと興味があって。
ただ、自分の興味は、「OCR機能」。

メールアドレスや電話番号に限るようだけど、
QRコードとかじゃなくて、文字そのものを読み取る
機能というのがあるんだよね。

まったく使えないわけじゃないけど、
撮影の仕方が結構難しい。
なかなかうまく取れなかった。

将来的には、普通の文字も読み取れたりすると
たとえば駅すぱあとを使うときにも、
路線図に書いてる文字を撮影して、
文字入力しなくても、検索できたりとか
おもしろいなー、なんて思ったりもする。

3Fは、ちょっと未来が体験できるフロア。
愛・地球博で使われるスタッフ用、来館者用の
端末も先行展示してあった。

ただ、使い方が今ひとつ分からんかった。
電話にしてもちょっと大きく、PDAぽかったな。

あとは、KDDIの光ファイバーによる
コンテンツ配信の体験やKDDI研究所の
顔の認識システムで、原宿のカタカナ職業のなかから
自分の顔に近い職業を探してくれたり、なんてのもある。

ずっと、人が入れ待ちきれなかったので、
体験はしてないけど。

2時間も3時間も、長居はできないけど、
ちょっと時間を潰すのにはもってこいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

家庭で使うTabletPC・dynabook R10をみてきたぞ

昨日、日曜日は出かけていたんですが…
なぜか帰ってきて急に眠くなって、
ちょっと寝るかぁと思って寝たら、、、

なんと朝の4時!
19時に帰ってきて、4時。
寝すぎやろ。

というわけで、こんな時間に更新であります。
で、東芝の新タブレットPC見に行ってきました。
やはり実機を見れるのはよいよい。
タブレットPCは、見れるケースが少ないから。

基本的に、家族でというよりも
小学生くらいの子どもが使うのに
ペンでっていうのがおもしろいよ、という感じなので、
漢字ドリルやお絵かきメールなんてのが
全面にアピールされてある。

でも、ちょっとここは純粋にタブレットPC
としての機能・性能について、見てきたよ。

■14.1型LCDで2.8kg
ん?これって、タブレットPCとしての性能かい?
と思われるかもしれないが、
外には持ち出さず家庭で、
みんなで使えて、ということを考えると、
コレくらいがいいのでは、と思う。

最近のノートは、家の中で使う用にしても、
4kgくらいあったりするけど、
ペンで書いて、誰かに見せたり頻繁に動かす
ことを考えると、ある程度軽くなくては。
モバイルPCほどに軽くなくてもいいけど。

■Toshiba InputAid
東芝独自の文字入力ソフト。
重ねがき(同じ場所に連続して文字を記入)したり、
枠なしで文字を書いたりして、
手書きで文字の入力ができる。

重ねがきができるというのは、
このソフトの利点だけど、
それだけな気がした。

別にMicrosoftのTabletPC入力パネルがあるわけで、
入力パネルが2つあるというのが
かえって、使いづらい気がする。

入力パネルに追加機能をつけて
東芝独自に認識率を上げるとか、
そういう風になったほうがいいんではないかな。

■Windows XP Tablet PC Edition 2005
これは、ちょうど普通のWindows XPのSP2に当たる。
古いTabletPCを使っていても、SP2にすれば、
Ver.2005になるんだけれど。。

正直、ウチのTabletPCも早く
2005化した方がいいなと思った。
やっぱり、使いやすく進化している。
# セキュリティがらみのところがうざったい、
# というのはあるんだけれど。SP2だからね。

文字入力の場面になると、
自動で入力パネルが出てくるし、枠なし入力も可能。
ただ欲を言えば、パネルすらもなくて、
画面上に書きさえすれば、
自動で入力、くらいに行かないと
シームレスではないのだけれど、
これは、今後の進化を待つことになるんだろうか。

■東芝サインログオン
これは、今使っているタブレットPCにもぜひ欲しい。
いわゆる、Windowsのログオンを
筆跡を使ってやってしまおうというもの。

最近ちょくちょく、IBMが指紋認証のCMをやっていたり、
富士通のLOOXに指紋センサーが搭載されたり、
相次ぐ情報漏洩事件や個人情報保護法もあってか、
こういった類のものが注目されている。

たしかに、普通のPCならば、指紋認証というのも
アリだとは思うんだけれども、
せっかくタブレットPCなんだもの、
文字入力を活用したい。

ためしに登録してみたが(あとで消しておいたが)
登録は簡単。登録に使う文字列を、手書きで6回書くだけ。
何も考えずに書いて、できたから
失敗することはほとんどないと思う。

ただ、Windowsのログオンだけ、というのがちょっと残念。
富士通のLOOXは、ID/パスワードが必要な
サイトへのログイン(例えば、Yahoo!オークションとかそういうの)
にも使えるらしいので、
こちらもそういう使い方の広がりが欲しい。

モバイルで持ち出すなら、Windowsログオンが
手軽にできるというのは、うれしい機能だけど、
むしろ、家で使うということであれば、
パスワードをキーボードで入れなくても、
手書きでサインをすればいい、
というほうが使うシーンが多いと思うぜ。

実は、単体でこのような機能をもちソフトもあったのだが、
HP TC1000には相性が悪いようで
使えなかったのだ。TC1000にも使いたいねぇ。

■VisualClip
おそらくMicrosoftが提供しているであろう、
ペンの活用ユーティリティ。

ペン先を拡大したり、画面の一部を切り取って保存したり
というのだけど、あとひとつ
画面にどの部分にもメモをつけられ、
これを画像として保存できるという機能があった。

これ、ずっと壁紙みたいにメモを
保存することができないんだ。
画像として保存、じゃなくて、
常に画面上に保存しておいてくれたらいいのにな。

そうすれば、メモをわざわざ
Windows Journalという手書き用のメモ帳を起動させずに
いつでも書けるし、いつでもメモを参照できるのになぁ。

…と言い出したらきりがないけど、
タブレットPCが普通のノートPCのひとつ、
になる第一歩だ。

いろんな人が関心持ってくれるといいなぁ。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

織田家が世界を制覇…って今頃!?

最近、フィギュアスケートが熱い。
もともと、スキーのジャンプとか
冬のスポーツを見るのは好きなほう。
# 長野オリンピックのときは、
# 大阪・上本町の駅前で
# 原田選手が泣く姿を見ていたなー。
# 見ず知らずのヒトと手を取り合って
# 喜んだし(笑)

フィギュアスケートは、女子では言うまでもなく、
安藤美姫選手をはじめ、話題もちきりだけど、
男子もなにやらがんばっているらしい。

1週間以上前のことだけど、
織田信成選手が、フィギュアスケート
世界ジュニア選手権で初優勝したんだってさ。

しかも、かの織田信長から数えて17代目の末裔
まさに、現代になって「天下を取った」わけだ。

どうしてこういうの好きなんだろうなー。
「おぉ、ロトの血を引くものよ!」みたいな。
# ドラクエかよ!(笑)

わたしは、戦国時代が好きだから
戦国時代の有名人の末裔が
活躍するということにどうしても興味を覚えてしまうけど、
純粋に日本人が、スポーツで世界を相手に戦う
ということだけでも嬉しいんだけどね。

しかも、織田選手は大阪生まれ。
あら、nikko81と同じ大阪人じゃないですか。

なんでかな、と思って調べてみると、
「オーソレ、何それ?」さんのところの
信長の血が世界を制した」という記事によると、
彼は、信長の7男・信高の血を受け継いでおり、
近江で旗本として、その子孫は高家として
江戸時代を生き延びたようだ。
だから、関西人なのね。

ちなみに「高家」というのは、
江戸城内の儀式を司る家柄で、
収入(禄高)は大名より下の旗本クラスだが
大名並の権威があったそうな。
# 武田信玄の生き延びた子孫も
# この「高家」に任ぜられた家柄があるな。

来年のトリノオリンピックは、楽しくなりそうだなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

TabletPCの未来のために。

以前にも「これこそ、一般人向けのTabletPC!
ということで、記事を書いたけど、
すっかりそのあと、ノーチェックでした…
TabletPCユーザとしてマズイじゃないか!

ということで、ITmediaの記事から。

見ない間にかなり更新されてた。
東芝の担当者によるコメントがあったりして。

やる気があるんだかないんだか
わかんないような製品しか
出していないメーカーが多いなかで、
きちんと家庭向けにTabletPCを出した
東芝には、まず賛辞を送りたいと思う。

まずは今売れ筋のノートPCとして、
必要十分なスペックと価格帯で出したのも
正しい戦略といえよう。

ペンでないとできないこと、
がないとアピールしにくいということで、
「小学国語漢字ドリル辞書」なんつーものが
入ってたりするわけだが、
そういうアピールがあって初めて、
「PCでペンを使うこと」が当たり前になるんじゃなかろうか。

「あ!!」と思ったのは、
やはり普通の人にとって、TabletPCが、
ペンで操作する「特殊」なPCとして
映ってしまうことが問題なのかもしれない。

TabletPCの活用例」という紹介ページに
あったコメントなんだが、

 |「ペンでも操作できるノートPCなんだって“発見”できたら、
 |あとは会社で使ってるWindows XPと同じだから
 |悩むことはなかったです。
 |ペン操作そのものに慣れるための時間は
 |必要かもしれませんが、使い勝手はアナログ的というか、
 |手で直に作業する感じだということに気がつけば、
 |それほど難しいわけじゃないです。
 |もちろん普通にキーボードも使える訳ですし」

というように一般の人に思ってもらわないと
TabletPCは売れていかないのだろう。

と思っていると、一般の店舗で
展示されているところがあった!
新宿の高島屋内にあるベスト電器だそうだ。

ポイントを値引きと考えると、
17万5000円くらいで買えるらしく、
展示も見やすい位置に置かれているようだ。

まぁ、お店の性格もあるのだろうが、
確かに、似たりよったりな感じはするし、
そこは売り手にとっても、売りにくいみたい。

ベスト電器の人が言うように、
雑誌でもどんどん取り上げられ、認知度が上がっていって、
「TabletPCっていいよねー」
って普通に会話されるようになって欲しいものだ。

そのために、わたくしめも
このブログでTabletPCをアピールしていこう。
手始めに、明日新宿に見にいくぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きもいもの好き。

眞鍋チェック

きもいカエルの写真をアップする眞鍋嬢。
ううぅ、ほんとにキモイ。キショ過ぎる。

怖いもの見たさというか、
キモイものみたさ、なんだろうなぁ。
以前の「コオロギ・オブ・ジョイトイ」、もそうだしなぁ。

うー、ほんとにきしょい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TabletPCでお習字。

お世話になっている「東京+SOHO+スタイル」で、
インターネット書道というサイトが紹介されていた。

おおっ!これこそ、まさにTabletPCに
うってつけではないか?

ということで、マウスではなく、
ペンでやってみましたよ。

fiyfii

意味は、
今は東京にいるけど、ココロは大阪に。
いつまでも大阪人です、
みたいな意味です。

コレでも完全に納得はしてなくて、
1時間も書き続けてしまいました(苦笑)
# もう腕痛いよ!

たまに字を書きたくなるときがあるので、
このサイトを使って、お習字をしたいと思いますっ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

そんなぁ…

眞鍋チェック。

最近、更新頻度加速中だな。
まずは「YMCA」。
残念ながら、ナカマウチのことばっていうのが
すぐ思い浮かばない…

つづいて、「対談中」。
枡野浩一という方との対談だとな。

 |枡野さんはご自身のブログでブロガーから短歌を募集して

あ、そうそう。知ってる。
で、先月の短歌のテーマが「眞鍋かをり」
だったそうで、

 |セクシーに「京都府警」のプリントT 
 |  着こなしそうだ眞鍋かをりは(PDP)

という短歌がお気に入りだとか。
うーん、コワれたセンスがステキ(笑)

てか、

 |こいつのプリントTを着てセクシーに見せよう
 |と思ったらもう下全部脱ぐしかないっすよね…。

さらりととシモ系が入っているのも、
「眞鍋かをり」っぽいねー、と普通に思えてくるから
不思議なものだ(笑)

で、タイトルの「そんなぁ…」ってなんだよ!?
って思いませんでした?

そうそう、ここからが個人的に大事なんだ。

だぁーってさぁ。。

 |とにかく、この短歌を考えてくれたPDPさんに
 |人生初のトラックバック!!!!!!

人生初

ですか !
じゃぁ、これはなに…アレはまぼろし??

ねぇ、

トラックバックの一覧に
「眞鍋かをりのここだけの話」って書いてある

よねぇ?

うぅ、いと哀しや。。。

P.S.
なんと、「人生(たび)のつれづれ」さんによると、

偽トラックバックって簡単にできるんだと!


眞鍋かをり→nikko81の虎場も
ニセってことか!!!

…だから「人生初」なのかぁ、へこむなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

検索結果を画像で見ると…

もう、Web検索といったら、
Googleのみを使い出して、ずいぶんなる。

が、ここに来て、ちょっとおもしろい
検索をしてくれるサービス「marsflag」が
開始された、という話題を
Broadband WATCHから。

サイト検索を中心としているので、
ブログ等は検索結果に出にくいようだけど、
どんなサイトを検索するときに使うんだろうか?

Yahoo!が一番有名だった頃から、
「ただ単に検索する」
ということをコンセプトにしていることが、
Googleの成功の要因だと思っている。

と考えると、もう少しはっきりとした
利用するシーンがイメージできないといけないなぁ。

会見に出た眞鍋ちゃんは興味津々だったみたいだけど。
やっぱり、サイトのデザインをキーにして
ページを探すってこともあるのかな。

で、「funny 一時 serious のち interesting」で検索してみたんだけど…
ブログがあまり出てこないためか、
「funny 一時 serious のち interesting」は、
いつまでたっても出てこーへんやんけ゛(`ヘ´#)

manabe_marsflag

manabe_marsflag2

それなのに、検索結果1ページ目に
眞鍋かをりのここだけの話」がぁぁ!
なんか複雑。。。ま、いっか。

そうそう、今日「ロンドンハーツ」に
真鍋ちゃん出てたねー。

テーマは「この女の袋とじは開ける必要なし」!
男性100名のアンケートで堂々の最下位。
つまり、最も開けたいと思われてるってことだ。
よかったねー。

って、いつの間にか眞鍋ネタになってるし(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ほーほけきょ。

さっき、家を出るとき、
ウグイスが鳴いていた。

気温の寒暖では、季節の変わり目を
はっきり知ることができないこの頃は、
動植物で季節を感じることが多いなぁ。

春のウグイス、秋のキンモクセイなんかがそう。

あぁ、春か。時間の経つのが早い…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アシンメトリー…

眞鍋チェック

髪を斬った、じゃなくて髪を切った眞鍋嬢。

|春らしく奈良王朝スタイルにしようかとおもったのですが

とか書いてるから、思わず「奈良王朝スタイル」で
ググっちゃったじゃないの!

ま、それはよいとして、

|今回の髪型はかなり気に入った

髪型はよいですなぁ。
女の子はやっぱりストレートがいいなぁ。
無難っちゃー無難だけど。

ちなみに「アシンメトリー」がわかんなくて、
また、ググっちゃったじゃないの!
なーんだ、「左右非対称」ってことなんや。

なるほどー。勉強になったよん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

髪、ふさふさ。

先日、「小樽で見つけたこんなもの」ということで
変わった観葉植物の話題を出したが、
アレからどんどん伸びて…

fusafusa

こんなんなっちゃった!
(マギー慎司風に)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

人の動きに反応する広告

BMWがはじめた、人の動きにあわせて動く広告、
の話題をasahi.comから。

 |床面に投影された映像の上を人が歩くと、
 |水たまりに映る景色のように映像が形を変える

そうだ。

うー、こういう試みは、大好き。

港区東新橋の日テレそばということだから、
汐留のあたりだろう。
ちょっと見に行ってみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ぜひ、「ぷっ」すま絵心クイズへ…

眞鍋チェック

アニメのトークが苦手なスタイリストさんが、
お絵かきも「絶望的」に下手、ということが判明の巻。

『ヘリコプターを描いてみて』
ということで描いた絵がスゴイ…クサナギ画伯もビックリ。
(いま、さっきまで「ぷっ」すま見てたからさ)

って、昨日の「爆笑問題のススメ」で
アンタもすごい絵書いてるやん…
シュールというかなんというか。
# でも、そんな絵にスライムがいるところが
# マナベちゃんらしいー。

スタイリストさんとかをりちゃんセットで、
「ぷっ」すま絵心クイズに出てみたら?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

景気よろしいなぁ、KDDI。

KDDIが、東京・原宿竹下口にショールーム(?)を
オープンさせるようだ。ケータイWatchから。

KDDI DESIGNING STUDIO」というらしい。
最上階にはカフェがオープンし、
吹き抜けのテラスで景色とお茶を楽しめるんだとな。

最近のKDDI(っていうかau)は勢いを感じますな。
どんなもんか、この週末見てこよーっと。

talbyやINFOBARがらみの
おもしろいものがあるといいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ま、これからってとこでしょうか

もういろんなところで触れられているが、
ついにココログもディスク容量のアップ
発表された。

nikko81は、ココログプロなので、300MB。
そんなに使うかなーという気もするけど、
写真が多いから、多ければ多いほど
安心ではあるよな。

これからもディスク容量については、
検討していくそうだから、
ちょっと楽しみではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消えゆく列車、新たな列車。

たまたまなのだが、気になった記事が、
どちらも電車ネタなので、
こんなタイトルにしてみた。

まずは、消え行く列車。
寝台列車「あさかぜ」「さくら」が引退する、
という日経スポーツの記事。
「さくら」はあまりよく知らないのだが、
「あさかぜ」は乗ったことはないものの、
ちょっとチェックしていたんだ。

そ・れ・は。

大阪で飲みすぎて、でも明日東京で仕事、
というときに、東京に戻る手段の一つだから。

知る限り、飲みすぎた後に帰る手段は、
「あさかぜ」「銀河」「サンライズ号」の三点。

始発の新幹線という手もあるにはあるんだが、

(1)始発まで時間を潰すのが面倒
(2)ネットカフェとかで時間を潰すと、寝過ごしそう

という理由で怖いんだよな。

結局、サンライズ号と始発の新幹線、急行銀河は
乗ったんだけども、あさかぜは乗らずじまい。
ちょっと残念。

始発の下関駅ではさよならイベントもあったそう。

つぎに、新たな列車。
これは、新宿-箱根湯本間を結ぶ「小田急ロマンスカー」が
新型車両を導入するという話。nikkeibpから。

で、車内の照明がLEDが使われているそうだ。
リンク先の写真を見ていただきたいのだが、
すごく高級な感じ。

ぜひ、乗ってみたいなぁ。
「上質な室内空間」というものを体験したい。

東海道新幹線にも、いろいろ変わった列車が欲しい。
山陽新幹線には、ひかりレールスターがあるのに。
だから、大阪まで新幹線で行くのはつまんないんだ。
# ほんとにそうか?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »