« 出張ついでに雪まつり。 | トップページ | そんなにニーズつかんで…また買わせる気ですか »

出張ついでにウイスキー。

さらにさらに、札幌だけじゃなく、
小樽や余市にも行ってきた。

どういうわけか、中国人観光客が多かったな。
で、すっごい派手なポーズをみんな取ってて、
めちゃめちゃテンションも高いんだよ。
ちょっとビックリしちゃったねぇ。

これが運河ね。
夜に行くと、キレイにライトアップしてるんだけど、
まー、会社のカネでいってるわけで、
そうはうまくは行かないもんさ。

otaru

小樽ではいろんな買い物をした。
「小樽ナニコレ貿易」と「なんや館やあった蔵」ってとこ。

nandakanda_nanikore

なんやかんやあったぞう…って、
めっちゃ関西のノリやん(笑)

置いてるのも、イイ意味でくーだらないものばかり。
小樽土産に「小」さい「樽」とか(笑)

otarudetaru

あと、水だけで育つ植物なんだけど、
人の頭の形をしてて、ちょうど草が髪の毛になってて。
毛が生え出したら、また写真撮ろうかな。

小樽を出る頃には、すごい吹雪。
まただよ…小樽来るといつも吹雪。

otaruekimae

で、そのあとに余市へ。

前に札幌へ行ったときと同じパターンなのが
ちょいっとアレなんだが…

余市というとニッカウヰスキー北海道工場。
ここでは、ウイスキーの試飲できやす。
前に来たときには、時間が遅くて
よく見れなかったんだよなー。

yoichi_front

受付の方に一通り説明してもらったんだけど、
1号貯蔵庫というウイスキーを
造りはじめたときからの貯蔵庫、これがすごい。

入ると空気が違うんだ。
樽のいい香りと澄んだ空気。
なんともいい気分になる。
冬の寒さと澄んだ空気がないと、
おいしいウイスキーはできないんだろうな。

first_cask

ウイスキーはこんな環境で、何十年も寝かされる。
二十年も寝かすと、半分しか残らないそうだ。
なくなった分は、「天使の分け前」
なんとも粋な名前をつけるじゃないか。

ウイスキー博物館では、
ウイスキー樽そのままの原酒を堪能。

ここ余市蒸留所のウイスキーは、蒸留させるときに
ピートを燃やして直火で乾燥させるので
すごく力強いピート香がガツンと来る。

普通は、モルト(二条大麦)からできるモルトウイスキーと
とうもろこしからできるグレーンウイスキーをブレンドする。

が、それだけじゃなくてモルトだけ、というのがある。

違う蒸留所のモルトウイスキーをブレンドするのが
ピュアモルト。

同じ蒸留所のもの同士をブレンドするのが、
シングルモルト。

同じ樽から出すのがシングルカスク。

グレーンを混ぜるブレンテッドとはもちろん、
蒸留所によっても、モルトウイスキーのでき方が違うし、
蒸留所が同じでも樽が違うと微妙に違うそうだ。

ま、そんな能書きはいい。
今までに感じたことのない深い香り。
とても幸せになれる香りだ。

というわけで買っちゃいました。樽だし原酒。

single_cask

15年モノはシェリー酒の樽につめたもの、
20年モノは、通常の樽。
それぞれ違う香りが楽しめる。

ちょっとずつちびちび飲んでいこ。

で、ついでに小樽や余市と関係ないけど、
帰るときに撮った写真を。

雪まつりですごい混んでて、新千歳→東京の
チケットがどうしても取れず、
函館を経由することに。

で、札幌の北にある道内専用の丘珠空港から
函館にプロペラ機で向かい、
そこからジャンボジェットで羽田へ。
うー、プロペラ機いやだよぉ。

puropera

しかも、函館空港が積雪のため、
除雪が終わるまで、プロペラ機で旋廻。
イヤ過ぎる…

函館発の飛行機の出発も遅れ、
結局、羽田に1時間送れて到着。
ヘトヘトでしたよ…
仕事で疲れてんのに、更に疲れさすなよって。

ブログ、更新できなかったのも
まぁ分かったいただけたでしょうかね。。

|

« 出張ついでに雪まつり。 | トップページ | そんなにニーズつかんで…また買わせる気ですか »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出張ついでにウイスキー。:

« 出張ついでに雪まつり。 | トップページ | そんなにニーズつかんで…また買わせる気ですか »