« 黒あめがお好き。 | トップページ | 名湯白骨と長野灯明 »

真田をめぐる(上田、真田、松代)

また、週末旅に出てしまった。
火曜から長期出張だというのに…

その行き先は、長野。
昨年から始まった善光寺のライトアップ
長野灯明まつり」というイベントがあるのだが、
その色とりどりのライトアップが楽しみで、
また行くことにしたのだ。

でも、休みが土日とあるのに、
それにいくだけで長野新幹線に乗るのは
どう考えても癪である。

昨年も同じように考え、あちこち行ってきたのだが、
今年は、昨年に行きそびれたところを
行くことにしてみた。

というわけで2/5(土)は、
真田のルーツを巡ることにした。
この日は、日本史一色でござります(笑)
日本史、特に戦国時代に日本なんて、よ~わからへんわ~
という方は、ごめんなさいです。

早朝の新幹線に乗って降りたのは、長野県上田市。
あの有名な真田幸村の父、
昌幸が徳川を追い返した、上田城のあるところだ。
ところが、お出迎えは幸村氏。
やっぱり、幸村氏の人気は大きいんだろうねぇ。

ueda_yukimura

まずは、上田城。この城が有名になったのは、
徳川家を2度も打ち破ったからだ。

一度目は徳川家康。二度目は徳川秀忠。
特に二度目の秀忠に対しては、
真田昌幸が徹底的に秀忠の目を上田に釘付けにし、
関が原への進軍を遅らせた。

で、合戦に間に合わなかった秀忠は、
家康に大目玉を食らうという
情けない結果となったわけだ。

結局、関が原では徳川が勝って、
真田昌幸・幸村は、高野山に幽閉されるのだが、
秀忠は最後まで処刑を望んだという。
# コイツの器量の狭さが分かるエピソードですな(笑)

という実戦的な城郭のため、
天守閣など飾りになるものはないが、
それはそれで、よいものだ。

城門だけは復元されていて、往時の雰囲気だけはある。

ueda_front2

ueda_front4

その手前には、「真田石」という石がある。
上田から、松代へ転封になった昌幸の息子
真田信之が持ち出そうとしたが、どうにも動かなかった
というエピソードがあるそうだ。

sanada_stone

城門をくぐると、真田神社。
福岡・太宰府天満宮や京都・北野天満宮にはじまり、
甲府・武田神社もそうだが、
実在の人物を「祭神」として祭るのは、
日本だけじゃないのかなぁ。
なかなか他では見ないような気がする。
# あ、三国志の関羽もそうか。神様になってるもんな。

二の丸には、上田市立博物館があり、
真田関係の展示もいくつかある。

そのなかで気になったのは、
真田昌幸が身に着けていたという具足(鎧)。
すっごい小さいんだよな。
昌幸は小柄な人物だったんだろうか…

なんてことを思いながら、
今度は、上田築城まで拠点であった真田町へ。
そう、町の名前が表すように、真田氏発祥の地である。

歴史上の人物の氏(うじ)は、
領地を持っていた地名を関することが多い。
真田も例外ではない。

JRバスが廃線になっていて、ドキッとしたが、
別のバスが運行していたので、一安心。

かなり歩かされて、ちょっとうんざりしたけど、
その途中で、真田町の住民投票を呼びかける
放送が聞こえた。

日曜日(2/6)に、上田市との合併の是非を問う
住民投票があるらしい。

で、この放送は、合併しないよう呼びかけていた。
それは、上田市の財政事情があって、
真田町は単独でやれる、ということだそうな。
でも、今日(2/7)住民投票の結果を見てみたら、
住民は合併に賛成であるようだ。

半数以上、3分の2以下の賛成ということで、
圧倒的ではないけど、住民投票でこうなんだから、
合併の方向に傾くんだろうなぁ。
でも、「真田」の地名はどうなるんだろう?

ま、それはさておき。真田氏屋敷跡へ。
隣に真田歴史館がある。
こんな洒落たオブジェで出迎えてくれる。

rokumonsenn_interior

中は…意外と新しい情報はなかったなぁ。
来るのは大変だったのに。

隣にある真田氏館跡も、ちょっくら寄ってから
真田氏記念公園へ向う。

その途中、マンホールのデザインに眼が行く。
甲府も確か、武田信玄一色な
デザインだったような気がするが、
こちらも負けず劣らず、真田一色だ。

frag_manhall

ちなみにほかにもこんなマンホールが。

jyuyushi_manhall

着いた真田氏記念公園は、公園とはいっても
石碑があるだけだった。

sanada_roots

ここには、真田幸隆・昌幸・幸村の石碑と
真田太平記を書いた池波正太郎の筆で、
「真田氏発祥の碑」、とある。

なんか、真田という名前でイメージするような
動乱や謀略とは無関係っぽい、
すごいのどかなところだ。
でも、こうして郷土の人間に有名なひとがいると、
ちょっと誇らしい気分になるんだろうな。

というわけで、またバスに乗って
上田に戻り、上田から松代へ向った。

松代は、昌幸や幸村と違い、
関が原の合戦で徳川方についた、
昌幸長男・信之の時代、転封となった場所。

それよりなにより、かの武田信玄と上杉謙信の
川中島大合戦の舞台でもある。
松代城は、この時代海津城とよばれ、
信玄が信濃経営の基盤としたところだ。

ということで、松代の「真田邸」「真田宝物館」
そして、松代城へ。

とはいっても、江戸後期から明治期の真田邸は
そこそこにしておき、まず宝物館へ。

宝物館、なんだけど、興味を持ったのは、
さまざまな解説のほうだ。

■真田と伊達
昔は、他家から養子縁組をして、
家系を保つ、ということをよくする。
真田家も例外ではなく、
結構養子縁組をしているようだ。

八代松代藩主・真田幸貫(ゆきつら)は、
寛政の改革で有名な松平定信が実父だし、
十代・幸民(ゆきもと)は、宇和島伊達藩の出身。

実は、真田幸村の子孫が仙台伊達家で存続
なんていう話もあって、
意外と伊達家とつながりがあるんだなぁ、と。

■真田幸隆が重用されたワケ
信濃の一小豪族であった真田氏。
その真田氏が、武田信玄に重用された理由も
解説されてあった。

というのも、信玄は謙信と直接対決を避けた。
そう、謙信は戦争の達人であり、
とにかく戦争をしたがるわけで、
あくまで、武田領の拡大を目指す信玄とは、
考え方がまるで違っていて、そんなヤツを相手にしてられん
ということだ。

そうすると、信玄の目は上野(こうずけ・現群馬県)に向く。
信濃から上野に向うには、真田を経由するのが近道であり、
上野を押さえておきたい、信玄の先頭になった
というわけだ。

なるほどねー。
もともと甲州の人間でないのに、
武田家の中で、かなり高い位置に
いた理由はそういうことだったんだ。

さてさて、本日の最後、海津城。
城門などが復元され、すこしはイメージを
膨らませることができるようになっていた。

kaidu_caslte1

といっても本丸には何もない。
城というよりは、砦みたいなものだから、
当然ではあるが。

kaidu_caslte3

ここが川中島合戦の舞台・海津城であったことは、
この石碑のみが示していた。
ちょっと寂しいもんだ。

kaidu_caslte2

この日も上杉軍が陣を張った妻女山は、
雲に隠れて見えず。
でも、ちょっと川中島な気分が味わえた。

saijozan

さて、もう日がそろそろ落ちようとしている。
松代駅の屋根に西日が差し、つららが輝いていた。

turara

さて、この日は松本まで行き、
次の日の白骨に備える。

(つづく)

|

« 黒あめがお好き。 | トップページ | 名湯白骨と長野灯明 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真田をめぐる(上田、真田、松代):

» 今週のマンホール [Diario]
愛知県祖父江町・愛知県鳳来町・愛知県一宮町・神奈川県南足柄市・大阪府大阪市・大阪府泉南市・長野県真田町・滋賀県高島町・兵庫県神戸市長田 [続きを読む]

受信: 2005.02.14 17:30

« 黒あめがお好き。 | トップページ | 名湯白骨と長野灯明 »