« 超割の旅…北海道その1(霧多布) | トップページ | 壁紙をつくってみました »

超割の旅…北海道その2(鶴居村)

さて、地獄の1日目のあと、
2日目1/23は、ツル観察ツアーへ。

これは宿を取った釧路湿原とうろユースホステル
夏にもお世話になりました
のオプションツアーだ。

昨年の冬にも訪れたのだが、
当日になって始めてそんなツアーがあることを知り、
事前予約制なために、参加できなかったのだ。

今日はガイドの方の車で
鶴が居る村「鶴居村」まで行く。
もともとは、シタカラ村(漢字を当てると舌辛村)
といったそうだが、改名して「鶴居村」となった。

車での移動だから、そんなに寒いわけではないが、
ユースを出るとき午前9時の外気温は-10℃。
うー、さぶっ。

-10

いつものとおり、ガイドさんが居ると、
いろんな話が聞けて、とても有意義。

日本の全湿原の面積の約60%にも及ぶ
広大な面積を持つ釧路湿原。
しかし、タンチョウヅルのエサは少なく、
こんなに広くても、多くのタンチョウを養えない。

最近では、根室や道北のサロベツ湿原へ
移住するタンチョウも居るそうな。

湿原自体も変化していて、
湿原の乾燥化で道の両脇に木が多く生えてきたり、
霧の釧路といわれてきたが、
霧の発生日も少なくなってきているんだそうだ。

同じことは摩周湖でも起こっており、
将来は「霧の摩周湖」が伝説になってしまうかも、
ということで。
# このときに霧の摩周湖が見えたのは、
# むしろ幸運だったのかもしれないな。

途中、釧路川が見えたが、
氷が上流からどんぶらこ、と流れてくる様子が見えた。
ちょっと、流氷を見た気分(笑)

kusirogawa

さらに元来北海道にいたとされる馬
「道産子」の牧場も。

一般に「道産子」というと
北海道出身の人を言うけれど、
もともとは馬の種類のことなんだそうだ。

トレッキングもできるらしく、
サラブレッド系の背の高い馬とは違い、
背が低いので、初心者でも怖くないという。

さて、肝心のツル観察だが。
ツルの寝床や給餌場へ行くも、
なかなか肉眼では見れないくらい
遠くにタンチョウが居た。
いっぱいいるのだけれど。
飛行スポットには、なかなか現れてくれないし。

最後に鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ
という日本野鳥の会が管理している給餌場へ。

sankuchuari

もともと伊藤さんという方が、
個人で給餌していたらしいが、
今では、日本野鳥の会が
受け継いでいる、ということで。

まず、タンチョウを観察する前に
スタッフの方からいろいろと説明を受ける。

夫婦仲がよいというイメージのあるタンチョウだが、
旦那が強いオスに負けるたびに
旦那を負かした強いオスに乗り換えるメスも居れば、
何年も同じ番で仲良くやっている番もあり、
まー、タンチョウの世界もさまざまです、
って言うのが印象に残ったなぁ(笑)

で、外に出て観察。
やっぱり遠いなぁ、という感じだったが、
いい写真はいくつか撮れました。

tanchou1

tanchou2

飛翔する姿は、優雅そのもの。

で、これでツアーは終了、
と思ったら最後におまけがあった。

今、塘路を通る釧網線では、
SL冬の湿原号が運行しており、
ちょうど通る時間に帰ってきたようで、
写真を撮らせてもらえた。

SLなんて実物が走っているのを
見たことがなかったから、ちょっと感動。
走り去るのを見たあとは、石炭くさかったよ(笑)

SL

このあとは、釧路まで戻り
駅前のラーメン屋でラーメンを食べる。

北海道でラーメンといえば、
旭川、函館、そして札幌の3箇所であるが、
最近は釧路もクローズアップされてるという。

多分、名の通っていない駅前の
ラーメン屋でも、かつおのダシがかなり効いてて、
極細の縮れ麺がよく合っていた。

調べてみると、札幌駅のそばの札幌エスタでも
有名店が出店しているようだ。頭に入れておこう。

今回は、こんな感じでしたよ。
1日目の強風のせいで、
これを書いている今、ものすごく足が筋肉痛だ…

|

« 超割の旅…北海道その1(霧多布) | トップページ | 壁紙をつくってみました »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

うわ、冬の北海道めちゃめちゃいいですね。

今年の夏に北海道を旅行しましたけど、やっぱり写真を拝見すると(特にタンチョウ!)冬こそ北海道らしいって感じがします。

それに、霧の摩周湖を見ていたのですね。自分も3回ほど行きましたが、全て綺麗に晴れ渡っていて、おっしゃるとおりそのうち見れないものになってしまうのかも…

投稿: みや | 2005.01.24 08:30

nikko81です。

コメントありがとうございます。

タンチョウはなかなか近くでは
見れませんでしたが、
いい写真はとれました。

といっても何十枚も撮ったなかの
一枚なんですけれど。

摩周や釧路の霧は、なくなるのも寂しいですが、
ありすぎるのも困ったものですよ(笑)

投稿: nikko81 | 2005.01.24 22:44

うわぁぁぁ。
鶴イイですね〜 ( ;∀;)
霧多布から無事に生還できてよかったですね〜。
夏の糠平散歩、気持ちよさそうですね〜。
なんか今モーレツに感動してます。
やっぱり旅っていいですね。

私はもうちっと暖かくなったら自転車を持って高知に行こうと思っています。
住んでいた事もあったのに、岡豊城址行った事無いんですヨ。
土佐日記参考にします! ヽ(´▽`)ノ

投稿: micio | 2005.02.28 17:29

micioさん、こんばんは。

nikko81です。
コメントありがとうございます。

モーレツに感動だなんて。。
そういっていただけると、
ブログ冥利に尽きます。

それに、高知行かれるんですか。
以前、お住まいということですと、
なつかしい場所などもあるんでしょうか?

戦国大好きなものとしては、
岡豊城址は、いるだけで楽しかったです。

micioさんの土佐日記、
楽しみにしてます。


投稿: nikko81 | 2005.03.01 00:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超割の旅…北海道その2(鶴居村):

« 超割の旅…北海道その1(霧多布) | トップページ | 壁紙をつくってみました »