« 【先週の話】3連休、外出続き(その3) | トップページ | タブレットPC好感度アップ大作戦 »

いずれ離れるべき場所

テレビ代わりにテレビ内蔵PCを買ったのを
きっかけに、いっそ部屋の整理でもしてみるか、
というわけで、昨日部屋をひっくり返して、
部屋の大(?)整理をしてみたわけで…
整理になってんのか、という疑念はあるのだけれど(苦笑)

そのとき、古い「person」が出てきて、
わたしの好きな女優さんの本上まなみさんが
「東京逍遥」という記事を書いていた。

そこで、あぁと雑誌を残しておいたわけを
思い出したのだ。

本上さんは、「ほんじょの虫干。」「ほんじょの天日干。」
「ほんじょの鉛筆日和。」という三冊のエッセイ集に加え、
海外の絵本を翻訳したり、自分でも絵本を出版したり、
「ものかき」としての一面ももっている。

好きな女優、と書いたけれど、
もちろん、出演したドラマや映画を見ることもあるけれど、
この「ものかき」としての本上まなみが
自分にとっての本上まなみそのものだ。

この「東京逍遥」にも書いているように、
自分のことをしゃべるのが苦手で、
普段の自分を分かってもらえるとうれしい、
だから書くのだそうだ。

わたしの場合は、書きたい衝動があって、
気づいてみれば、本上さんの言うような、
「普段の自分を分かってもらえるとうれしい」
という感覚を覚えたのだが…(笑)

さて、前置きが長くなってしまったが、
この雑誌を残しておいた理由。
それは、こんな本上さんのコメントが気になったからだ。

 |…(中略)
 |東京って刺激もあるし、住んでいて楽しいけど、
 |将来はもっと自然があるところに住みたいし
 |ここは通過点のように思える。
 |ある一時期だけいるような、
 |みんなそれぞれに何かを見つけたり、
 |なくしたり、手に入れたりして、
 |ほかのところに行くのかなって
       
そのときに感じていたことと、
どこかリンクするような気がして、取っておいたのだ。

自分にとって、東京とは戦場にほかならない。

あれだけ東京なぞ行くものか、といった人間が東京に来て、
その戦いで何を得たのか。

忙殺の合間のふとしたときに、
瞬間、立ち止まってみる。
しかし、自分の出した曖昧な答えに、
立ち止まることさえ怯えはじめ、
再び、忙殺の波に身を任せる。

通過点だと思いたい。その先が見たい。
雑誌を読み返し、またそんなことを思ってしまった。

|

« 【先週の話】3連休、外出続き(その3) | トップページ | タブレットPC好感度アップ大作戦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いずれ離れるべき場所:

« 【先週の話】3連休、外出続き(その3) | トップページ | タブレットPC好感度アップ大作戦 »