« このマウス欲しい~! | トップページ | これはホームシアターだけじゃないぞ… »

ビデオカメラのあるべき姿とは

わたしの勝手なイメージに過ぎないのだが、
おとーさんがこどもの運動会なんぞを
撮っているのがビデオカメラ、というイメージがあり、
ある程度、稼げるようになってから買うもの、
家庭を持ってから買うもの、みたいな感じがある。

とはいえ、最近ではデジカメでも
動画が撮れるのが当たり前、である。

特に、三洋電機は動画デジカメで
名を売ってきたこともあり、
Xactiは、撮り方ももうビデオカメラのスタイルだ。

とある量販店で、このXactiの新商品
説明員の方がいたので
ちょっと話していたのだが、
動画の手ブレ補正がついたそうな。

静止画に働かず、動画だけというのが
気になるけれども、もう使い方はDVカメラ、
ということなのだろう。

そう考えると、記録容量が気になる。
SDカードを使っていたら、
現実的な容量は256MBが限界だ。
1GBや512MBなんぞ、高くて買えやしない。
マイクロドライブとか使えたらいいのになぁ、
とその説明員さんと話していた。

そうするとこんなものが、ビクターから…

ずいぶんティザー広告を出してたみたいだが、
(ちょっとずつ情報を出す、いわゆるじらし戦法ね)

マイクロドライブにMPEG2で記録するもの。
MPEG2で最高画質で撮れば、
DVDみたいな映像が撮れるわけだ…

て、値段見たら安いものでも「13万円前後」。

これやったら、普通のDVカメラかえるやん!
もうちょっと安くならんもんかなぁ。
今までのデジカメみたいに、MPEG4でいいから、
マイクロドライブに撮れるものがほしいですなぁ。

自分にとっては、Webで公開できるような
小さい容量のムービーをいっぱい撮れる、
そんなビデオカメラが、理想型かな。

|

« このマウス欲しい~! | トップページ | これはホームシアターだけじゃないぞ… »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビデオカメラのあるべき姿とは:

« このマウス欲しい~! | トップページ | これはホームシアターだけじゃないぞ… »