« TabletPC、結局どう使うのさ? | トップページ | すごすぎるぜ、あんた! »

PDAはどうすれば生き残るのか…

d-mate's PC&Digital Gadgets weblog
スマートフォンもPDA、けれど普及には疑問も
という記事でPDAの将来について語られている。
まとめるとこんなとこか。

スケジュールやアドレス帳機能を中心に発展してきた
電子手帳としてのPDAが役割を終え、
通信が主体のスマートフォンに移行しつつある、と。

でも、スマートフォンもそもそものPDAのあり方を考えれば、
スマートフォンでもそれがPDAの進化したあり方
といえるのでは、とPDAの基本思想にたち帰った後で、
時間管理が主体のPDAなるものが
日本では受け入れられにくいのでは、と結んでいる。

個人的に、PDAは使ったことがなく、
また使おうともしなかっただけに、
こういわれると、素直に納得。

で、使ったことがない人間なりに、
PDAの将来を考えてみると、
PDAはそもそもの成り立ち(=時間管理)
に使われている以上は、普及しないだろうと思う。

しかし、すぐに起動できたり、
PocketPCなら、Windowsとの親和性がよいなど
技術的な面でいろいろ活用できそうな
潜在能力があると気がしてならない。

PDAの技術を使って、
まったく別の用途に使わせることが、
結果的にPDAの技術を残すことに
なるのではないか。

今は何をやらせても、中途半端に見えるのは、
ユーザ(法人じゃなくて個人ね)がやろうとしていることと
機械の設計思想がズレているからだ。

ブログ投稿用端末とか、そういうのはどうでしょう。
モブログもいいけど、そういうリアルタイム性を
重視して投稿したいときもあるけど、
やっぱりずっとケータイからじゃヤだし。

そういうときにパソコンを持っていくほど、
気合を入れなくていい、
使わないかもしれないけど、
持っていく気になる端末がほしいなぁ。

あ、ちゃんと前の記事で指摘されてるやん。
そうそう、こういうテキスト作成の端末が欲しいわけよ。
ビューワとしてはタブレット端末。
テキスト作成は別の端末で。

ビューワでがーっと読んでいた他ブログや
ニュースやメールの内容を、
テキスト作成端末に「気になる記事」として
送信しておき、時間のあるときに
ちょこっと気軽に投稿、とか。

できないかなぁ、こんなの。


|

« TabletPC、結局どう使うのさ? | トップページ | すごすぎるぜ、あんた! »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

nikko81さんこんにちわ。

PDAに関しては私も自分のWEBや本日の記事の超整理手帳の紹介の中で不要である論調を展開してますが、PDAがデバイスとしての魅力を失っていることは間違いないと思います。

d-mate's PC&Digital Gadgets weblogではタイムマネジメントの思想が広まっていないことも原因にあると私の考えより深く突っ込まれていることに感心してしまいました。

ダブルブッキングなどは意識して管理してますがタイムマネジメントの考え方は私もまだまだ大甘ですね(^^;

単にPIMとして使うのであれば携帯電話で容易に代用できますし手書き認識についても紙にペンで実際に書く事と比べるとPalmやザウルス、PocketPCは現状では代用にはなりますが置き換えるには及ばないと思います。
紙のメモなら相手への受け渡しも簡単ですし。

Blogへの投稿端末としてはSigmarionは最適かもしれませんね。2,3ともに保障外ですがAir-H"カードを認識させることも出来ますから。

私は現在、初代VAIO Uに拡張バッテリーを装着して合計1kg弱という状態+Air-H"Poneでモバイルを行ってますが起動の遅さやCrusoeのもっさり感など不満はありますがWEB閲覧+Blog投稿には十分ではないかと考えています。

文字入力に関してはVAIO Uのキーは小さいと感じますので
Sigmarion程度のキーピッチと8~10インチ程度の画面は必要なんじゃないかなと感じます。


投稿: 初瀬野@情報酒場店主 | 2004.07.18 16:16

はじめまして、d-mateのサイトオーナーです。トラックバックありがとうございます。
エントリを拝見し、また初瀬野さんのコメントもあわせて読むことで、再度考えをまとめてみました。
PDAが取り扱う、個人の情報というものの範囲が大きくネットワーク側に広がっており、PDAは(もちろん携帯電話も)まだカバーし切れていないのだ、と思います。
私はweblogを「管理の容易なテキストの公開ツール」として使っていますが、知的生産ツールとしてPDAや携帯電話とうまく組み合わせることで、もっと広い可能性がありますね。
それでは、今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: d-mate | 2004.07.20 22:27

はじめまして、d-mateのサイトオーナーです。トラックバックありがとうございます。
エントリを拝見し、また初瀬野さんのコメントもあわせて読むことで、再度考えをまとめてみました。
PDAが取り扱う、個人の情報というものの範囲が大きくネットワーク側に広がっており、PDAは(もちろん携帯電話も)まだカバーし切れていないのだ、と思います。
私はweblogを「管理の容易なテキストの公開ツール」として使っていますが、知的生産ツールとしてPDAや携帯電話とうまく組み合わせることで、もっと広い可能性がありますね。
それでは、今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: d-mate | 2004.07.20 22:28

初瀬野さん、d-mateさん、こんばんは。

nikko81です。
北海道旅行中につき、
コメントが遅くなったことをお詫びして。

そういやシグマリオンなんつーのもありましたねー。
初代シグマリオンがアキバで9,800円で
先週売ってたんですが、すっかり買うのを忘れて…
買っとけばよかったかな。

投稿: nikko81 | 2004.07.21 23:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PDAはどうすれば生き残るのか…:

» Personal Infomationとはなんだろう [d-mate's PC&Digital Gadgets weblog]
さて、連休はweblogのことをすっかり忘れて遊びほうけていました。3日間で夫婦 [続きを読む]

受信: 2004.07.20 19:52

« TabletPC、結局どう使うのさ? | トップページ | すごすぎるぜ、あんた! »