« 女性誌のバッシングと女子(じょし) | トップページ | デジタル放送への根源的な反抗 »

TabletPCレビューをレビューする

デジタルモノをやたらと買いまくって、
雑誌にレビューを書いていると言えば、
このヒト、スタパ斎藤。

このヒトのHP TabletPC TC1100のレビューが
2回に分けられて掲載されている。
その1がこちら。その2はこちら

わたしが使っているTC1000は、TC1100の前機種、
ということになるが、
旧機種ユーザとして、このレビューをレビューしてみたい。
かなり前の記事だからなぁ…もっと早く書きたかったんだが。

ギミックばかりでデザインをほめてくれないのも
不満なんだけれども、
「キーボード不要感の高い優れた日本語入力システム」
というのが、個人的にはあさって向いてる感じ。

多くの人がタブレットPCを「ペンで文字を入力できるPC」
と思っているが、nikko81的には大間違い、
と声を大にして言いたい。

というのは、確かにWebを見て回るくらいなら、
文字を入力するケースは限られている。
検索するキーワード、ショッピングでの住所氏名の入力なんざ、
ペンでもおっけぃでございましょう。

しかし、しかし!
長いメールや長いココログネタ(これも長いね)
をペンでつらつら書けまっか?

タブレットPCは、ペンで入力できる、
ではなくてペンでマウス操作ができる、
ちょっと大げさかもしれないけど、
高い部材を使ってポインティングデバイスに
革命を起こそうとしているPCなのだ!
(ホントに言い切っていいのか(笑))

だからこそ、ここで言っている家庭用でも充分OK、
ということにつながるはず。

>コイツをスタンバイ状態(や休止状態)から立ち上げ、
>おもむろに本体持ってペンでペペペッと操作して手っ取り早く結果を得る。
>はい終了の直後にスタンバイ(や休止)状態に戻す。

とスタパ殿が書いている使い方にはまさしく、
ポインティングデバイスとしてのペンが
あって言えることと思うのであります!

その2のほうは…
ケースの話とかCD-ROMドライブの話とか、
純正モノなどどーでもいいわたしには、興味がわかず。

まぁ、英語キーボードにこだわるのも…
結局、タブが入力装置として万能ではない、ということですな。
状況に応じていろんなデバイスを使い分けましょう、
ということで。

|

« 女性誌のバッシングと女子(じょし) | トップページ | デジタル放送への根源的な反抗 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

ご存知かもしれませんが、スタパ斎藤さんの記事を集めたサイトを運営(?)してますので、よろしかったらどうぞ。
http://www.kaiser.jp/sutapa/">http://www.kaiser.jp/sutapa/

投稿: yas-msa | 2004.04.05 02:42

ご紹介ありがとうございます。
nikko81です。

知りませんでした…このようなページがあるとは。
じっくり読ませていただきますね!

投稿: nikko81 | 2004.04.11 11:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TabletPCレビューをレビューする:

« 女性誌のバッシングと女子(じょし) | トップページ | デジタル放送への根源的な反抗 »