« 福岡の屋台デビュー | トップページ | 植松伸夫とエルトン・ジョンと柴田淳と。 »

武田家と織田家が歴史的和解

武田家と織田家が歴史的和解…そんな記事がInfoseekに出ている。

あれ、武田家って滅亡したんじゃないの?
と不謹慎なことを言ってはいけない。
大名としての武田家、が滅亡しただけであり、
家系としては、存続している。

江戸時代、高家(礼儀作法の仕切役)として残った高家武田家や
宿敵上杉家で働き口を見つけた米沢武田家が、
信玄直系の武田家である。
一応、高家武田家が江戸時代から武田宗家と認められてきた。

一方、織田家は羽柴秀吉の台頭後、勢いを盛り返すことはなく、
江戸時代は3名が小大名として、その名を残した。
まだ、大名として残っていただけ、
織田家のほうが、立場はよいのかもしれない。
それでも、徳川家や明治維新の主役を輩出した
薩長両藩の毛利家、島津家には及ぶべくもない。
この三家は、明治時代「公爵」になっている。

この歴史的和解、織田宗家が信玄のお祭りに出向く、
ということで成立したようだが、
直接、武田信玄と織田信長は、対決していない。
まぁ、この和解、武田主導というところも興味深い。

これをきっかけに、戦国期の大名の子孫が一堂に会す、
なんていうイベントがあってもおもしろいのかもしれない。
一度、インタビューとかどこかの雑誌で、
特集を組んで欲しいものだ。

P.S.
やっぱり滅亡したと思われてるんだぁ…(悲)

|

« 福岡の屋台デビュー | トップページ | 植松伸夫とエルトン・ジョンと柴田淳と。 »

日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武田家と織田家が歴史的和解:

» 殿様 [ごんざぶログ]
武田・織田家が430年ぶり和睦、遺恨越えて握手(読売) へぇ~、戦国武将の家系 [続きを読む]

受信: 2004.04.13 02:27

« 福岡の屋台デビュー | トップページ | 植松伸夫とエルトン・ジョンと柴田淳と。 »