« 極端なところに答えはない | トップページ | へぇ、関学なんや。 »

かくに男は…

初めて知ったのだが、「日本人の国民性調査」なるもので、
「楽しみは男女どちらが多いか」なんて質問をしているんだそうだ。

ていうか、そんな質問を過去何年にもわたって
しているのすら知らなかった。
なんでも1953年から5年おきに調査してる、ってんだから
戦後日本の国民性の変化が分かるというものだ。

どうやら、これまで男がよかった、
男のほうが楽しみが多い、という意見が多かったようだ。
女性ですら、生まれ変わったら男がいい、
という意見が多かったというように、
この記事からは読み取れる。

しかも、男で「男のほうが楽しみが多い」と回答するのが
70%以上あったのに、50%にまで落ち込むありさま。
研究所のコメントも、

 「…男にとって楽しみの少ない社会になりつつあるということかもしれない」

だって。
かなしい、かなしすぎる!
どうしたんだ、日本男児よ!

別にどうでもいいかもしれないが、
nikko81的な意見を言わせていただくと、
やっぱり、生まれ変わっても男がいいなぁ。

中学生のときに見た、「女の世界の残酷さ」が
頭が離れないことも理由のひとつとしてあるな、やっぱり。

オモテとウラの世界が、ぴちっと分かれたコトバにできない世界。

コワいよ。
ヤだよ。
そんな世界でやっていく自信はありません。

え?消極的な理由だって?
いやいや、ほんとの理由があってね…

  「生まれ変わっても、女そのものになるより、
     女を愛していたいから。」

はいっ、どアホ一丁あがり(笑)

|

« 極端なところに答えはない | トップページ | へぇ、関学なんや。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かくに男は…:

« 極端なところに答えはない | トップページ | へぇ、関学なんや。 »