« こだわりと情熱 | トップページ | 真っ白なinfobar »

最強のタブレットPC

いま、HP(ヒューレットパッカード)のタブレットPC、
TC1000を使っている。

ここにきて、その後継機TC1100のレビューが、
雑誌やWeb等でチラホラ見られるようになった。

はじめはCPUがよくなって、CFスロットがSDスロット
になったくらいじゃないの、
と思っていただけなのだが、
そのCPUがよくなったこと、Pentium Mになったことが、
相当よいらしい。

ただ、ペンの書き味をよくした代償である
画面のにじみがなくなったらしいので、
それが書き味にどう影響があるか、気になるところである。

ただ、どこにも展示していないのが、
困って困って、どうしようもない。

もう、タブレットPCが手放せない者にとって、
最強のタブレットPCは気になるのだ。
HP殿、もうすこしやる気になってください。

|

« こだわりと情熱 | トップページ | 真っ白なinfobar »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。ここログでタブレットPCのネタを書き、検索したところここにたどり着きました。タブレットPC、とても面白そうですね。これからのレビューも楽しみにしております。

投稿: goatherd | 2004.03.10 12:06

はじめまして。
さっそくお買い上げしている神nikko81です(笑)
といっても、買ったのは約1年前ですが。

ご期待にお応えして、ミニレビューを。

・ペン入力はキーボードやマウスと違って
 裏で何かプログラムが動いているようで、
 トロトロCrusoeクンでは、
 正直つらいところがあります…

 でも、今最安のタブピーのCeleron MのTC1100
 なら、安くてけっこうな性能があるんじゃないでしょか。

・重いのは、確かに重いっす。パナさんの超軽のPCのは、
 かないまへんわ。ただ、キーボードなしの1.4kgは、
 ぎりぎりモバイルできるかどうか。
 少なくとも歩きながら使おうものなら、
 まずジム行きが待っております(笑)

・キーボードつけたときの重量バランスは、
 そう心配は要らないです。
 ガシガシキーボードを使うってんなら、別ですが、
 そうでないなら許容範囲かと。
 (ただ300gと重いので、合体したまま持ち出すのは?です)
 そうそう、トラックポイントつき、ってのもポイント高し。

・というか、毎日のWebサーフィン・メールチェック
 旅行したときの地図ソフトの使い勝手は最高にラクチン。
 この感覚に慣れると会社でWebを開くのがSuper面倒。

 文章も長文じゃないなら、ペンでぜんぜんOK。
 ただ、いちいち一字一字箱に入れないといけないのが
 使い勝手よろしくないです。

・あとは…
 書き味が一番考えられてます。
 ツルツルでなくより自然な感じっす。
 それに表面のガラスはかなり頑丈。30cmほどの高さから
 2度落としてますけど、傷ひとつなし。
 ケータイが傷だらけなのと比べると、驚愕。

こんなとこっすね。書きすぎたなぁ。
また気づいたら、書き足します。

投稿: nikko81 | 2004.03.10 23:56

こんにちは!詳細レビューありがとうございます。トラックバックで気づきました(^^;。
やはり問題はやはり重さでしょうか?現在の超軽PCくらいに軽くなる日は来るのでしょうかねぇ。メーカーさんにはがんばってほしいところです。

投稿: goatherd | 2004.03.11 17:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最強のタブレットPC:

» タブレットPC [photo of the day]
会社の先輩がタブレットPC(東芝Dynabook)を持ってきた。なにやら電子カルテを売り込むためだとか。 存在自体は知っていた物の、あまり食指も動かず、気にも留... [続きを読む]

受信: 2004.03.10 12:04

« こだわりと情熱 | トップページ | 真っ白なinfobar »