2015年棒道踏査 … 湯川砦編~大門峠

さて、湯川砦周辺。砦に向かう前にお茶清水をば・・・
ここはお茶を点てる水を汲んだというトコ。

P1160245

P1120545

今となっては完全に否定されている信玄公像なのは
まぁ・・・深く触れないでおきましょう。

P1160254

それでも信玄「公」なんだよね。

P1120567

中の棒道沿いにあります。一応信玄棒道を辿る、
という観点から中の棒道は外していますけども。

P1120546

流れのないところは淀んでいてアレでしたけども・・・

P1160247

流れのあるところはきれいな澄んだ水。

P1120551

P1120552

ボトルに汲んで持って帰って、ウイスキー用の
チェイサーにしました(笑)

この透明度できれいさがわかっていただけるのでは!

P1120558

さすがに煮沸したけど!

ということで、案内板へ。湯川砦は枡形城という
本丸に当たる部分と原の城という外郭に相当する
部分があったらしい。枡形城には丸馬出つき。

P1120560

P1120561

・・・ということで、湯川砦。眼前の高台になったところが
原の城一帯。先ほどの図によると実際の車道よりも
手前に土塁を割って、大手道があった・・の??

P1160255

原の城。縄張りは正直ようわかんないんだけど・・・・
このへこんだあたりがどうも大手道らしい。

P1160256

P1120585

P1120586

原の城東の壕。単独で見る分にはでけーすげーなんですけど、
自然地形のように見えなくもなくて、けっこう謎。
でも10mはありそうな壮大な壕ではあります。

P1160257

P1160258

ちなみに夏に行くと藪ってて規模感が
サッパリわかりません!(笑)

P1120587

P1120588

P1120590

これ以外は特に障壁もなく・・・ちょっと城として
どうなんだろう・・・という気はしました。
あくまで駐屯地ということならまぁ、という気もしますが。

一応こちらのWeb(想像含む)ですと、
四方を大きな壕で囲まれた平地が広がる感じの様子。

ホント駐屯地という感じですねぇ。
川中島が最前線で北信濃を除く信濃全域を
手中に収めていた時期なら、堅固な城は不要なのかも。

そして、その先には枡形城。川と沢という
天然の堀に囲まれた地形の東側に堀と
丸馬出を備えて単郭の城へ。

P1160259r

奥に見えるのは朝倉山城。さすがにこのときはパス。
一度行ってはおきたい山城です。

P1120596

このくいっと道が曲がったあたりが丸馬出?ぽい?
想像するしかないね・・・畑にしてしまうまでは
残っていたんだろうか、丸馬出。

P1120595

砦の沢と呼ばれる南側の沢。沢という割には
わりと深い壕をなしていて、しっかり桝形城と原の城を
隔てて、守っている。

P1120597

P1120598

P1120600

P1120606

P1120607

北側と東側の川縁もかなり急な断崖。

P1120625

P1120627

単郭の城としてはなかなかすごい壕ですよね。
ここが本陣だったんだろうなぁ・・・丸馬出があればもっと、
せめて壕部分がもう少し刈られていたら、
すごさがわかりやすいのに・・・

さて、前回の湯殿の坂まで一旦引き返して、
ここからは大門街道を進んでいきます。
道筋としては少し古道筋があるところ以外は、
国道152号線をひたすら北上します。

P1120571

大門街道にはずっとこの信玄公印があります(笑)
これもあの信玄公像モチーフかな?

P1120572

朝倉山城の入り口。塩沢城というのは
在地国衆の塩沢氏から取ったものでしょうな。

P1120634

興味のない人にとってはただの車道・・・
だがこれも棒道の一部と考えると、感慨深いものなんです。

P1120635

おっとー!数少ないランチやってるお店を発見!
ありがたやー・・・飲まず食わずにならずにすんだ☆

P1120636

柏原交差点近くの「おさい家」さん。
ちょうどここから旧道に入る手前に当たります。
旧道といっても舗装はされておりますがね…

Cohfuzvveaary3e

ただ、それでもなんとなく旧道を彷彿させる
ものがあるだけでもいいんです。すっかり古道マニアちっくに…(笑)

P1120637

P1120638

ちょっと振り返ると、山々の間に
大門街道が通じている感じがすごくよくわかりますね。

P1120639

旧道を過ぎてまた車道に戻ると、音無川が
見えてくるんですが、川沿いの道がどうしても見つからない…

少し降りられそうなところはあったんですが、
川を渡るのか・・・みたいな。そんな準備はしていないので
泣く泣く諦めます・・割と流れも急でしたしね。

P1120641

たしかに渡った先には道が通じているような気もしたんで、
いわゆる棒道っぽい道が連なってるのかもしれません。
夏に長靴を用意して来ないといけませんね。

ということで車道に上がって音無川沿いに歩きます。
音無川の看板。この近辺で軍議をして
なかなか意見がまとまらず、川の瀬音がうるさくて
なんと信玄公が「五月蝿い!鎮まれ!」と一喝すると、
瀬音がやんで軍議がまとまったとか…んなアホな(笑)

P1120644

ということで「音無川」と呼ぶとか何とか。
まぁ、以前聞いた高僧が奇跡を起こす式の伝説が
甲斐では信玄公に仮託される
、という話が
パッと思い浮かびますね。

この話ができうる点に信玄公の時間を越えた影響力を感じます。
で、その「うるさい!」の原因になったかもしれない?
音無の滝です。確かにちょろちょろ・・・信玄公の一喝が
まだ影響している!?(笑)

P1120653

ここまでくればもう・・・白樺湖です。
湖自体は当時はありません(人造湖)が、
景観上はなかなかよろしい(天気は・・・)

P1120661

P1120663

湖のそばに「古屋敷」なる場所があり・・なになに?
信玄公の軍勢の宿営地で?1691年の幕府への口上書に
『武田信玄御時代に両角右近なる人物が
茶屋を建てた屋敷跡がある』ですとーーーー!!

P1120664

P1120667

湯川砦が宿営地だとしたら、現代人のワタシでさえ、
半日もすれば歩けるわけで、宿営地つくるかねぇ・・・という感じは
正直あるのですが、まぁそこはそれで。

てか、両角姓ににやりとしますよね。ふひひ。

もうひとつ、信玄公スポットとしては「御座岩」
またしても例の信玄公像ですけども。

P1120671

遠巻きに。岩の上に信玄公、
その下々に重臣方が・・なんて想像中。

P1120679

こんな感じの岩です。うーん…信玄公、
ココの座ったのならけっこう大変じゃないのかな…

P1120674

せっかくなので座ってみます(笑)

P1120676

信玄公目線。

P1120678

まぁ・・・火のないところに煙は立たないといいますが、
御座岩ひとつとっても、そんな話が生まれるというところに
関心がいきますねぇ。

さて、湖から逸れて大門街道を先にまだ進みます。
長和町に入りまーす。

P1120682

この長和町、もとは長門町と和田村でその一字を
とって長和町なんですけど、その長門町も
「長久保」と「大門」の一時をとったみたいで・・・

つまりは元の地名を辿ると、「長久保(長窪)」。
この地にあった長窪城こそ、大井貞隆が守る城で
落城後は晴信時代初期の北信濃に進出拠点になります。
まぁ今回はそんなところまではいけませんが・・・

で、ちょっと歩くと峠の頂点。ここが大門峠です。

P1120683

あとはひたすら下り下り。

P1120685

この日は実はウイスキービアキャンプ2015をやっていて
それにかけて、棒道歩きを計画したんですよね。

大門街道の大門追分までが街道の到達地点、
そこから会場の「ブランシュたかやまスキーリゾート」まで
てくてくてく・・・会場到着!32000歩歩いた後の
ビールと美味だれ焼き鳥はうまい!

Coijjmguaaef1ki_2

もちろんウイスキーも有料試飲があれこれ・・・
感想はメモってないので、飲むに任せるのみです(笑)

P1120709

おおお!はじめて見た竹鶴21年マデイラフィニッシュ!
これ海外にしか出てないからなかなか
お目にかからないのですよね・・・もちろんいただき!

P1120689

P1120688

んが・・・正直、ポートウッドフィニッシュのほうが
うまいかなぁ・・・という印象。一度飲めてとりあえずはよかった。

キャンプファイヤー。見るのいつ振りくらいだろう…

P1120691

P1120694

またここから歩いて帰ったのですが、
まぁ疲れて突っ伏して寝ましたよね(笑)

P1120696

翌日は生憎お天気に恵まれず、
二日連続でウイスキービアフェスに参加。

P1120711

そして帰りのバスで大門街道を車で通過・・・
あぁ、ここを歩き通したかったということで
最初は歩くつもりだったんですよね。
会場だと雨はなんとかもちそうだったので・・・

が!途中で雨降ってきてずぶ濡れになるし、
バスは通過したのに素通りするし・・・
(手を上げなかったから・・って日本でそんなバスあるか!?)

ようやく「長門温泉やすらぎの湯」にたどり着いて
ひとっ風呂浴びてさっぱりして、なんとか上田に到着・・・
という散々な一日でした!いつかリベンジしなくては…!!

というわけで、ようやく2015年の棒道踏査が終了。
これちょうど1年前くらいだよなぁ・・・汗。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16年。

毎年、9月9日の重陽の節句はわたしがblogの前身になる
Webを公開し始めた日(nikko81の81=9×9の語呂合わせ)
ということで、必ず記念の振り返り記事を書いてるのですが…

まぁ、例年にない9月9日になりましたよね。
なんと言ってもまだ2016年の記事を書いていない!
2015年のネタが消化しきれていない!
というのは、長年書いてきて初めてのことですね・・・

おそらく年末に振り返るときに詳しめに書くことには
なると思いますが、2016年は変化の年、
変化しすぎて体がついていきません・・・

もうわたしとしては、天正壬午の乱ならぬ、
平成丙申の乱と言ってもいいめまぐるしさ。
よきにつけ、悪しきにつけ・・・

もちろん、よいことも桁外れによいことなのですけど、
悪いこともまた桁外れで・・振幅が激しいと付いていくのが
なかなかつらいわけですよね。

Webに文章を残し始めてからということと併せて考えると、
16年前には思いもしなかった決断を少し前にしました。
実行は当分先ですし、迷いがないといえば嘘になりますが・・・

希望を持っていた16年前に、このような選択肢をとることを
考える日が来るだなんて思いもせず。
・・・ふと、しばじゅんの「ちいさなぼくへ」を思い出します。


君の見てる空も未来も
今は見えない
僕が君の未来だなんて
哀しくて 切なくて
閉じたアルバム

君の見てる空も未来も
嘘じゃないから
君が僕に逢える日まで
いつまでも心から
生きていてほしい

ちいさくはない当時のわたしに対してではありますが、
あの頃に「自己分析」をして、これで生きていこうと決めた…
そんなあの日の希望を実現させられなそうで、
本当に申し訳なく思ってしまいます。

あんなにも思い悩んで、回り道をしてでも
道は目指す場所にたどり着くはずだと信じていたのにね。
そういう前向きな気持ちが実を結ぶようにできなくて、ごめんなさい。

それでも、この10年近くの間に自分の軸になる
関心事について、関心の深度がどんどん深まっていき、
新しいひとのつながりに恵まれてきました。
そのことが何よりわたしの心の支えになってきました。

決断した結果がどうなるかはまだわからないのですけど、
表面的なことではなくって、16年前に何を大事にしようとして
人生を歩もうとしたのか。根っこまでさかのぼって思い返して、
今、どうあるべきなのか。どう動くべきなのか。

あと4ヶ月(で一段落するかわかりませんが)、
悔いのないように生きていきたいと思います。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年棒道踏査 … 甲六川~芹ヶ沢・湯川砦編(3)八ヶ岳美術館~芹ヶ沢

間空いちゃいましたね・・・(いつものこと)

さて、2日目。ここから大門街道の入り口である湯川砦まで。
これがけっこう・・・というか棒道の道筋が断片的にしか
残っていなくて、点で残っているところを少しづつ押さえる感じ。

Map

赤が想定棒道ライン、青が実際の踏破ライン。
見て判ると思うんですが、かなり残っていなくて相当回り道を
しないといけない、見所が少ない割にはアップ続きで
歩くのは苦しい・・・という難関コース。

①八ヶ岳自然文化園~中央農業実践大学校

このあたりは割りと多めで、自然文化園に行くまでの
別荘地の一部に棒道と思われる古道があったりだとか、
小川との交差点である「二子清水」あたりが痕跡。

②上川支流渡河地点

ここには関守伝十の石碑があるらしいのですが、
どうにも見つからず・・・ただ、渡河地点がココかな?というのは
わかってなかなか興味深いものはありました。

③泣き石

石そのものの謂れには直接棒道は関係ないのですけど、
ここも棒道との交点(ということは棒道そのものと
現在の道が異なることを示唆)ということで目印の一。

ということで、スタート。八ヶ岳美術館の棒道看板を
前日とは逆の左手に進んでいきます。

P1110572

P1110573

昨日とは違ってきれい過ぎてホント?
と思っちゃいますが・・・

P1110577

P1110579

P1110580

一応、信玄棒道で合ってるっぽい。

P1110581

5分もいくと切れてしまいますが・・・

P1110583

県道484号線を挟んで続いています。

P1110584

P1110585

県道484号線を渡った先がどうにも盛り上がった幹事なんだけど、
県道通したときに削ったのかなぁ?

P1110586

このあたりを過ぎると別荘地になりますが、
特定のエリアが棒道の痕跡になるものがあり・・・

P1110587

ここは下見の時にはいけなかったので、秋の本番にて。
溝こそないものの、割とこれまでの棒道感があって!
せっかく通るならぜひ見ておきたいスポット。
しらかば平V-22付近です。

P1160164

P1160169

ただ、ほんの数十メートル程度でその先は
行き止まりではありましたが。。。

P1160167

もうひとつ、この先に出てくる看板なのですが、
二子清水の看板に「笹出丘を右に見て二子の清水に達し、
雀ヶ森を左にして・・・・・。」というその笹出丘がありました。

P1160175f

ここも別荘地しらかば平のP29に相当。
別荘地の地図と照らし合わせて考えると、その位置が
よく想像できますね。

P1160163

さて、このまま棒道沿いに進むことはできないので、
自然文化園に一旦入ってから回り道をして
二子清水に向かいます。文化園の中も割りと棒道的?
に見えてきたりするから不思議です(ルートは全然違うけど)

P1110588

P1110590

P1110592

おっと!棒道通過点!位置がわかるだけでもありがたい…
のですけど、想定棒道ラインと今の位置がどこか?
というのを示してくれるといいんですけどねぇ。

P1110596

あれーどっちに行けば・・・

P1110599

これだ!

P1110600

ということで、二子清水看板。
もう少し先に行くと。「五厘口」という江戸時代の遺構が。

P1110601

P1110604

江戸時代の遺構が関係有るの?って幹事なんですけど
上の棒道が通っていた「から」この位置に分水口を設けて、
汐番や汐の補修にも都合がよかった、ということだそう。

上の棒道が通ってたとすると、武田軍もここで休息して
喉を潤してたりしたのかなぁ?

P1110606

P1110612

この「西の清水」ってのが皆目わからんかったなぁ。どこ?
たぶん東西にあって、それで「二子」なんでしょうけども。

P1110609

下見のときはちょうど真夏で、もうものすごく暑かったので、
ごくごく飲みたいところなんですが、さすがに生水は…
てことでタオルに浸してみました。ひゃっこーい!

P1110613

これがですねぇ・・秋に行くとビックリ!涸れてますやん…

P1160172

P1160174

五厘口のほうはなんとか水量ありましたが、
落ち葉で塞がれていてるあたり、やはり少ないのでしょう。

P1160177

P1160182

いずれにしてももう少し案内があるとよいのになぁ
という感じは否めませんね。どれだけの方が訪れるか判りませんが…

さて、気を取り直して農業実践大学校の校舎を
抜けていきます。

P1160186

門があってもビビらない。ちゃんと開いています。

P1110621

山々の稜線が美しい・・・

P1110622

P1110623

秋は秋で趣きあってよいですぞ。

P1160187

ここも棒道交点の目印。もう少し詳しく…

P1110624

このまま農業大学校をつっきります。だ、だいじょうぶかな?
とは思ったんですけど、入るべからずとはなかったので・・・

P1110625

囲まれてる感・・・どこかから鉄砲狭間
出てこないだろうな?(笑)

P1160189

秋は収穫の時期、美味しそうな南京が・・・

P1160190

P1160191

この校舎を潜るところもどうも棒道想定ルートみたい。

P1110639

P1110636

P1110637

ここを抜けると、御柱街道と交差します。

P1110631

御柱祭のスタート地点「綱置場」付近なんですよね。

P1110632

P1110629

下見のときに撮り忘れた「綱置場」の碑。

P1160197

さて、ここからは大きく迂回して史跡のないところを往きます…
つらいつらい。その前に農業実践大学校でブレイク。
牛さんがぞろぞろいらっしゃいます。

P1110641

P1160198

下見の時にはアイスでクールダウン☆

P1110642

本番のときはここで食料調達。棒道踏査の
重要拠点ですね(笑)

P1160237

さて、迂回路。遮るものが何もないので
直射日光が強いのなんの・・・日光が日光に苦しむ(苦笑)
こうして後から見ると、景色はいいんですが(爆)

P1110644

P1110648

P1160199

ようやく1.5kmほど歩いたところで、横道に逸れることができ。
でもこれが本道、牧草地で分断されてた棒道に
ようやく戻ることができたわけです!!!

P1110649

道の両側は森が広がり、舗装さえしなければ
いい感じの古道だったかも・・と思わせる雰囲気です。

P1110651

一部だけですが、土塁様の土盛りや溝があったりして
これまで見てきた古道として特徴かな?というところもあります。

P1110654

P1110655

P1110658

さて・・・そろそろ②に差し掛かってきましたが、
どうしても関守伝十の碑が見つかりません・・・
ということで橋を渡って、向こう岸へ。

あ、向こう岸で農道を辿って・・・とあるな?
農道ってどこだ??

P1110665

この写真撮った目の前に見えてるんですけどね・・・
下見したときは、水分が足りてなくて(1リットル飲み干し)、
水を探してばっかりだったので、気づかなかったようで。

P1110664

おお、ここだ・・・たぶんここだ・・・
そして、ココが渡河地点に違いない・・・!!

P1160213

ただ、立ち入り禁止の表示があったため、
泣く泣くストップ・・・ううう。

このあたり、ずっと庚申塚や仏様が並んでいて、
いつの頃かはさておき、古い道ではあるんだなという
感覚を抱かせてくれます。

P1160216

P1110666

その中に、西股先生が見つけられたこの碑。
なになに・・・南無妙法蓮華経・・・

P1160221

武田信玄公之霊、武田□一族の霊・・・!?!?

P1160221f

ど、どういうことだこれは・・しかも、大法山安立寺
日應という日蓮宗の僧が建てたのか?
しかも昭和55年て・・・あたらし!

P1160222

P1160224

これ、調べてみますとどうも松本城の近くに
大法山安立寺なる日蓮宗のお寺があるようです。
次に松本行く際には、ちょっとお寺の方に
聞いてみてもいいかもしれません。なぜだ・・・!!

そのほか新しいものも多いんですが、撮っていて飽きませんね。

P1160226

P1160227

P1160228

P1160230

ただ、下見のときは一切撮っていない・・・
それだけ水を求めていたわけで、
夏になんて行くもんじゃないすね(汗)

こちらのお店で弊店間際に駆け込んで、の、のみものを・・・
と懇願(笑)弊店間際ですけどドリンクだけなら
いいですよ!とありがたいお言葉をいただき、生き返りました。
スープス ヤツガタケさん。ちゃんとスープもいただきたい…

P1110669

ねこさま「ふん、命拾いしたな。感謝しな」

P1110668

さて、また棒道ルートから離れてまた合流する地点が「泣き石」
ここも信玄公や棒道そのものとは関係はないのですが、
棒道との交点とされているところです。

Map

ちょうど八ヶ岳美術館と芹ヶ沢交差点を直線で結ぶと、
現代の道路との交点にちょうど「泣き石」が来るんですよね、確かに。

そして確かに目立つ岩ではある「泣き石」
餓鬼石との謂れもあるようで。

P1110672

P1160233

ただし、棒道に関する解説はなし・・・

さらに進んでハッピードリンクショップを見つけます。
あぁ・・・下見の時には神のオアシスに見えましたよね。
一気に1リットルのスポーツドリンクを(笑)

P1110674_2

本番はこの先の小さなお社前の公園でお昼。
おべんとタイムです。いい年こいた大人が公園で
揃ってお弁当を食べているのは、さぞかし・・(自主規制)

P1160238

ちょうどいい具合に紅葉もしていて、いい環境。

P1160235

さぁ、あとはてくてくと芹ヶ沢交差点・湯川砦を目指すのみ。
ホムズ技研を過ぎたこの道を棒道と推定。

P1110676

少し歩くと視界が開けてきます。あの山々を越えるには
大門街道を上って歩いてゆかねばならんのです!

P1110679

P1110680

このあたりに信玄休み石なる石があるはずだが・・・・
どこにもそんなものはない・・・ということで、
関守伝十の碑に続いて、この休み石も見つけられず。

P1110685

代わりといっちゃなんですが、保科の角九曜が…
保科さんってあの保科さん!? 飯野藩主の保科家とは
また別系統でしょうか…気になりますッ!

P1110693

ってことで、芹ヶ沢交差点。一応下見のときは
ココがゴールなんです。

P1110695

近くには湯殿の坂という信玄公にまつわるとされる
地名があったりして、湯殿があったり、
湯殿の湯にする温泉を汲んで上がった坂だとか?

P1110698

交差点の手前にあるお寺は、「硫黄山」など
なにやら温泉の雰囲気のする名前がちらほら・・・

P1160242

P1160244

実際、芹ヶ沢温泉という温泉が沸いていて、
車でポリタンクをもってくれば持って帰ることだって可能。

P1120570

近くの湯川砦を武田軍の中継基地としていたわけですが、
温泉を重要視する武田軍にとって、願ってもない
拠点だったのかも・・・しかし、信玄公は温泉の話題がよく出る(笑)

ということで、一旦ココで切ります。棒道オフとしては、
この後少し、お茶清水や湯川砦も見ていきますけれども、
日を改めて単騎駆けで、大門峠まで歩き通しました…1年前に(ボソッ)

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2015年棒道踏査 … 甲六川~芹ヶ沢・湯川砦編(2)逸見道分岐~八ヶ岳美術館