丸15年を迎えて考えるポジショニング。

このblog、2004年2月1日に始めて今日で15年。
すっかりTwitterにその日常のアウトプットの場が移行して、
まとまった文章を書くことがほとんどなくなった昨今。

近いうちに、以前のようなスタイルで、かつ
blogというカタチで表現することにもどるのは難しいなかで、
blogをどう位置づけるかをずっと考えています。

当初は、もちろん旅やイベントごとなど、非日常の記録も
ありましたけど、日々のニュースにコメントしたりといった
今だともうそれは、Twitterに完全に代替されていますね。

もともとは、HTMLをタグ打ちしていたところを、
より手軽に、手をかけずに、スピーディに表現できる、
それがblogの始まりだったと思います。

Twitterはマイクロブログのひとつとも捉えられますし、
そのblogが実現した「より手軽に、手をかけずに、スピーディ」を
突き詰めた先にあるものの一つなのかもしれません。

だとすると、より時間をかけて、でもジックリ練ったもの
というのが対極にあってもよく、それが今blogになるんだろうなと。

これも相対的なものであって、本格的なWebサイトと
blogを比較してみても、同様の関係にはあると思います。

とすると、何かまとまった主張や意見表明なんかに適してるかな。
実は江戸城や名古屋城についてなど、時折そうした
タイプの記事を書いていたりもしたんです、これまでにも。

お城関係だと、武田家の丸馬出に目下ドハマリ中で、
あれこれ思案しているところですし、他にもいろいろと
インプットを溜め込んだ結果、こう思ってるんです、
ということがいくつかあって、そういうのの投下場にするか…

と言っても、blog自体を新しくつくりなおしたり、
別に立ち上げるということはしないでおこうと思っています。

内容の連続性という意味では、そうしたほうが
分かりやすいのでしょうけれども、一方でわたし自身の
歴史を記しているという側面もあるんですよね。

なかなかそんな文章を練っている時間もなかったりしますが、
それでも15年来、いやHTMLからはじめた19年前から
「書きたい衝動」というのは、いつも何らかのカタチで
燻ってはいるのですよ。そこは変わらないのですよね。

ということで、まだまだ続けていきます。
ココログ、やめないでね。ホント、頼みますわ。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«本厄の年を終えて